海外競馬発売

凱旋門賞(G1)

パリロンシャン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上 牡・牝

発売開始時刻
日本時間10月4日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業再開情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間10月4日(日曜)午後11時05分

2020年凱旋門賞前哨戦紹介

  • 注記:太字は凱旋門賞出走予定馬
  • 注記:9月30日(水曜)時点での情報を基に作成
  • 注記:ジャパン、ソヴリン、モーグル、サーペンタインは10月4日(日曜)6時30分出走取消

フォワ賞(G2)

2020年9月13日(日曜) フランス・パリロンシャン競馬場

芝2400メートル 6頭 良

優勝アンソニーヴァンダイク(牡4歳)

勝ちタイム2:33.27

  • 騎手:M.バルザローナ 調教師:A.オブライエン(IRE)
  • 2着 ストラディバリウス 短クビ
  • 3着 ナガノゴールド 1馬身1/4
  • 5着 ウェイトゥパリス

凱旋門賞(G1・フランス)と同コース同距離で争われる古馬の前哨戦は6頭立てとなった。人気はエネイブルと同じイギリスのJ.ゴスデン厩舎が管理する長距離王ストラディバリウスで、単勝オッズ1.7倍。昨年の英ダービー(G1・イギリス。芝2410メートル)勝ち馬で、それ以来7戦して勝ち鞍のないアンソニーヴァンダイクが4.9倍、6月のサンクルー大賞(G1・フランス。芝2400メートル)で待望のG1タイトルを掴んだ7歳のウェイトゥパリスは5.1倍となった。

レースはM.バルザローナ騎手が初めて手綱を握るアンソニーヴァンダイクが、意表を突いた逃げから直線もしぶとく粘って優勝。約1年3か月ぶりの勝ち星を飾った。ストラディバリウスは2番手を追走、ステイヤーらしい息の長い追い込みを見せたが、勝ち馬に短クビ差及ばず2着まで。後方を追走したナガノゴールドが3着に食い込み、ウェイトゥパリスは5着に沈んだ。良馬場の勝ちタイムは2分33秒27だった。

アンソニーヴァンダイクは昨年の英ダービー以来の白星。英ダービー優勝後、愛ダービー(G1・アイルランド)でソヴリンの2着に入り、秋は凱旋門賞を回避してブリーダーズCターフ(G1・アメリカ)と香港ヴァーズ(G1・香港)を転戦したが、前者ではブリックスアンドモルタルの3着、後者ではグローリーヴェイズの12着に惨敗。今年はコロネーションC(G1・イギリス)からスタートしてガイヤースの2着となり復調の兆しを見せたが、続くロイヤルアスコット開催のハードウィックS(G2・イギリス)では1番人気に推されるも伸びきれず5着。挑戦が予定されていたキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)は、直前の血液検査の結果が思わしくないことを理由に回避。中間立て直してフランス入りし、初騎乗となったM.バルザローナ騎手を鞍上に迎えて長いトンネルを抜けた。凱旋門賞の前売りオッズは15倍から26倍となっている。

一方、僅差の2着となったストラディバリウスは、6歳にして初の凱旋門賞挑戦。芝3200メートルのグッドウッドC(G1・イギリス)を4連勝、芝3990メートルのアスコットゴールドC(G1・イギリス)を3連勝するなど、近年屈指の長距離の名馬としてヨーロッパ競馬に君臨しているが、オーナーの要望によって2400メートルの大舞台に臨むこととなった。今年は古馬2400メートル戦線の幕開けとなるコロネーションCでガイヤースの3着に入っており、2着ながら僅差で食い下がったフォワ賞は、収穫の多い前哨戦となった。凱旋門賞は15から17倍の穴人気となっている。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: