今週の注目レース

3歳重賞馬連 アーリントンカップ(GⅢ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ここをステップにGⅠの舞台へ

2017年までは1回阪神開催の初日に行われていたが、2018年からはその7週間後の2回阪神最終週に行われている。同時に、NHKマイルCのトライアルレースとなり、3着までの馬に優先出走権が付与されることになった。昨年はここで2着に入ったカテドラルが、続くNHKマイルCでも3着に好走。今年もGⅠの舞台を目指す若駒たちが激戦を見せてくれることだろう。その一戦の傾向を、1回阪神開催で行われた2017年以前を含む過去10年の結果から見ていくことにしたい。

人気薄の馬にも要注目

過去10年のアーリントンCで単勝1倍台の支持を受けた馬は3頭とも連対。しかし2.0倍から3.9倍のエリアは8頭のうち5頭が4着以下に敗れ、2着以内に入ったのが3頭だけと、いまひとつの成績になっている。単勝人気別の成績も見てみると、上位人気馬の中では3番人気馬だけ優勝がない。3着馬に目を向けると、単勝オッズでは7.0倍以上、単勝人気では4番人気から7番人気の馬の3着が多くなっている。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 2-1-0-0 66.7% 100% 100%
2.0〜3.9倍 2-1-0-5 25.0% 37.5% 37.5%
4.0〜6.9倍 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0%
7.0〜9.9倍 1-1-4-7 7.7% 15.4% 46.2%
10.0〜19.9倍 1-2-2-14 5.3% 15.8% 26.3%
20.0〜29.9倍 0-2-1-7 0% 20.0% 30.0%
30.0〜49.9倍 2-0-2-17 9.5% 9.5% 19.0%
50倍以上 0-1-0-36 0% 2.7% 2.7%
〔表2〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
3番人気 0-3-1-6 0% 30.0% 40.0%
4、5番人気 3-1-3-13 15.0% 20.0% 35.0%
6、7番人気 0-2-4-14 0% 10.0% 30.0%
8、9番人気 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
10〜12番人気 1-1-1-23 3.8% 7.7% 11.5%
13番人気以下 0-0-0-15 0% 0% 0%

馬番別の成績をチェック

過去10年のアーリントンCの馬番別成績を、馬番を2つごとに区切ってまとめてみると、過去10年の優勝馬は全て5番より外の馬番だった。その中でも5番から10番の間に8頭が集中している。逆に、1番から4番の馬は優勝がないが、2着が6回、3着が5回と、偏りのある分布になっている。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1、2番 0-2-3-15 0% 10.0% 25.0%
3、4番 0-4-2-14 0% 20.0% 30.0%
5、6番 3-1-0-16 15.0% 20.0% 20.0%
7、8番 3-0-0-16 15.8% 15.8% 15.8%
9、10番 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0%
11、12番 1-2-3-10 6.3% 18.8% 37.5%
13、14番 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
15〜18番 0-0-1-6 0% 0% 14.3%

前走の着順別の成績にも特徴あり

過去10年のアーリントンCでは、前走が1着だった馬は優勝が3回あるが、前走が2着だった馬の優勝は0回。3着または4着だった馬は計5頭が優勝している。そして、2着馬と3着馬も偏りのある分布になっている。全体的に見れば、前走で敗れていた馬であっても、10着以下の大敗でなければ気にする必要はなさそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-4-4-35 6.5% 15.2% 23.9%
2着 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
3着 3-1-0-7 27.3% 36.4% 36.4%
4着 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0%
5着 1-0-2-9 8.3% 8.3% 25.0%
6〜9着 1-2-3-11 5.9% 17.6% 35.3%
10着以下 0-1-0-22 0% 4.3% 4.3%

前年の12月以降の成績に要注目?

過去10年のアーリントンCでは、「前年の12月以降に500万下クラス(現1勝クラス)を勝利していた」という馬が2015年を除いて連対している。前年12月以降の成績はチェックしておきたい。〔表5〕

(浅野 靖典)

〔表5〕前年の12月以降に500万下クラス(現1勝クラス)を勝利していた、アーリントンC連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2010年 2着 ザタイキ 1月17日 3歳500万下
2011年 1着 ノーザンリバー 1月30日 3歳500万下
2012年 2着 オリービン 12月25日 2歳500万下
2013年 1着 コパノリチャード 1月12日 白梅賞
2着 カオスモス 12月2日 千両賞
2014年 1着 ミッキーアイル 12月14日 ひいらぎ賞
2着 タガノグランパ 1月25日 なずな賞
2016年 1着 レインボーライン 12月27日 千両賞
2017年 1着 ペルシアンナイト 12月11日 こうやまき賞
2018年 2着 パクスアメリカーナ 2月10日 こぶし賞
2019年 1着 イベリス 12月15日 さざんか賞

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: