海外競馬発売

凱旋門賞(G1)

パリロンシャン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上 牡・牝

発売開始時刻
日本時間10月4日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業再開情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間10月4日(日曜)午後11時05分

2020年凱旋門賞出走馬レーティング

10月2日(金曜)時点での情報を基に作成

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング 備考
1 エネイブルENABLE (GB) 128 牝馬
2 ストラディバリウスSTRADIVARIUS (IRE) 125
ペルシアンキングPERSIAN KING (IRE) 125
4 ジャパン【出走取消】JAPAN (GB) 122
5 サーペンタイン【出走取消】SERPENTINE (IRE) 120
ソットサスSOTTSASS (FR) 120
7 モーグル【出走取消】MOGUL (GB) 119
8 ソヴリン【出走取消】SOVEREIGN (IRE) 117
ディアドラDEIRDRE (JPN) 114 牝馬
10 ウェイトゥパリスWAY TO PARIS (GB) 116
11 インスウープIN SWOOP (IRE) 115
ゴールドトリップGOLD TRIP (FR) 115
ラービアーRAABIHAH (USA) 112 牝馬
14 シャシュナックCHACHNAK (FR) 108
ロイヤルジュリアスROYAL JULIUS (IRE) 108
  • 注記:ジャパン、ソヴリン、モーグル、サーペンタインは10月4日(日曜)6時30分出走取消
  • 注記:牝馬については、本競走の牝馬のアローワンス3ポンドを加算して順位を決めています。
  • 注記:レーティングの単位はポンド。
  • 注記:牝馬には本競走の牝馬のアローワンス3ポンド(グラフの赤色部分)を加算して表示しています。

昨年8月のヨークシャーオークス(G1・イギリス。芝2370メートル)を2馬身3/4差で制した際に獲得した128に、牝馬のアローワンス3ポンドを加味すると131になるエネイブル(牝6歳)が、首位に立った。同馬は、2017年に凱旋門賞を制した際にも、128を獲得した実績がある。なお今季の出走機会に限れば、7月25日にアスコットで行われたキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス。芝2390メートル)を5馬身半差で制した際に獲得した124が、同馬のベストパフォーマンスとなっている。

第2位は、レーティング125で2頭の牡馬が横並びだが、獲得した数字はいずれも異なる距離カテゴリーで得たものだ。
9月6日にパリロンシャンで行われたムーランドロンシャン賞(G1・フランス。芝1600メートル)を1馬身3/4差で制した際に125を得たのがペルシアンキング(牡4歳)で、6月にアスコットで行われたアスコットゴールドC(G1・イギリス。芝3990メートル)を10馬身差で制した際に125を獲得したのがストラディバリウス(牡6歳)だ。前者はMコラム、後者はEコラムでの評価である。
なお、ペルシアンキングはLコラムでの出走経験がなく、一方でストラディバリウスは、今年6月にコロネーションC(G1・イギリス。芝2400メートル)で3着になった際と、今年9月にフォワ賞(G2・フランス。芝2400メートル)で2着となった際に、いずれも117を獲得している。

7月5日にサンダウンで行われたエクリプスS(G1・イギリス。芝1990メートル)で、勝ち馬ガイヤースから2馬身半差の3着に入った際に122を獲得したジャパン(牡4歳)が、序列第4位となっている。

ディアドラ(牝6歳)は、昨年12月の香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)で4着になった際と、今年7月のエクリプスSで5着になった際に、いずれも114を獲得。これに牝馬のアローワンス3ポンドを加味して117となり、序列8位タイとなっている。ちなみに同馬は、昨年のナッソーS(G1・イギリス。芝1980メートル)を制した際に115を獲得している。

文:合田 直弘

レーティングの距離区分は以下のとおり

  • S【Sprint】
    1000メートルから1300メートル〔1000メートルから1599メートル(CAN/USA)〕
  • M【Mile】
    1301メートルから1899メートル〔1600メートルから1899メートル(CAN/USA)〕
  • I【Intermediate】
    1900メートルから2100メートル
  • L【Long】
    2101メートルから2700メートル
  • E【Extended】
    2701メートル以上

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: