海外競馬発売

シーマクラシック(G1)

メイダン競馬場 2410メートル(芝)南半球産馬3歳以上、北半球産馬4歳以上

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間3月27日(日曜)午前0時55分

発売情報

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください

2022年ドバイシーマクラシック合田's View『世界の合田』によるレース展望

日本合田 直弘(海外競馬解説者)

  • 注目馬

    グローリーヴェイズ/アレンカー

狙いが立ちそうな馬が複数いる極めて難解な一戦だが、アダイヤー、ハリケーンレーンといったヨーロッパの超一線級が不在のメンバー構成ならば、白羽の矢を立てるべきは日本調教馬だと思う。

実は、日本馬のみの序列をつけるのも容易ではない。これが日本で行われる競馬なら、シャフリヤール(牡4歳)を最上位にとるところだが、アウェイでの戦いということを鑑み、グローリーヴェイズ(牡7歳)を1番手とした。香港で3戦2勝、2着1回という成績を残している同馬。これがアウェイに強いからなのか、シャティンの馬場との相性が極端に良いからなのかは、今週末に結論が出ることだと思う。超がつくスローペースを後方から差し切った2021年の香港ヴァーズ(G1。芝2400メートル)は見事な競馬で、そこで得たレーティング123は、このメンバーで最上位である。

今季初戦のウィンターダービー(G3・イギリス。AW2000メートル)をトラックレコードで快勝しての参戦となる、イギリス調教馬アレンカー(牡4歳)を2番手とする。

合田 直弘

合田 直弘(海外競馬解説者)

1959年(昭和34年)東京生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬を学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。

イギリスエマ・ベリー(イギリス在住競馬ジャーナリスト)

  • 注目馬

    ユビアー/オーソリティ

強力な布陣で上位独占を狙う日本勢と、ゴドルフィンが送り出すブリーダーズカップターフ(G1・アメリカ。芝2400メートル)勝ち馬ユビアー(せん4歳)の争いに、イギリス勢がどこまで絡んでいけるかが見どころだ。

昨年後半に急成長を見せたユビアーにとっては、11月にデルマーで走って以来の実戦となるが、充分に力を出せる状態に仕上がっていると聞いている。

日本勢では、日本ダービー馬シャフリヤール(牡4歳)や、香港ヴァーズ(G1。芝2400メートル)2勝馬グローリーヴェイズ(牡7歳)には、敬意を払うべきと考える。また、ドバイ到着後、朝の調教でまるで絵画から抜け出したような美しい馬体を披露し、各国関係者の注目を集めているのがオークス馬ユーバーレーベン(牝4歳)だ。だが、私が日本馬の1番手として挙げるのは、サウジアラビアで鮮やかな勝ち方を見せたオーソリティ(牡5歳)である。

注目馬は2頭なので、そこに名前は入らないが、ドバイシティーオブゴールド(G2。芝2410メートル)を勝っての参戦となるイギリス調教馬フクム(牡5歳)にも、私は注目している。マイル戦線のスーパースター・バーイードの全兄にあたる同馬は、5歳を迎えてまだ成長を続けており、強敵相手のこのレースでも上位3着までに入る可能性はあるとみている。(訳:合田直弘)

エマ・ベリー

Emma Berry(エマ・ベリー)

ワールドワイドな競馬日刊紙サラブレッド・デイリー・ニュースのヨーロッパ・パートの編集責任者。これまでも、サラブレッド・オーナー&ブリーダー、ペースメーカーホース&ハウンド、レーシングポスト、インサイドレーシング(オーストラリア)など、数多くの競馬および馬術関係出版物に寄稿している。 少数ながら馬も所有し、生産と競馬にも従事。夫は調教師のジョン・ベリーで、現在はニューマーケット在住。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: