海外競馬発売

ゴールデンシャヒーン(G1)

メイダン競馬場 1200メートル(ダート)3歳以上

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間3月26日(土曜)午後11時45分

発売情報

発売開始時刻
日本時間3月26日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください

2022年ドバイゴールデンシャヒーンレース情報

2021年 優勝馬:ゼンデン

2021年 ゼンデン

2019年 優勝馬:エックスワイジェット

2019年 エックスワイジェット

2018年 優勝馬:マインドユアビスケッツ

2018年 マインドユアビスケッツ

ドバイゴールデンシャヒーン(G1。ダート1200メートル)は、UAE(アラブ首長国連邦)におけるダート短距離王者決定戦。総賞金の200万アメリカドル(約2億3000万円。1アメリカドル=115円で換算)は、ダートの1200メートルもしくは6ハロン戦としてはアメリカのブリーダーズカップスプリントと並ぶ世界最高となっている。

ドバイゴールデンシャヒーンは1993年にガルフニュースSとしてスタート。当時はダート1000メートル戦(直線)で、12月の開催だった。翌1994年にはナドアルシバスプリントに名称変更。1996年にドバイワールドカップデー当日に移り、距離も現在のダート1200メートルに延長。2000年には現在のレース名に変更となり2002年にはG1格付けを得た。

その後、2010年にはナドアルシバ競馬場からメイダン競馬場へと開催場が移ったことに伴い、直線レースから左回りのレースに変更。同時にダートからオールウェザーに変わったが、2015年にダートに戻されている。

ダートに回帰後は、アメリカ調教馬の活躍が顕著で、2017年と2018年のマインドユアビスケッツ、2019年のエックスワイジェット、2021年のゼンデンと目下4連勝中(2020年はコロナ禍で取り止め)。日本調教馬は2019年のマテラスカイ、2021年のレッドルゼルの2着が最高着順となっている。

文:秋山 響(TPC)

メイダン競馬場・ダート1200メートル

メイダン競馬場・ダート1200メートルのコース図

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: