今週の注目レース

テレビ西日本賞北九州記念(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

過去10年で3連単100万馬券が2度出ている短距離重賞

条件クラスを勝ち上がってきた上がり馬、サマースプリントシリーズのチャンピオンを目指す馬など、スプリンターズSを見据えて出走してくる馬など、様々な目標を持った馬が交錯する短距離重賞。2014年に3連単395万馬券、2017年に同107万馬券、2012年にも同99万馬券が飛び出した荒れる重賞を、過去10年のデータから解析してみた。

1番人気が11連敗中

距離が1200メートルに短縮された2006年以降、単勝1番人気で勝利したのは2008年のスリープレスナイト1頭のみとなっている。過去10年で見ても、表にあるように1番人気は連対率と3着内率もさほど高くない。また、2番人気から4番人気の好走率も高くはないので、上位人気馬の取捨には注意が必要だ。データ的には5番人気から9番人気あたりの馬に妙味がありそう。中でも8番人気は過去10年で4勝を挙げている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別の成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0-2-1-7 0% 20.0% 30.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
5番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
7番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
8番人気 4-0-0-6 40.0% 40.0% 40.0%
9番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0-3-2-73 0% 3.8% 6.4%

ハイペース濃厚で差し馬が台頭

過去10年の北九州記念の前後半3ハロンのタイムを比較すると、ほとんどの年において前半3ハロンは32秒台の速いペースで流れて、後半3ハロンで2秒前後タイムが落ちているのがわかる。スピード自慢がそろい多頭数になる北九州記念はハイペースになる確率が高いようだ。昨年も9番人気のダイメイプリンセスがハイペースに乗じて差し切り勝ちを決めている。〔表2〕

〔表2〕レースの前後半3ハロンのタイムと優勝馬の4コーナーの通過順(過去10年)
前半3F 後半3F 優勝馬の4コーナー通過順
2010年 32秒1 35秒0 10番手
2011年 32秒4 34秒8 9番手
2012年 32秒2 34秒7 12番手
2013年 32秒2 34秒5 10番手
2014年 33秒1 34秒4 3番手
2015年 32秒7 34秒6 4番手
2016年 33秒6 34秒9 10番手
2017年 32秒8 34秒7 2番手
2018年 32秒4 34秒2 6番手
2019年 32秒7 35秒5 8番手

ハンデ52キログラムと55キログラムが好走率上位

ハンデ戦の北九州記念において、過去10年で好走率が高くなっているのは52キログラムと55キログラムの馬。昨年も55キログラムのダイメイプリンセスが優勝、52キログラムのディアンドルが2着に入っている。なお、ハンデが50キログラム以下の馬や、56.5キログラム以上の馬は、過去10年で1頭も3着以内に入っていないので、データ的には軽視することができそうだ。〔表3〕

〔表3〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
50kg以下 0-0-0-14 0% 0% 0%
51kg 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
52kg 2-4-1-10 11.8% 35.3% 41.2%
53kg 2-2-2-27 6.1% 12.1% 18.2%
54kg 1-0-3-26 3.3% 3.3% 13.3%
55kg 4-3-0-19 15.4% 26.9% 26.9%
55.5kg 0-0-1-1 0% 0% 50.0%
56kg 1-1-2-20 4.2% 8.3% 16.7%
56.5kg以上 0-0-0-13 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

既に夏場のレースを使われている馬が優勢

北九州記念では、レース間隔を空けずに夏場のレースを使われていた馬が優勢。中でも前走から中2週の間隔で出走した馬が、2019年ダイメイプリンセス、2017年ダイアナヘイロー、2015年ベルカント、2014年リトルゲルダ、2012年スギノエンデバーと過去10年で5勝を挙げている。〔表4〕

〔表4〕レース間隔別成績(過去10年)
間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
連闘 0-0-0-2 0% 0% 0%
中1週 0-1-0-0 0% 100% 100%
中2週 5-6-3-29 11.6% 25.6% 32.6%
中3週 1-0-1-19 4.8% 4.8% 9.5%
中4〜8週 3-2-5-63 4.1% 6.8% 13.7%
中9週以上 1-1-1-25 3.6% 7.1% 10.7%

また、直近8年の優勝馬は、前走でアイビスサマーダッシュ、CBC賞、バーデンバーデンC、佐世保S、佐世保特別のいずれかに出走していた。さらに、そのレースで1着、もしくは敗れていたとしても1着馬とのタイム差が小さかった。大敗からの巻き返しもある重賞だが、前走でそれなりの着順・着差にまとめていた馬を選びたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の前走の着順と1着馬とのタイム差(過去8年)
優勝馬 前走の着順と1着馬とのタイム差
2012年 スギノエンデバー 佐世保特別 1着 -
2013年 ツルマルレオン バーデンバーデンC 8着 0秒6
2014年 リトルゲルダ アイビスSD 4着 0秒2
2015年 ベルカント アイビスSD 1着 -
2016年 バクシンテイオー バーデンバーデンC 3着 0秒1
2017年 ダイアナヘイロー 佐世保S 1着 -
2018年 アレスバローズ CBC賞 1着 -
2019年 ダイメイプリンセス アイビスSD 6着 0秒4

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: