今週の注目レース

トヨタ賞中京記念(GⅢ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ギルデッドミラー

牝3歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:タイタンクイーン
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

デビューから7戦して掲示板(5着以内)を外したことがないように、常に高い能力を発揮してきた。昨年の当レースは、本馬と同じ松永幹夫厩舎の3歳馬グルーヴィットが重賞初制覇をマーク。厩舎として連覇達成となるかどうか、注目が集まる。

前走のNHKマイルCは、好スタートを決めて先行集団の一角を進んだ。3コーナーでややポジションを下げたが、4コーナーでは内ラチ沿いをコースロスなく回ってスパートを開始。直線では進路が窮屈になる場面がありながらもジリジリと末脚を伸ばし、上位2頭には迫れなかったが3着を死守した。今回と同じ阪神・芝1600メートルで行われた前々走のアーリントンCでも、中団追走から直線でしぶとい末脚を見せ、内をすくったタイセイビジョン(1着)には敗れたものの、2着と連対は確保。近2走の内容からも、GⅢのハンデ戦ならば再び優勝争いができるだろう。今回は他世代の馬との初対戦となるが、GⅠで牡馬を相手に好走した経験が生きてくるはずだ。

ソーグリッタリング

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ソーマジック
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

父の産駒は成長力が豊富な馬が多く、本馬も6歳にして本格化の気配が漂っている。祖母スーアはイタリア1000ギニー(G2)の勝ち馬と、母系の底力も十分。成長を遂げた今なら、6度目の挑戦で重賞初制覇のチャンス到来と言えるだろう。

前走のエプソムCは不良馬場という厳しい条件だったが、道中は中団前めの好位置でリズムよく追走し、4コーナーもインコースを通って東京の長い直線に勝負をかけた。直線では最後まで末脚を伸ばし、先に抜け出したダイワキャグニー(1着)には届かなかったが、5頭横並びの激戦となったゴール前の2着争いを制した。管理する池江泰寿調教師は「前走のような馬場もこなせるようになったので、(力の要る馬場コンディションが予想される)中京記念への出走を決めました」と、前走のレースぶりを高評価。中間の調整も順調で、「抜け出すと気を抜く面はだいぶ改善しました。力をつけています」と、今回に向け期待を寄せている。

ケイアイノーテック

牡5歳

調教師:平田修(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ケイアイガーベラ
  • 母の父:Smarty Jones
ここに注目!

今回の阪神・芝1600メートルは、メイクデビュー阪神(1着)、朝日杯フューチュリティS(4着)、500万下(1着)と3戦2勝をマークしており、好相性は疑いようがない。久しぶりの同舞台出走とはなるが、しっかりと能力を発揮できるはずだ。

前走の安田記念では、前半は後方でジッと脚をためて、3コーナーから進出を開始。馬群の大外を回りながらポジションを一気に押し上げた。スピードに乗りながら直線に入ると、最後までしぶとく脚を伸ばし続けて5着に入り、かつてNHKマイルCを制したGⅠ馬の復活を予感させた。前々走以降、チークピーシーズを着用してレースぶりに良化が見られ、今回も期待は大きい。管理する平田修調教師は「安田記念のような早めに動いていく競馬ができれば」と話し、前走同様のレース運びを示唆している。8日の1週前追い切りでは、不良馬場の栗東坂路でラスト1ハロン12秒3(4ハロン54秒4)をマークしており、良い状態で臨めそうだ。

エントシャイデン

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ルシュクル
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

母は全3勝中2勝を7月に挙げており、夏場の暑い時季を得意としていた。全姉ブランボヌールも函館2歳S、キーンランドCと7月、8月の重賞を2勝。血統的にも、この時期なら初めての重賞制覇を成し遂げられるかもしれない。

前走の安土城S(リステッド。京都・芝1400メートル)は、これまで2着1度、3着1度があったオープンクラスでの初勝利となった。道中は2枠4番から中団内めをスムーズに進み脚をためた。そして直線で馬場の真ん中に進路を取るとグングンと加速。目を引く末脚で先行集団に迫ると、最後は粘り込みを図るグランドロワ(2着)をゴール前できっちりとかわし、クビ差で白星をつかんだ。常に安定した末脚を発揮できるタイプで、今回も展開が向くかどうかは大きな鍵になる。ただ、6月から7週続く阪神開催の最終週に行われるだけに、末脚を伸ばす馬が台頭しやすい馬場コンディションとなる可能性もありそうだ。全5勝中4勝を挙げるマイル戦に戻る点もプラスに働くだろう。

ベステンダンク

牡8歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:タイキシャトル
  • 母:ユキノマーメイド
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

今回の阪神・芝1600メートルでは〔1・2・1・3〕の好成績を残しており、好相性は間違いない。8歳を迎えて重賞初制覇のチャンスが訪れたと言えるだろう。年齢的な衰えも見られないだけに、能力をしっかりと発揮できれば上位争いに加われるはずだ。

前走の都大路S(リステッド。京都・芝1800メートル)は、スタートから気合をつけてポジションを取りに行き、逃げ馬を見る形で2番手を進んだ。道中をリズムよく追走すると、直線では内のバイオスパーク(2着)が抜け出したところをラスト50メートル付近でかわし、クビ差で約1年11か月ぶりの白星を挙げた。前々走の読売マイラーズCでも、GⅠ馬インディチャンプ(1着)にこそ2馬身差をつけられたものの、道中2番手からしぶとい粘りを見せて2着を確保。近走の充実ぶりや実績面を考えると、GⅢのメンバーなら上位の存在と言えるだろう。オープンクラス入りから約3年、着実に力をつけてきた。重賞初制覇をここで決めたいところだ。

トロワゼトワル

牝5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:セコンドピアット
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

4走前の京成杯オータムHを1分30秒3のJRAレコードで制しているように、スピード能力はメンバー中でも上位と言っていい存在。持ち前の速力が生きる流れになれば、ここでも勝ち負けを演じることができるだろう。

前走のヴィクトリアマイルはアーモンドアイの4馬身差圧勝が目立ったが、本馬も実力をアピールするには十分すぎるレース運びだった。スタートからダッシュ力を生かしてハナを奪うと、後続を2、3馬身ほど突き放す強気の逃げを打った。前半600メートル通過タイム34秒2というペースを刻むと、直線でも残り200メートル付近まで先頭を死守。最後は4着に後退したものの、12番人気の低評価を考えれば健闘と言っていいだろう。厩舎スタッフが「気分よく自分のペースで走ればしぶとさを発揮します。右回りのほうが得意なので楽しみです」と話すように、JRAレコードで勝利した右回りに舞台が替われば、優勝争いに加わっても不思議はない。

ラセット

牡5歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:モンテロッソ
  • 母:ナンヨーサフラウア
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

デビューから16戦して、半分近くの7戦でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしているように、末脚の威力は十分。今回も後方で脚をためて、直線で爆発させる形になるだろう。展開次第にはなるが、一発の魅力を秘める。

サマーマイルシリーズ初戦となった前走の米子S(リステッド。阪神・芝1600メートル)は、後方2番手からレースを進め、コースロスの少ない内ラチ沿いを通って末脚勝負にかけた。直線では進路を探して馬群をさばきながらのスパートだったが、徐々に前との差を詰め、ラスト100メートル付近で急伸し、勝ったスマイルカナには届かなかったが2着まで追い上げた。上がり3ハロンタイムはメンバー中最速の33秒1(以下推定)。2番目に速かったミッキーブリランテ(3着)を0秒5上回っており、末脚が抜けていたことは確かだろう。ここで勝ち星を挙げればサマーマイル王者の座が見えてくるだけに、要注目の一戦となりそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: