海外競馬発売

香港カップ(G1)

シャティン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月13日(日曜)
ネット投票:午前7時00分 UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間12月13日(日曜)午後5時30分

2020年香港カップデータ分析

過去の香港カップの結果から、レースの傾向を徹底分析

1桁番号のゲートが優位

過去10年の香港カップ出走馬のゲート番別成績(フルゲートは14頭)をチェックすると、スタート後すぐ1コーナーに入るコース設定の影響もあるのだろうか、ゲート番1桁組(1番から9番)が9勝、2着9回、3着9回の好成績を残している。2桁組(10番から14番)の頭数がそもそも少ないことは確かだが、勝率、連対率、3着内率においても1桁組が圧倒しており、1桁組優位とみたい。また、大外のゲートに入った馬は、昨年のウインブライトが1着、2011年のイリアンが2着と好走しているが、それぞれ8頭立て、10頭立てと少頭数によるレースだったことは押さえておきたい。〔表1〕〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕
ゲート番別成績1(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1 4 0 1 5 40.0% 40.0% 50.0%
2 0 3 1 6 0% 30.0% 40.0%
3 1 3 1 5 10.0% 40.0% 50.0%
4 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
5 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
6 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
7 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
8 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
9 0 1 1 7 0% 11.1% 22.2%
10 0 1 1 6 0% 12.5% 25.0%
11 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%
12 0 0 0 6 0% 0% 0%
13 0 0 0 2 0% 0% 0%
14 なし なし なし なし なし なし なし
注記:
14番ゲートは過去10年で出走なし

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕
ゲート番別成績2(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1〜9番 9 9 9 62 10.1% 20.2% 30.3%
10〜14番 1 1 1 20 4.3% 8.7% 13.0%
注記:
14番ゲートは過去10年で出走なし

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕
ゲート番別成績3(過去10年)
ゲート番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
大外 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%

上位人気馬を信頼

過去10年の香港カップ出走馬の単勝人気別成績を調べると、「1番人気」が5勝、「2番人気」が1勝、「3番人気」が2勝と、優勝馬10頭中8頭を1番人気から3番人気の馬が占めている。4番人気以下での優勝は2015年のエイシンヒカリ(9番人気)と2018年のグロリアスフォーエバー(4番人気)の2頭にとどまっており、1着候補は上位人気馬から選びたい。また近4年の3着以内馬12頭はいずれも1番から5番人気の支持を得ており、平穏な決着が目立っている。〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕
単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5 2 0 3 50.0% 70.0% 70.0%
2番人気 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 2 1 4 3 20.0% 30.0% 70.0%
4番人気 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0 2 0 8 0% 20.0% 20.0%
6〜9番人気 1 3 2 34 2.5% 10.0% 15.0%
10番人気以下 0 0 2 20 0% 0% 9.1%
注記:
2010年から2015年までの現地主催者発表の単勝オッズと、2016年から2019年までのJRA発表の単勝オッズを基準とした

連対率が高い牝馬を警戒

過去10年の香港カップ出走馬の年齢別成績をまとめたのが〔表5〕。「4歳馬」が5勝、「5歳馬」が3勝と、この2世代が優勢となっている。昨年は「5歳馬」のウインブライトが1着、「4歳馬」のマジックワンドが2着という結果だった。また、〔表6〕の性別成績を見ると、牝馬が1勝(2010年スノーフェアリー)、2着4回(2012年ジオフラ、2015年ヌーヴォレコルト、2018年ディアドラ、2019年マジックワンド)。出走数が少ないながらも、連対率と3着内率は41.7%と優秀なだけに警戒したい。

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕
年齢別成績(過去10年)
年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
3歳 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%
4歳 5 6 2 28 12.2% 26.8% 31.7%
5歳 3 1 3 26 9.1% 12.1% 21.2%
6歳 1 3 2 14 5.0% 20.0% 30.0%
7歳 0 0 1 6 0% 0% 14.3%
8歳 0 0 2 2 0% 0% 50.0%

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕
性別成績(過去10年)
年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
牡馬・せん馬 9 6 10 75 9.0% 15.0% 25.0%
牝馬 1 4 0 7 8.3% 41.7% 41.7%

香ジョッキークラブC組と天皇賞(秋)組に注目

過去10年の香港カップで3着以内に入った馬の前走を調べると、香ジョッキークラブC組が6勝、2着5回、3着4回と好成績を挙げている。そこでさらにその香ジョッキークラブCの着順別による香港カップの成績を見ると、両レースの連勝馬は1頭(2012年カリフォルニアメモリー)しかおらず、他の5頭は2着以下からの優勝となっていた。この組は巻き返しにも注意したい。また、香ジョッキークラブC組以外では、近5年で3頭の優勝馬(2015年エイシンヒカリ、2016年モーリス、2019年ウインブライト)を送る天皇賞(秋)組にも注目だ。〔表7〕〔表8〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕
香港カップ3着以内馬の前走(過去10年)
前走のレース 香港カップにおける成績
1着 2着 3着
香ジョッキークラブC(G2・香港) 6 5 4
天皇賞(秋)(GⅠ) 3 1 2
エリザベス女王杯(GⅠ) 1 1 0
府中牝馬S(GⅡ) 0 1 0
オペラ賞(G1・フランス) 0 1 0
マッキノンS(G1・オーストラリア) 0 1 2
チャンピオンS(G1・イギリス) 0 0 1
ローマ賞(G1・イタリア) 0 0 1

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表8〕
前走香ジョッキークラブC組の同レースにおける着順別成績(過去10年)
香ジョッキークラブCの着順 香港カップにおける成績
1着 2着 3着
1着 1 3 0
2着 2 1 2
3着 0 1 0
4着 1 0 1
5着 1 0 0
6着以下 1 0 1

逃げ馬に注意

過去5年の香港カップにおける残り800メートル地点での位置別成績を振り返ると、同地点で「先頭」の馬が3勝(2015年エイシンヒカリ、2017年タイムワープ、2018年グロリアスフォーエバー)と優秀な成績。直線に上り坂がないことに加えて、近年は少頭数の影響もあってか道中のペースも落ち着きやすく、先手を取るであろう馬には十分な注意を払いたい。〔表9〕

文:秋山 響(TPC)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表9〕
残り800メートル地点の位置別成績(過去5年)
残り800m地点の位置 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
先頭 3 0 0 2 60.0% 60.0% 60.0%
2〜5番手 1 2 5 12 5.0% 15.0% 40.0%
6〜9番手 0 2 0 17 0% 10.5% 10.5%
10番手以下 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: