海外競馬発売

香港マイル(G1)

シャティン競馬場 1600メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月13日(日曜)
ネット投票:午前7時00分 UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間12月13日(日曜)午後4時50分

2020年香港マイルデータ分析

過去の香港マイルの結果から、レースの傾向を徹底分析

外枠が優勢

過去10年の香港マイル出走馬のゲート番別成績(フルゲートは14頭)を調べると、「8番から14番」組が8勝、2着4回、3着7回。また、勝率13.3%、連対率20.0%、3着内率31.7%と、各数値も「1番から7番」組を上回る成績を残している。最初のコーナーまでの距離が長く、外枠であってもレース序盤でスムーズにポジションを取りやすいことが影響していそうだ。〔表1〕〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
ゲート番別成績1(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
2 0 0 1 8 0% 0% 11.1%
3 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
4 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
5 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
6 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
7 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
8 0 0 0 10 0% 0% 0%
9 1 0 4 5 10.0% 10.0% 50.0%
10 1 2 2 5 10.0% 30.0% 50.0%
11 2 0 1 5 25.0% 25.0% 37.5%
12 1 2 0 5 12.5% 37.5% 37.5%
13 2 0 0 5 28.6% 28.6% 28.6%
14 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
ゲート番別成績2(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1〜7番 2 6 3 58 2.9% 11.6% 15.9%
8〜14番 8 4 7 41 13.3% 20.0% 31.7%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
ゲート番別成績3(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
大外 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%

下位人気馬にもチャンス

過去10年の香港マイル出走馬の単勝人気別成績を振り返ると、「1番人気」が2勝、「2番人気」が2勝、「3番人気」が勝ち星なしと、上位人気馬の信頼度がやや低い。その分、下位人気馬にもチャンスがあり、特に近年は2016年2着へレンパラゴン(8番人気、25.5倍)、3着ジョイフルトリニティ(9番人気、68.9倍)、2017年2着ウエスタンエクスプレス(13番人気、282.8倍)、2018年3着サザンレジェンド(8番人気、55.8倍)と人気薄の台頭も目立っている。〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2 2 3 3 20.0% 40.0% 70.0%
2番人気 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
4番人気 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
5番人気 1 1 1 9 8.3% 16.7% 25.0%
6〜9番人気 2 2 3 32 5.1% 10.3% 17.9%
10番人気以下 1 2 1 34 2.6% 7.9% 10.5%
注記:
2010年から2015年までの現地主催者発表の単勝オッズと、2016年から2019年までのJRA発表の単勝オッズを基準とした

5歳馬が好成績

過去10年の香港マイル出走馬の年齢別成績を見ると、昨年はアドマイヤマーズが「3歳」馬として2000年のG1昇格後では初となる優勝を果たしたが、傾向としては「5歳」馬が4勝、2着5回、3着3回と好成績。今年の5歳勢では、昨シーズンの香港4歳シリーズ3戦(香港クラシックマイル、香港クラシックC、香港ダービーで構成される香港調教の4歳馬限定の3競走)を全勝したゴールデンシックスティが有力候補に挙げられており、データ的にも要注目の1頭となる。性別成績にも着目すると、牝馬は2着1回(2018年ヴィブロス)、3着1回(2010年サプレザ)と、出走数が少ないとはいえ苦戦傾向にある。〔表5〕〔表6〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
年齢別成績(過去10年)
年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
3歳 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
4歳 1 4 2 24 3.2% 16.1% 22.6%
5歳 4 5 3 34 8.7% 19.6% 26.1%
6歳 3 0 4 23 10.0% 10.0% 23.3%
7歳 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
8歳 0 0 0 2 0% 0% 0%
9歳 1 0 0 0 100% 100% 100%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
性別成績(過去10年)
年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
牡馬・せん馬 10 9 9 89 8.5% 16.2% 23.9%
牝馬 0 1 1 10 0% 8.3% 16.7%

香ジョッキークラブマイル組は6着以下も要注意

過去10年の香港マイルで3着以内に入った馬の前走のレース別成績をチェックすると、香ジョッキークラブマイル組が7勝、2着7回、3着8回。本番に直結するステップレースとなっている。その香ジョッキークラブマイルの着順別による香港マイルの成績を見ると、1着だった馬が3勝、2着3回とまずまずの成績を収める一方、2着以下からの巻き返しも顕著。近2年は出走がなかったが、「(香ジョッキークラブマイル)6着以下」の馬からも好走馬が出ており、2011年のエイブルワンは8着から優勝。2016年2着のヘレンパラゴン、2017年2着のウエスタンエクスプレスはそれぞれ7着、8着から着順を大きく上げている。香ジョッキークラブマイル組は下位着順の馬のチェックも怠れない。〔表7〕〔表8〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕
香港マイル3着以内馬の前走レース(過去10年)
前走のレース 香港マイルにおける成績
1着 2着 3着
香ジョッキークラブマイル(G2・香港) 7 7 8
マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 1 0 2
安田記念(GⅠ) 1 0 0
富士S(GⅢ) 1 0 0
天皇賞(秋)(GⅠ) 0 1 0
ダニエルヴィルデンシュタイン賞(G2・フランス) 0 1 0
パース賞(G3・フランス) 0 1 0

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表8〕
前走香ジョッキークラブマイル組の同レースにおける着順別香港マイル成績(過去10年)
香ジョッキークラブマイルの着順 香港マイルにおける成績
1着 2着 3着
1着 3 3 0
2着 1 1 2
3着 1 0 2
4着 1 1 0
5着 0 0 2
6着以下 1 2 2

地元香港と日本の争い!?

過去5年の香港マイルで3着以内に入った馬の調教師および調教国をまとめたのが〔表9〕。香港調教馬が3勝、2着4回、3着5回と地の利も生かして優位に立っている。香港マイルが芝1600メートルで行われるようになった1999年以降、香港調教馬が3着以内を外したことは1度もなく、1着から3着までを独占した例はなんと6回もある。地元勢の中で目立つのが伯楽のJ.ムーア調教師だが、昨シーズン限りで香港でのキャリアを終えており、過渡期にある現在は2016年のビューティーオンリーなど香港マイル3勝の実績を持つA.クルーズ調教師や、2013年にグロリアスデイズで制したJ.サイズ調教師はもちろんのこと、他のトレーナーの台頭にも注意したい。近年は香港勢に日本調教馬が割って入る図式(2012年以降、香港調教馬以外で3着以内に入ったのは日本調教馬のみ)で、特に友道康夫調教師は2018年2着のヴィブロス、昨年1着のアドマイヤマーズと2年連続で連対している。

文:秋山 響(TPC)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表9〕
香港マイル3着以内馬の調教師と調教国(過去5年)
着順 馬名 調教師(調教国)
2015年 1 モーリス 堀 宣行(日本)
2 ジャイアントトレジャー R.ギブソン(香港)
3 エイブルフレンド J.ムーア(香港)
2016年 1 ビューティーオンリー A.クルーズ(香港)
2 ヘレンパラゴン J.ムーア(香港)
3 ジョイフルトリニティ J.ムーア(香港)
2017年 1 ビューティージェネレーション J.ムーア(香港)
2 ウエスタンエクスプレス J.サイズ(香港)
3 ヘレンパラゴン J.ムーア(香港)
2018年 1 ビューティージェネレーション J.ムーア(香港)
2 ヴィブロス 友道 康夫(日本)
3 サザンレジェンド C.ファウンズ(香港)
2019年 1 アドマイヤマーズ 友道 康夫(日本)
2 ワイクク J.サイズ(香港)
3 ビューティージェネレーション J.ムーア(香港)

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: