今週の注目レース

ディープインパクト追悼競走 レパードステークス(GⅢ)

新潟競馬場 1800メートル(ダート)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

デュードヴァン

牡3歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:Declaration of War
  • 母:ジェラスキャット
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

オープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)で3勝目を挙げ、好メンバーがそろった前走のユニコーンSでも2着に好走。ダートでは世代トップクラスの実力を証明済みだ。血統背景から200メートルの距離延長も問題なさそうで、主役の座は譲れない。

メイクデビュー東京でダノンファラオ(2着、その後ジャパンダートダービーを優勝)を退け、続く1勝クラス・カトレア賞(共に東京・ダート1600メートル)を、2歳コースレコードと同タイムとなる1分36秒2の走破時計で快勝した。約5か月の休み明けで芝を試したアーリントンCは11着だったが、前々走のオープン特別・青竜Sは、直線で狭いスペースを抜け出して3勝目をマーク。前走のユニコーンSは出脚が鈍く後方追走となるも、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒5(推定)の豪脚で2着に追い込んだ。ここは将来性豊かな素質馬がそろったが、実績は上位で、負けられない一戦だ。

ラインベック

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アパパネ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

2歳時のホープフルSで4着に健闘し、今春は皐月賞(15着)、NHKマイルC(8着)とGⅠ路線を歩んだ素質馬。前走の2勝クラス・西脇特別(阪神・ダート1800メートル)を鮮やかに逃げ切ってダート適性の高さを示しており、念願の重賞タイトル獲得を狙う。

デビューから2連勝でオープン特別・中京2歳S(中京・芝1600メートル)を優勝し、その後は芝のGⅠ路線を歩んだ。約3か月の休み明けで臨んだ皐月賞は15着に敗れたが、続くNHKマイルCでは中団追走から直線もしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒6差の8着なら、レース内容は悪くなかった。ダートに矛先を向けた前走の2勝クラス・西脇特別は、好スタートを決めてハナを奪うと、道中は後続を引きつけて前半1000メートル通過タイム1分02秒3のスローペース。直線もスピードは衰えず、ラスト3ハロンを36秒4でまとめて1分51秒1の好タイムで3勝目をマークした。三冠牝馬のアパパネに、ディープインパクトを配した良血馬で、さらなる活躍が期待される。

ミヤジコクオウ

牡3歳

調教師:川村禎彦(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:エミネントシチー
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

デビューから掲示板(5着以内)を外さない安定感を誇り、前々走の鳳雛S(リステッド。京都・ダート1800メートル)で3勝目を挙げた。ダートGⅠ、JpnⅠを計9勝したエスポワールシチー(父ゴールドアリュール)の半弟で、先々まで目が離せない存在だ。

未勝利クラスと1勝クラスを連勝して臨んだ3走前のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)は、スタート直後につまずいて流れに乗り切れなかったものの、直線は馬群をさばきながら脚を伸ばして3着に好走した。前々走の鳳雛S(リステッド)は、速めの流れを離れた6番手で追走。直線は一完歩ごとに差を詰め、ラスト100メートルでダイメイコリーダ(2着、その後ジャパンダートダービーで2着)をあっさり捕らえて3馬身差で快勝した。前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)は5着に敗れたが、初めてのナイターだったことを踏まえれば、悲観するレース内容ではないだろう。今回、初の左回りに戸惑わなければ上位争いが濃厚だ。

ブランクチェック

牝3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:パイロ
  • 母:チャリティークエスト
  • 母の父:Coronado's Quest
ここに注目!

半兄ノウレッジ(父Street Sense)はダートで5勝を挙げた活躍馬。本馬はこれまで4戦3勝、2着1回と底らしい底を見せておらず、距離を延ばしながらパフォーマンスを上げているように、200メートルの延長も不問。重賞でも素質は引けを取らない。

1月25日のメイクデビュー中山(ダート1200メートル)で初陣を飾り、昇級初戦の1勝クラス(東京・ダート1400メートル)は2着。約3か月の休養を挟んだ前々走の1勝クラス(東京・ダート1400メートル)は、中団の7番手を進み、メンバー中最速となる上がり3ハロン36秒3(推定)の末脚で鮮やかに快勝した。前走の2勝クラス(東京・ダート1600メートル)は、出脚が速く2番手を追走。直線で力強く抜け出し、1分36秒8の好タイムで2馬身1/2差で完勝した。今回は200メートルの距離延長、初めてのコーナー通過4回の競馬などの不安材料はあるが、レースセンスに優れ、展開に左右されない自在性も兼ね備えている。重賞でどこまで通用するのか、注目の一戦だ。

ライトウォーリア

牡3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:マジェスティックウォリアー
  • 母:スペクトロライト
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

前走の2勝クラス・インディアT(阪神・ダート1800メートル)では、1分50秒0の好タイムで3勝目をマーク。前々走のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル、12着)は砂をかぶって戦意喪失しただけに、もまれない競馬が好走の条件になりそうだ。

ダートに路線変更したデビュー3戦目の未勝利(阪神・ダート1800メートル)で初勝利を挙げ、続く1勝クラス(京都・ダート1800メートル)では、3コーナーで早めに先頭へ躍り出ると、直線で後続を力強く突き放して3馬身差で圧勝した。前々走のオープン特別・伏竜Sは、3コーナー過ぎから後退して6秒6差の12着と大敗したが、約3か月半の休養で立て直した前走の2勝クラス・インディアTは、すんなり3番手に取りついて、直線半ばで先頭に躍り出ると、後続の追い上げを危なげなく振り切って1馬身1/2差で快勝した。もまれ弱さがあって展開に注文はつくが、重賞のメンバーに入っても能力は互角以上だ。

タイガーインディ

牡3歳

調教師:大橋勇樹(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:モンターニュドール
  • 母の父:ヘネシー
ここに注目!

1400メートルまでしか経験がなく、400メートルの距離延長は鍵になるが、1勝クラス、2勝クラス・神鍋特別(共に阪神・ダート1400メートル)と、他世代の馬を相手に2連勝を飾っている。非凡なスピードを秘めており、目下の勢いに乗って重賞制覇を目指す。

デビュー3戦目の未勝利で初勝利をマークし、3か月の休み明けでの昇級初戦となった1勝クラスは、もまれる競馬がこたえて16着。前々走の1勝クラス(いずれも阪神・ダート1400メートル)は、好スタートを決めて先手を奪うと、前半600メートル通過タイム33秒9のハイペースだったが、鮮やかに逃げ切って2馬身1/2差で快勝した。前走の2勝クラス・神鍋特別はスタート、二の脚ともに速く、2番手を追走。正攻法のレース運びから、直線の入り口で早めに抜け出すと、後続の追い上げを寄せつけずに1馬身1/2差をつけて完勝した。スプリント重賞で3勝を挙げたダッシャーゴーゴーが誕生した母系は短距離色が強く、今回は1800メートルの距離に不安はあるが、持ち味のスピードを生かして上位進出を狙う。

ケンシンコウ

牡3歳

調教師:小西一男(美浦)

  • 父:パイロ
  • 母:マトゥリアルカ
  • 母の父:クリプティックラスカル
ここに注目!

初勝利を挙げた未勝利(中山・ダート1800メートル)の決勝線手前で外側へ逃避したように、気性面の難しさはあるが、前走のユニコーンSで3着に入って能力の高さをアピール。精神面が成長してくれば、これまで以上の走りが期待できそうだ。

1勝クラスに昇級後の2戦は勝ち切ることができなかったが、約2か月間隔を空けて立て直した前々走の1勝クラス(東京・ダート1600メートル)は、パドックで落ち着きがあり、レースでも中団できっちりと折り合い、直線で鮮やかに抜け出して2勝目をマークした。前走のユニコーンSは、後方に控えてじっくりと脚を温存。直線はしぶとく脚を伸ばし、好メンバーがそろった中で3着に好走した。手綱を取った酒井学騎手は「前のレースあたりから落ち着きが出てきたようですし、今日はレース前に無駄な力を使うこともなく、いい雰囲気でした」と、気性面の成長を認めている。前走同様のパフォーマンスを発揮することができれば、上位争いの可能性は十分にありそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: