今週の注目レース

3歳重賞馬連 きさらぎ賞(GⅢ)

京都競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

2019年 ダノンチェイサー

2019年 ダノンチェイサー

2018年 サトノフェイバー

2018年 サトノフェイバー

2017年 アメリカズカップ

2017年 アメリカズカップ

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は、1961年に創設された3歳馬限定の重賞競走で、創設当初は中京競馬場の砂馬場・1200メートル、定量の条件で行われていた。

その後、幾度か距離・開催場など条件の変更を経た後、1991年から、京都競馬場に前年新設された外回りコースの芝1800メートルを舞台に行われている。また、負担重量は1984年に別定重量に変更された。

競走名の「きさらぎ(如月)」とは、陰暦で2月の異称。語源には「衣更着(まだ寒いため着物を更に着ること)」「気更来(陽気が発達する季節)」など諸説存在する。

コースの特徴

京都・芝1800メートル(外回り)

2コーナー奥にある引き込み線の一番奥にスタート地点があるので、スタート後に向正面を走る距離が長い。それもあってか、道中のペースが淀みなく流れることが多く、実際の距離以上のスタミナを要求される。2000メートル以上でも差せるタイプが有利なコースと言えるだろう。京都の芝は移動柵がAからDコースまで取れるため良好なコンディションが保たれて、終始インコースの良い状態が続きやすい。スピード勝負に対応できて、なおかつ長めの距離もこなせるスタミナが求められるコースだ。

(亀谷 敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: