今週の注目レース

札幌記念(GⅡ)

札幌競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

大舞台につながるスーパーGⅡ

北海道シリーズで最も格付けの高いレースである札幌記念は、秋のGⅠ戦線に向けて実績馬が始動戦として出走してくるだけでなく、凱旋門賞など海外遠征を控えた馬が出走してくることも多い。その傾向を、函館競馬場で行われた2013年を含めた過去10年の結果から見ていくことにしよう。

年齢別の成績をチェック

過去10年の札幌記念で優勝した3歳馬は2014年のハープスターだけ。その他の優勝馬は4歳から6歳まで3頭ずつで、連対率と3着内率は5歳が最も高い。ちなみに札幌記念がGⅡになってから(1997年以降)、7歳以上の馬で優勝を果たしたのは2000年のダイワカーリアン(7歳)だけだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
4歳 3-1-3-27 8.8% 11.8% 20.6%
5歳 3-5-4-27 7.7% 20.5% 30.8%
6歳 3-1-1-24 10.3% 13.8% 17.2%
7歳 0-1-1-18 0% 5.0% 10.0%
8歳以上 0-2-0-13 0% 13.3% 13.3%

単勝オッズ別の成績に特徴あり

過去10年の札幌記念では、単勝1倍台だった馬が3頭とも2着に敗れている。一方、2.0倍から4.9倍の馬は5勝を挙げている。その他で注目できるのは、10倍台だった馬が4勝を挙げているところ。このあたりを参考にして、予想を組み立てる手があるかもしれない。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 0-3-0-0 0% 100% 100%
2.0〜4.9倍 5-1-2-7 33.3% 40.0% 53.3%
5.0〜9.9倍 1-3-4-14 4.5% 18.2% 36.4%
10.0〜19.9倍 4-0-2-15 19.0% 19.0% 28.6%
20.0〜49.9倍 0-2-0-33 0% 5.7% 5.7%
50.0〜99.9倍 0-1-2-20 0% 4.3% 13.0%
100倍以上 0-0-0-28 0% 0% 0%

前走別の成績にも要注目

前走別に成績をまとめてみると、国内GⅠから臨んだ馬が好成績で3着内率は41.0%に達している。その中でも成績が目立つのは宝塚記念〔2・2・1・5〕と安田記念〔1・2・1・4〕から臨んできた馬。ともに3着内率は50.0%となっており、この2レースから出走してくる馬がいれば無視できない存在になりそうだ。該当馬が最も多いのは函館記念だが、函館開催の後に札幌開催が行われる現在と同じ開催日程となった1997年以降において、函館記念と札幌記念を連勝した馬は、両レースとも函館競馬場で行われた2013年のトウケイヘイローだけ。過去10年で函館記念から臨み札幌記念で2着以内に入った6頭のうち、前述のトウケイヘイローを除く5頭はいずれも函館記念で3着以下に敗れていた。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
国内GⅠ 4-5-7-23 10.3% 23.1% 41.0%
海外G1 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
GⅡ 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
函館記念 3-3-2-36 6.8% 13.6% 18.2%
クイーンS 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
上記以外のGⅢ 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
その他のレース 0-0-0-26 0% 0% 0%

前走の着順は関係なし?

前項の内容にも関連するが、前走の着順別成績では、前走の着順があまり直結していないという傾向が見てとれる。前走が3着だった馬が勝率、連対率、3着内率の全てで最上位の数字となっているが、6着から9着だった馬も計5勝を挙げるなど上々の成績を残している。〔表4〕

〔表4〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-2-2-16 4.8% 14.3% 23.8%
2着 1-1-1-12 6.7% 13.3% 20.0%
3着 2-2-1-11 12.5% 25.0% 31.3%
4着 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
5着 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6〜9着 5-2-2-32 12.2% 17.1% 22.0%
10着以下 0-1-4-27 0% 3.1% 15.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

2走前か3走前にGⅠまたはGⅡで連対していた馬に注目

札幌記念は実績馬が多く出走するレース。波乱になる年もあるが、ここ3年に限ると「2走前か3走前にGⅠまたはGⅡで連対していた」という馬が優勝している。それ以前の優勝馬に関しても、その多くは近走のGⅠまたはGⅡで好走していた。〔表5〕

(浅野 靖典)

〔表5〕過去3年の優勝馬が2走前か3走前に連対していたGⅠまたはGⅡ(過去3年)
年度 優勝馬 該当レース
2017年 サクラアンプルール 3走前 中山記念 2着
2018年 サングレーザー 2走前 読売マイラーズC 1着
2019年 ブラストワンピース 3走前 有馬記念 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: