海外競馬発売

ワールドカップ(G1)

メイダン競馬場 2000メートル(ダート)南半球産馬3歳以上、北半球産馬4歳以上

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間3月27日(日曜)午前1時30分

発売情報

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください

2022年ドバイワールドカップレース情報

2021年 優勝馬:ミスティックガイド

2021年 ミスティックガイド

2019年 優勝馬:サンダースノー

2019年 サンダースノー

2018年 優勝馬:マインドユアビスケッツ

2018年 サンダースノー

ドバイワールドカップ(G1。ダート2000メートル)は、5つのG1を含む8つのサラブレッドによる重賞(ほかにアラブのG1が1つ)を行う「ドバイワールドカップデー」におけるメインレース。ダートにおける世界最高峰のひとつで、その総賞金1200万アメリカドル(約13億8000万円。1アメリカドル=115円で換算)はサウジアラビアのサウジカップ(G1)の2000万アメリカドルに次ぐ世界第2位を誇る。

ドバイワールドカップは1996年に当時の世界最高賞金レース(総賞金400万アメリカドル)としてナドアルシバ競馬場でスタート。初回を前年のアメリカ年度代表馬シガー、2回目を前年のジャパンカップ(GⅠ)の勝ち馬であるシングスピールが優勝すると、その翌年(1998年)にはリステッドから一足飛びにG1に昇格となった。

その後、2010年にはナドアルシバ競馬場(廃場)から現在のメイダン競馬場へと開催場が移り、同時にダートからオールウェザーに変更となったが、2015年からは再びダートに回帰した。なお、2020年のレースはコロナ禍にあって取り止めとなっている。

日本調教馬はオールウェザーでの開催だった2011年にはヴィクトワールピサとトランセンドがワンツーフィニッシュを達成。ダートでは2001年のトゥザヴィクトリーと2021年のチュウワウィザードの2着が最高着順となっている。

文:秋山 響(TPC)

メイダン競馬場・ダート2000メートル

メイダン競馬場・ダート2000メートルのコース図

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: