海外競馬発売

香港スプリント(G1)

シャティン競馬場 1200メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月13日(日曜)
ネット投票:午前7時00分 UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間12月13日(日曜)午後3時40分

2020年香港スプリント出走馬レーティング

12月8日(火曜)時点での情報を基に作成

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング 備考
1 クラシックレジェンド CLASSIQUE LEGEND (AUS) 125
2 ホットキングプローンHOT KING PRAWN (AUS) 120
3 ヴォイッジウォリアーVOYAGE WARRIOR (AUS) 115
ビッグタイムベイビーBIG TIME BABY (IRE) 115
5 ウィッシュフルシンカーWISHFUL THINKER (AUS) 114
ダノンスマッシュDANON SMASH (JPN) 114
タワーオブロンドンTOWER OF LONDON (JPN) 114
8 コンピューターパッチCOMPUTER PATCH (AUS) 112
ラタンRATTAN (NZ) 112
10 ジョリーバナーJOLLY BANNER (AUS) 110
ビッグパーティーBIG PARTY (AUS) 110
12 アメージングスターAMAZING STAR (NZ) 109
ストロンガーSTRONGER (AUS) 109
ファットタートルFAT TURTLE (AUS) 109
  • 注記:レーティングは現地主催者(香港ジョッキークラブ)発表のもので単位はポンド。

ジエベレストの覇者クラシックレジェンドが断然のトップ

11月13日付けで発表された最新のロンジンワールドベストホースランキングで、世界第4位タイに相当する125を保持するクラシックレジェンド(せん5歳)が、2位以下に5ポンド以上の差をつけて断然の首位に立っている。これは、10月17日にオーストラリア・ランドウィックで行われたジエベレスト(芝1200メートル)を2馬身1/2差で制した際に獲得した数字だ。なお、その前走まではランドウィックを拠点とするL.ブリッジ厩舎に所属していた同馬は、その後香港に転厩し、ここはC.ファウンズ厩舎の所属馬としての参戦となる。

昨年の香港スプリント(G1・香港。芝1200メートル)で2着となった際、今年3月にクラス1のハンデ戦(香港。芝1200メートル)を制した際、さらに、今年5月にシャティンヴァーズ(G3・香港。芝1200メートル)で2着になった際の、3度にわたって120を獲得しているホットキングプローン(せん6歳)が序列第2位。

第3位はここからさらに5ポンド開きがあって、レーティング115を持つ2頭が横並びとなっている。

4月のチェアマンズスプリントプライズ(G1・香港。芝1200メートル)で2着になった際に115を獲得したのがビッグタイムベイビー(せん6歳)で、4月の香スプリントC(G2・香港。芝1200メートル)を勝った際に115を獲得したのがヴォイッジウォリアー(せん5歳)である。

日本から参戦のダノンスマッシュ(牡5歳)とタワーオブロンドン(牡5歳)は、いずれもレーティング114で序列5位タイとなっている。

ダノンスマッシュは、3月にオーシャンS(GⅢ。芝1200メートル)を勝った際、5月に京王杯スプリングC(GⅡ。芝1400メートル)を勝った際、9月にセントウルS(GⅡ。芝1200メートル)を勝った際、10月にスプリンターズS(GⅠ。芝1200メートル)で2着となった際の、4度にわたって114を獲得。

タワーオブロンドンは、2019年のスプリンターズS(GⅠ。芝1200メートル)を制した際に117を獲得しているが、今季は勝利がなく、ここから3ポンド減じて114が現状との認識だ。

文:合田 直弘

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: