今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 阪神カップ(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

短距離路線のトップクラスが火花を散らすハイレベルな一戦

2006年に新設され、暮れの阪神開催の風物詩となっているGⅡ。例年、短距離路線の有力馬が集まり、見応えのあるレースが展開されている。ここでは過去10年の結果から、レース傾向に迫っていく。

前走下位人気馬に警戒

過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別の成績をまとめると、前走で「10番人気以下」だった馬が3勝を挙げている。また、連対馬で見ても延べ21頭中9頭(2009年は2着同着)は前走で6番人気以下だった。2018年の優勝馬ダイアナヘイローは、前走の京阪杯を11番人気で3着の後、当レースを11番人気で制した。ここ数走で低評価の続いている馬であっても、軽視は禁物だろう。〔表1〕

〔表1〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
2番人気 1-1-1-12 6.7% 13.3% 20.0%
3番人気 1-2-1-9 7.7% 23.1% 30.8%
4番人気 2-0-1-9 16.7% 16.7% 25.0%
5番人気 2-0-1-12 13.3% 13.3% 20.0%
6〜9番人気 0-3-3-38 0% 6.8% 13.6%
10番人気以下 3-3-1-49 5.4% 10.7% 12.5%
  • 注記:2009年は2着同着

近2走の距離に注目

過去10年の出走馬について、前々走と前走の距離別に成績をまとめると、「前々走と前走の距離が同じ」だった馬が6勝、「前々走より前走の距離が長い」という馬が4勝を挙げており、「前々走より前走の距離が短い」という馬は1勝も挙げていない。前々走と前走でどのような距離のレースに出走してきたか、注目するのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕前々走と前走の距離別成績(過去10年)
前々走と前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
前々走より前走の距離が長い 4-1-4-42 7.8% 9.8% 17.6%
前々走と前走の距離が同じ 6-7-4-58 8.0% 17.3% 22.7%
前々走より前走の距離が短い 0-3-1-43 0% 6.4% 8.5%
  • 注記:2009年は2着同着

GⅠ・JpnⅠを除く直近敗戦時のタイム差は要チェック

過去10年の出走馬について、GⅠ・JpnⅠを除く直近で敗戦したレースでの勝ち馬とのタイム差別に成績を調べると、優勝馬延べ10頭は全てタイム差が0秒6以内だった。連対馬で見ても延べ21頭中19頭が0秒6以内だった。好走率でも、「0秒4から0秒6」と「0秒7から0秒9」を境に大きな差がついている。直近の敗れたレースで勝ち馬から大きく離されていなかった馬を上位に評価したい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕GⅠ・JpnⅠを除く直近の敗戦時の勝ち馬とのタイム差別成績(過去10年)
勝ち馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
0秒3以内 8-5-6-49 11.8% 19.1% 27.9%
0秒4〜0秒6 2-4-1-41 4.2% 12.5% 14.6%
0秒7〜0秒9 0-1-0-23 0% 4.2% 4.2%
1秒0以上 0-1-2-30 0% 3.0% 9.1%
  • 注記:2009年は2着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: