日高育成牧場

 わが国最大の馬産地日高地方にある、JRAの生産育成研究拠点です。約1,500haの牧場敷地内には、120haのグラス馬場をはじめ、40haの坂路グラス馬場、1,600mと1,200mの直線砂馬場、総延長2,400mの坂路グラス馬場、1,000m屋内直線ウッドチップ馬場等の調教施設を備えた日高育成総合施設も含み、四季を問わず多彩な調教が可能です。

宮崎育成牧場

 約30haの敷地に、1周1,600mと500mの砂馬場2面、約9.5haの放牧地および約2.5haの採草地を備えます。
 年間を通じ温暖な気候を背景に、夏はバヒアグラス、冬はイタリアンライグラスのウインターオーバーシーディングにより、1年中放牧地を緑に維持しています。冬季における馬場凍結の心配がないので、調教スケジュール通りにトレーニングが行え、冬季から春季にかけての育成には最適の地であるといえます。

育成馬展示会

 各育成牧場では、売却に先立ち、育成馬の展示会を開催します。育成馬を一頭ずつ展示して紹介しますので、育成状態を直接確かめていただくことができます。

【2017年の展示会開催日程】

・宮崎育成牧場  2017年4月 4日(火)10時より開催  電話:0985−25−3448

・日高育成牧場  2017年4月10日(月)10時より開催  電話:0146−28−1211

詳細は各育成牧場までお問い合わせください。