今週の注目レース

みやこステークス(GⅢ)

京都競馬場 1800メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

インティ

牡5歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:ケイムホーム
  • 母:キティ
  • 母の父:Northern Afleet
ここに注目!

GⅢのメンバーでは明らかに地力上位。あえて不安材料を挙げるとすれば、これまで、もまれる競馬をあまり経験していないことか。仮に内枠を引いて控える競馬になった場合、脆さを出す可能性はゼロではない。

デビュー2戦目からの7連勝で今年2月のフェブラリーSを制覇。前々走のかしわ記念(JpnⅠ。船橋・ダート1600メートル)は2着に敗れたとはいえ、早め先頭から踏ん張って勝ち馬ゴールドドリームから0秒2差だから、悲観する内容ではなかった。ポイントは、前走の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)をどう見るか。ハイペースを2番手で追いかけたとはいえ、あっさり失速しての1秒1差6着は物足りなかった。ここはリフレッシュを挟んでの秋初戦。本質的に左回りのほうがいいタイプとあって、京都・ダート1800メートルも向いている条件とは言えないかもしれないが、そこはGⅠウイナー。目標のチャンピオンズCに弾みをつける意味でも、恥ずかしい競馬はできない。

スマハマ

牡4歳

調教師:高橋亮(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:サウンドザビーチ
  • 母の父:アフリート
ここに注目!

近3走が全て中10週以上の休み明けとあって、今回の約3か月半ぶりも気にならない。過去4勝のうち3勝が逃げ切り。控える形でも結果を残しているが、理想はハナを奪う形だろう。インティとのポジション争いに注目したい。

デビュー2戦目から3連勝を果たし、続くオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)は勝ったグリムとタイム差なしの2着。骨折休養明けだった今年1月の東海Sはインティから1秒4差の3着に敗れたが、これがそのまま実力差ではないだろう。事実、再度の休み明けとなった前走の名鉄杯(リステッド。中京・ダート1800メートル)は、スムーズに逃げられたとはいえ、JRAレコードでの快勝。あらためて重賞級のポテンシャルを見せつけた。体質に弱さが残るため、休み休みのローテーションとはなっているが、間隔が空いたこと自体はマイナス材料にならないタイプ。同じようなポジショニングになりそうなインティに、真っ向勝負を挑む。

アナザートゥルース

せん5歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:キョウエイトルース
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

半兄サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)と同じように実戦を使いながら力をつけ、前々走のアンタレスSで重賞初制覇を果たした。ここは5か月半ぶりの実戦となるが、この休みの間にさらに地力を強化していても不思議はない。

6歳でチャンピオンズCを制した兄サウンドトゥルーと同様に、徐々に力をつけてきた。今年1月の1600万下・アレキサンドライトS(中山・ダート1800メートル)を制し、待望のオープンクラス入り。名古屋大賞典(JpnⅢ。名古屋・ダート1900メートル)を3着にまとめて重賞へのメドを立てると、続くアンタレスSで重賞初制覇を果たした。前走の平安Sは、中団前めから運んで勝ち馬から0秒4差の4着だったが、上位3頭を後方待機組が占めたことを思えば、力を示したと言えるだろう。その後は夏場が苦手なタイプということもあって放牧に出され、ここが秋初戦となる。どちらかと言えば使いつつ良くなる馬だが、本格化を果たした今なら好勝負に持ち込めていい。

ウェスタールンド

せん7歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:ユーアンミー
  • 母の父:Marquetry
ここに注目!

昨年のチャンピオンズCで2着の実績はこのメンバーでも胸を張れるが、いかんせん自分で競馬をつくれないタイプ。仮に速い時計での決着になった場合、後方から脚を使っても間に合わない可能性がある。理想は良馬場だろう。

6歳夏の昨年6月にダートへ転向すると、快進撃が始まった。1000万下・津軽海峡特別(函館・ダート1700メートル)、1600万下・薩摩S(小倉・ダート1700メートル)を楽に2連勝すると、続くシリウスSが勝ったオメガパフュームにクビ差の2着。武蔵野Sこそチグハグなレースで7着に敗れたが、GⅠ初挑戦となったチャンピオンズCでは、上がり3ハロン34秒4(推定)の豪脚を繰り出して2着に食い込んだ。その後は爪不安による休養を経て、4月のアンタレスSが4着。レース後に蹄骨の骨折が判明したために再度の休養を余儀なくされ、今回が約6か月半ぶりの実戦となる。大目標は昨年の雪辱がかかるチャンピオンズCかもしれないが、ここも仕上がりと展開一つで上位争いができるはずだ。

アングライフェン

牡7歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:レッドスレッド
  • 母の父:パントレセレブル
ここに注目!

7歳の今年に地力強化を示しているが、近5戦はいずれもダート1900メートル以上の距離だった。今回は6戦ぶりのダート1800メートル。どちらかと言えばスタミナ型だけに、道中のペースが速くなって戸惑う可能性は否定できない。

5歳までは芝の経験しかなかったが、叔父にダートで一時代を築いたトランセンドがいる血統だけに、ダート適性があったということだろう。本馬は6歳で主戦場をダートに移した後は勝ち切れないレースが続いたが、今年2月のオープン特別・アルデバランS(京都・ダート1900メートル)で約2年6か月ぶりの勝利をゲット。これで軌道に乗ったのか、3走前のブリリアントS(リステッド。東京・ダート2100メートル)でオープンクラス2勝目を手にした。秋の始動戦となった前走のシリウスSは、中団からしぶとく伸びて2着に好走。衰えが出ても不思議はない7歳馬だが、今がまさに充実期と言っていいだろう。さらなる相手強化を跳ね返して重賞初制覇を果たしても驚けない。

ワイドファラオ

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:ワイドサファイア
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

マイル以下の距離で結果を残してきた馬だけに、今回は初の1800メートルが大きなポイントとなる。芝でも走れるスピードを秘めている馬なので、時計の速い決着になったほうがチャンスも広がるだろう。

デビューから芝を使われ、4戦目のニュージーランドTで重賞初制覇を果たしたが、続くNHKマイルCで9着に敗れると、初のダート戦に挑戦。そのユニコーンSが圧巻で、前半600メートルを33秒9で飛ばしての逃げ切り勝ちだった。秋初戦となった前走のオーバルスプリント(JpnⅢ。浦和・ダート1400メートル)は、逃げ馬を捕らえられずに2着も、他世代との初対戦で及第点の内容だったと言える。今回は、初の1800メートルが鍵。父ヘニーヒューズはアジアエクスプレスやモーニンなど1600メートル以下で活躍する産駒を送り出しているが、母ワイドサファイアは芝2000メートルのフローラS2着馬。祖母クイーンソネットも現役時代に中距離を主戦場としていただけに、克服できても不思議はない。

キングズガード

牡8歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:キングスベリー
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

2年前のみやこSでは、道中最後方からメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークして、勝ち馬から0秒6差の3着まで追い上げた。当時がハイペースだっただけに、好勝負するには、当時と同じような流れが理想だ。

8歳を迎えても元気いっぱいだ。今年初戦の黒船賞(JpnⅢ。高知・ダート1400メートル)、コーラルS(リステッド。阪神・ダート1400メートル)、栗東S(リステッド。京都・ダート1400メートル)と3戦連続で3着。ただ、続くプロキオンSで7着に敗れた内容を見ると、1400メートルだと忙しくなっているようなイメージもあった。約2か月半の休み明け、かつ一気の距離延長でダート2000メートルにチャレンジした前走のシリウスSで、見せ場たっぷりの0秒3差5着に入っており、今なら1800メートル前後がベストなのかもしれない。一昨年のプロキオンSを最後に勝利から遠ざかっているが、大きな衰えは感じられず、前が止まる展開になれば、ゴール前での大逆転がありそうだ。

リアンヴェリテ

牡5歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ルミエールヴェリテ
  • 母の父:Cozzene
ここに注目!

今回は、逃げて結果を残してきた馬がそろっているが、“何が何でもハナへ”の思いなら、この馬が一番強いのかもしれない。ハイペースも辞さないタイプだけに、展開の鍵を握る馬になることは間違いないだろう。

夏の北海道で存在感を発揮した。大沼S(リステッド)、オープン特別・マリーンS(共に函館・ダート1700メートル)と2連勝。重賞初挑戦となったエルムSは勝ち馬から0秒5差の5着だったが、不得意な控える形になったこと、そしてハイペースの展開だったことを考慮すれば、評価を大きく下げる必要はないだろう。前走の白山大賞典(JpnⅢ。金沢・ダート2100メートル)の7着は、距離が長かった印象。逃げ馬らしい脆さはあるが、自分の形に持ち込んだ時のしぶとさは天下一品だ。今後も常に同型との兼ね合いがポイントになるが、よもや作戦に迷いはあるまい。今回も思い切った逃げが見られるだろう。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: