今週の注目レース

関屋記念(GⅢ)

新潟競馬場 1600メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

夏の新潟名物の高速マイル重賞

芝の状態が良い夏場に、直線の長い新潟で行われるため、速い時計での決着が多いのが関屋記念の特徴。勝ち時計は1分32秒台が当たり前、1分31秒台の決着も珍しくはない。今年もスピード自慢のマイラーたちがお盆の新潟に集結する。

上位拮抗で単勝10倍台の馬にも勝機が

過去10年の単勝オッズ別成績を見ると、上位人気馬のオッズが拮抗した年が多いせいか、単勝オッズ15倍未満から好走馬が満遍なく出ている。また、3着以内馬延べ30頭は全て30倍未満だった。馬券的に妙味があるのは単勝オッズ10倍台の馬で、2015年2着のマジェスティハーツ、2016年2着のダノンリバティ、2017年1着のマルターズアポジー、2019年2着のミエノサクシードなど、ここ数年は毎年のように連対している。一方、単勝オッズが30倍以上の馬は、過去10年で延べ64頭いて一度も3着以内に入っていないため、データ的には軽視できそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
3.0〜3.9倍 1-2-0-1 25.0% 75.0% 75.0%
4.0〜4.9倍 2-1-1-5 22.2% 33.3% 44.4%
5.0〜6.9倍 1-1-2-9 7.7% 15.4% 30.8%
7.0〜9.9倍 2-2-3-8 13.3% 26.7% 46.7%
10.0〜14.9倍 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0%
15.0〜19.9倍 0-1-1-9 0% 9.1% 18.2%
20.0〜29.9倍 0-0-2-18 0% 0% 10.0%
30.0倍以上 0-0-0-64 0% 0% 0%

外枠優勢がかなり顕著

過去10年の勝ち馬のうち8頭が7枠(5勝)と8枠(3勝)から出ている。特に近年は外枠に入った馬の活躍が顕著で、昨年は7枠の馬によるワンツーフィニッシュとなった。7枠と8枠に入った馬で単勝オッズが30倍未満の馬であれば、どんな馬でも注目しておきたい。逆に内枠に入った人気馬は、1番人気で12着に敗れた2017年のメートルダール(3枠6番)のような例があるので注意が必要だ。〔表2〕

〔表2〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
2枠 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
3枠 0-0-2-16 0% 0% 11.1%
4枠 0-2-1-15 0% 11.1% 16.7%
5枠 0-1-3-16 0% 5.0% 20.0%
6枠 0-2-0-18 0% 10.0% 10.0%
7枠 5-1-1-17 20.8% 25.0% 29.2%
8枠 3-3-1-18 12.0% 24.0% 28.0%

近年は520キログラム以上の大型馬が活躍

過去10年の馬体重別成績では、3着内率が高いのは460キログラム未満のやや小柄な馬と520キログラム以上の大型馬。しかし460キログラム未満の馬の勝利は2012年のドナウブルー(438キログラム)以降出ていないので、ややトレンドから外れている。近年は大型馬の優勝が目立っており、2016年ヤングマンパワー(526キログラム)、2017年マルターズアポジー(528キログラム)、2019年ミッキーグローリー(554キログラム)と、過去4年間で520キログラム以上の馬が3勝を挙げている。迷ったら大型馬を狙おう。〔表3〕

〔表3〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
439kg以下 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
440〜459kg 0-2-2-15 0% 10.5% 21.1%
460〜479kg 1-2-1-25 3.4% 10.3% 13.8%
480〜499kg 3-4-3-48 5.2% 12.1% 17.2%
500〜519kg 1-1-1-24 3.7% 7.4% 11.1%
520〜539kg 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
540kg以上 2-0-1-1 50.0% 50.0% 75.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去1年間にマイル前後での勝利経験が欲しい

フレッシュな3歳馬から古豪マイラーまで幅広いタイプの出走馬がそろう重賞だが、過去10年の勝ち馬のうち9頭に共通点があった。それは過去1年以内に、芝1400メートルから芝1800メートルのレースで優勝経験があったこと。さらに付け加えると、2017年マルターズアポジー、2018年プリモシーン、2019年ミッキーグローリーと、過去1年以内にマイル前後の重賞を制していた馬が3連勝中となっている。過去1年間のマイル前後の重賞実績を重視して本命馬を選びたい。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕優勝馬が過去1年以内に勝利していた芝1400メートルから1800メートルのレース(過去10年)
年度 優勝馬 該当レース
2010年 レッツゴーキリシマ 2009年11月カシオペアS(芝1800m)
2011年 レインボーペガサス 2011年2月飛鳥S(芝1800m)
2012年 ドナウブルー 2012年1月京都牝馬S(芝1600m)
2013年 レッドスパーダ 2013年6月パラダイスS(芝1400m)
2014年 クラレント なし
2015年 レッドアリオン 2015年4月読売マイラーズC(芝1600m)
2016年 ヤングマンパワー 2016年6月多摩川S(芝1600m)
2017年 マルターズアポジー 2017年2月小倉大賞典(芝1800m)
2018年 プリモシーン 2018年1月フェアリーS(芝1600m)
2019年 ミッキーグローリー 2018年9月京成杯オータムH(芝1600m)
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: