海外競馬発売

クイーンエリザベスステークス(G1)

ランドウィック競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間4月11日(土曜)
ネット投票:午前8時00分
発走予定時刻
日本時間4月11日(土曜)午後2時55分

2020年クイーンエリザベスステークス出走馬レーティング

4月10日(金曜)時点での情報を基に作成

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング 備考
1 ベリーエレガントVERRY ELLEEGANT (NZ) 116 牝馬
メロディベルMELODY BELLE (NZ) 116 牝馬
3 アデイブADDEYBB (IRE) 119
ダノンプレミアムDANON PREMIUM (JPN) 119
5 テアカウシャークTE AKAU SHARK (NZ) 118
6 コールディングKOLDING(NZ) 117
7 ヴァウアンドディクレアVOW AND DECLARE (AUS) 115
8 キングズウィルドリームKINGS WILL DREAM(IRE) 114
ゲイローチョップGAILO CHOP(FR) 114
ハッピークラッパーHAPPY CLAPPER (AUS) 114
マスターオブワインMASTER OF WINE (GER) 114
ライフレスオーディナリー
【出走取消】LIFE LESS ORDINARY(IRE)
114
13 イメージングIMAGING(GB) 107
  • 注記:ライフレスオーディナリーは、4月11日(土曜)出走取消
  • 注記:牝馬については、本競走の牝馬のアローワンス4ポンドを加算して順位を決めています
  • 注記:レーティングの単位はポンド
  • 注記:牝馬には本競走の牝馬のアローワンス4ポンド(グラフの赤色部分)を加算して表示しています。

レーティングトップは牝馬2頭。日本・イギリスからの遠征馬2頭が続く

レーティング116に、牝馬のアローワンス4ポンドを加味すると120になるメロディベル(牝5歳)とベリーエレガント(牝4歳)の2頭が、横並びで首位となった。

メロディベルは、昨年3月にニュージーランドS(G1・ニュージーランド。芝2000メートル)、同10月にリヴァモルクラシック(G1・ニュージーランド。芝2050メートル)、同11月にエンパイアローズS(G1・オーストラリア。芝1600メートル)を制した際に、いずれもレーティング116を獲得している。

一方、4.3馬身差で快勝した3月28日のタンクレッドS(G1・オーストラリア。芝2400メートル)で116を獲得したのがベリーエレガントだ。すなわち、この評価は距離コラム「L」で得たものである。ちなみに、本競走のカテゴリーである距離コラム「I」では、昨年3月にヴァイナリースタッドS(G1・オーストラリア。芝2000メートル)を制した際に115を得ている。

序列第3位も、レーティング119で2頭が横並びとなった。 1頭は、日本から参戦のダノンプレミアム(牡5歳)で、昨年3月に金鯱賞(GⅡ。芝2000メートル)を制した際と、昨年10月に天皇賞(秋)(GⅠ。芝2000メートル)でアーモンドアイの2着となった際に、119を獲得。
もう1頭は、イギリスから参戦のアデイブ(せん6歳)で、昨年10月にチャンピオンS(G1・イギリス。芝2000メートル)でマジカルの2着となった際に119を獲得している。

なお、2018年にはレーティング123を獲得して世界ランキング14位タイ、2019年にも122を得て世界19位タイとなっている地元オーストラリアの古豪ハッピークラッパー(せん9歳)は、近走の成績から現状はレーティング114という評価になっている。

レーティングの距離区分は以下のとおり

  • S【Sprint】
    1000メートルから1300メートル〔1000メートルから1599メートル(CAN/USA)〕
  • M【Mile】
    1301メートルから1899メートル〔1600メートルから1899メートル(CAN/USA)〕
  • I【Intermediate】
    1900メートルから2100メートル
  • L【Long】
    2101メートルから2700メートル
  • E【Extended】
    2701メートル以上

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: