今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

激戦の火花散る春のマイル王決定戦

上半期のチャンピオンマイラー決定戦となる安田記念は東京競馬場の芝1600メートルで行われる。近年の優勝馬には世界に名をはせたリアルインパクト、ロードカナロア、ジャスタウェイ、モーリスなどがいる。この大一番には、どのようなレース傾向があるのか、過去10年のデータを分析する。

過去10年で6番人気から9番人気の馬が5勝

過去10年の単勝人気別成績をまとめると、3着内率では「1番人気」が60.0%でトップ、それに「3番人気」が50.0%で続いている。その一方で、「6番人気から9番人気」の馬が5勝を挙げている点にも注目したい。意外な馬が勝利をつかみ取るケースも十分想定しておいた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
3番人気 0-3-2-5 0% 30.0% 50.0%
4番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0-2-1-7 0% 20.0% 30.0%
6〜9番人気 5-2-1-32 12.5% 17.5% 20.0%
10番人気以下 0-2-4-72 0% 2.6% 7.7%

馬番にも注目

過去10年の成績を、馬番を3つごとに区切ってまとめてみると、「4番から6番」の馬が最多の4勝を挙げており、2015年以降に限れば優勝3回、2着1回、3着1回で、5年連続で3着以内に入っている。その他では、「1番から3番」は優勝こそないが2着が4回と3着が3回、「10番から12番」が3勝を含む3着以内が計7回となっている。好走馬が多く出ている馬番に注目してみるのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜3番 0-4-3-23 0% 13.3% 23.3%
4〜6番 4-1-1-24 13.3% 16.7% 20.0%
7〜9番 0-2-1-27 0% 6.7% 10.0%
10〜12番 3-1-3-23 10.0% 13.3% 23.3%
13〜15番 2-1-1-23 7.4% 11.1% 14.8%
16〜18番 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%

連勝中の馬に大注目

過去10年の出走馬について前走の着順別成績をまとめると、前走5着以下に敗れていた馬で優勝したのは2017年のサトノアラジン(前走9着)のみで、優勝馬10頭中9頭は前走で4着以内だった。中でも、前走1着馬は過去10年のうち2012年を除く9回で3着以内に入っている。5着以下に敗れていた馬も3着以内に延べ9頭入っており軽視はできないが、まずは前走で上位に入っていた馬に注目したい。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-2-3-28 10.8% 16.2% 24.3%
2着 2-2-0-26 6.7% 13.3% 13.3%
3着 1-1-2-18 4.5% 9.1% 18.2%
4着 2-1-1-15 10.5% 15.8% 21.1%
5着 0-1-2-9 0% 8.3% 25.0%
6〜9着 1-3-1-17 4.5% 18.2% 22.7%
10着以下 0-0-1-25 0% 0% 3.8%

次に、前走1着馬について前々走の着順を調べると、前々走でも1着だった馬は連対率が42.9%、3着内率は57.1%に達している。逆に、前々走で2着以下だった馬は連対がなく3着が1回あるのみ。前走1着馬のなかで、前々走も1着だった馬、つまり連勝中の馬は大いに期待できそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走1着馬の前々走の着順別成績(過去10年)
前々走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-2-2-6 28.6% 42.9% 57.1%
2着以下 0-0-1-22 0% 0% 4.3%

近年は芝1600メートル以外から臨んだ馬が優勢

過去10年の出走馬について前走の距離別成績を調べると、3着以内馬延べ30頭中、半数の15頭は前走も「芝1600メートル」のレースだった。好走率では、該当馬こそ延べ11頭と少ないが「芝1800メートル」組がトップとなっている。〔表5〕

〔表5〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1200m 1-0-0-6 14.3% 14.3% 14.3%
芝1400m 3-3-1-32 7.7% 15.4% 17.9%
芝1600m 4-5-6-74 4.5% 10.1% 16.9%
芝1800m 2-1-1-7 18.2% 27.3% 36.4%
芝2000m 0-1-2-13 0% 6.3% 18.8%
芝2200m以上 0-0-0-4 0% 0% 0%
ダートのレース 0-0-0-2 0% 0% 0%

なお、2017年以降の過去3年の出走馬延べ50頭のうち、前走が芝1600メートルだった馬は24頭、芝1600メートル以外だった馬は26頭いたが、3着内率でも3着以内馬の数でも「芝1600メートル以外」組が上回っている。ここ数年は、前走が芝1600メートル以外のレースだった馬が優勢となっている点は覚えておきたい。〔表6〕

〔表6〕前走の距離別成績(過去3年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1600m 1-2-0-21 4.2% 12.5% 12.5%
芝1600m以外 2-1-3-20 7.7% 11.5% 23.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

同年のオープンクラスでの単勝人気は要チェック

2017年以降の過去3年の優勝馬は、いずれも同年に出走していたオープンクラスのレースで1番人気に支持された経験があり、かつ3番人気以下となった経験がなかった。年明け以降のレースで常に上位人気に支持されていた馬に注目してみたい。〔表7〕

(河野 道夫)

〔表7〕優勝馬が同年に出走していたオープンクラスのレースでの単勝人気(過去3年)
年度 優勝馬 該当レース
2017年 サトノアラジン 京王杯スプリングC1番人気
2018年 モズアスコット 阪急杯1番人気、読売マイラーズC2番人気、安土城S1番人気
2019年 インディチャンプ 東京新聞杯1番人気、読売マイラーズC2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: