海外競馬発売

凱旋門賞(G1)

パリロンシャン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上 牡・牝

発売開始時刻
日本時間10月2日(日曜)
ネット投票:7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間10月2日(日曜)23時05分

発売情報

発売開始時刻
日本時間10月2日(日曜)
ネット投票:7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください

2022年凱旋門賞レース情報

2021年 優勝馬:ヴァルトガイスト

2021年 トルカータータッソ

2020年 優勝馬:ソットサス

2020年 ソットサス

2019年 優勝馬:ヴァルトガイスト

2019年 ヴァルトガイスト

凱旋門賞(G1・芝2400メートル)は、芝2400メートル路線における世界最高峰のレース。今年の総賞金500万ユーロ(約6億5000万円・1ユーロ=130円で換算)はヨーロッパナンバーワンを誇り、昨年はIFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表する「世界のトップ100GTレース(外部サイトに接続されます)」の第1位に輝いている。なお、出走条件は3歳以上の牡馬と牝馬となっており、せん馬の出走が禁じられているのは、優秀な繁殖馬を選定するという意味合いを持たせるためだ。

1920年に創設された凱旋門賞(1939年、1940年は開催なし)は、これまでリボー(1955年、1956年連覇)、シーバード(1965年)、ミルリーフ(1971年)、ダンシングブレーヴ(1986年)、シーザスターズ(2009年)、エネイブル(2017年、2018年連覇)など、そうそうたる名馬が優勝。

日本馬は1969年のスピードシンボリから、昨年のクロノジェネシスとディープボンドまで延べ29頭が参戦したが、残念ながら未勝利。1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、そして2012年、2013年のオルフェーヴルの2着が最高成績となっている。

文:秋山 響(TPC)

パリロンシャン競馬場 芝2400メートル

パリロンシャン競馬場・芝2400メートルのコース図

現地プロモーション映像『世界最高峰を見逃すな!』

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: