海外競馬発売

ワールドカップ(G1)

メイダン競馬場 2000メートル(ダート)南半球産馬3歳以上、北半球産馬4歳以上

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間3月27日(日曜)午前1時30分

発売情報

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください

2022年ドバイワールドカップ合田's View『世界の合田』によるレース展望

日本合田 直弘(海外競馬解説者)

  • 注目馬

    ライフイズグッド/ホットロッドチャーリー

ここは、ライフイズグッド(牡4歳)のパフォーマンスを堪能するレースだろうとみている。もともと極めて高い能力の持ち主であることは承知していたが、そのさらに上を行く異次元の強さを見せたのが、前走のペガサスワールドカップ(G1・アメリカ。ダート1800メートル)だった。逃げるとみられていた前年の全米年度代表馬ニックスゴーのハナを叩いて主導権を握ると、影をも踏ませぬまま3馬身1/4差の逃げ切り勝ち。今現在、ダートの世界最強馬は間違いなくこの馬であると確信した。

ライフイズグッド以外にも、アメリカの一線級が複数参戦している中、臨戦過程に好感が持てるのがホットロッドチャーリー(牡4歳)だ。早めにドバイ入りし、2月4日にメイダンで行われたアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド2(G2・UAE。ダート1900メートル)を楽勝。アメリカ調教馬では、2008年のカーリン、2016年のカリフォルニアクロームが、現地でプレップレースを使って臨んだドバイワールドカップを制しており、コース経験を積んだことは、明らかにプラス材料となるはずだ。

合田 直弘

合田 直弘(海外競馬解説者)

1959年(昭和34年)東京生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬を学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。

イギリスエマ・ベリー(イギリス在住競馬ジャーナリスト)

  • 注目馬

    ライフイズグッド/リアルワールド

これまで10人のアメリカを拠点とした調教師がドバイワールドカップを制しているが、今年はT.プレッチャーが11人目としてリストに名を連ねることになりそうだ。ブリーダーズカップダートマイル(G1・アメリカ。ダート1600メートル)、ペガサスワールドカップ(G1・アメリカ。ダート1800メートル)を連勝中のライフイズグッド(牡4歳)は、圧倒的人気にふさわしい力量の持ち主である。

早めにドバイ入りしてすでにG2を制しているホットロッドチャーリー(牡4歳)や、前走サウジカップ(G1。ダート1800メートル)で2着と好走したカントリーグラマー(牡5歳)らが脇を固めるアメリカ勢。ここ以外から勝ち馬が出る可能性は極めて低そうだが、わずかながら付け入るチャンスがあると私がみているのが、リアルワールド(牡5歳)である。戦績を見ると、このメンバーに入っては足りないと判断する人がほとんどだろうが、それぞれ異なる3か国で重賞競走を制していること、管理しているのがこのレース9勝という最多勝調教師S.ビン・スルールであることから、穴馬としてこの馬を挙げておきたい。

昨年のこのレースで2着のチュウワウィザード(牡7歳)、3着のマニークール(せん7歳)、4着のハイポセティカル(牡5歳)が今年も出走している。この中で昨年同様の着順を確保する可能性が高いのは、チュウワウィザードだと思う。

エマ・ベリー

Emma Berry(エマ・ベリー)

ワールドワイドな競馬日刊紙サラブレッド・デイリー・ニュースのヨーロッパ・パートの編集責任者。これまでも、サラブレッド・オーナー&ブリーダー、ペースメーカーホース&ハウンド、レーシングポスト、インサイドレーシング(オーストラリア)など、数多くの競馬および馬術関係出版物に寄稿している。 少数ながら馬も所有し、生産と競馬にも従事。夫は調教師のジョン・ベリーで、現在はニューマーケット在住。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: