JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 トピックス&コラム
トピックス&リポート
ブログ&FAN
競馬コラム
新馬・クラシック情報
出馬表・カラーページデータ
伝説のジョッキー
Racing Topics
GI ヘッドライン
ハナムケ君
競馬人間交差点
名馬の肖像
その他コラム
ビデオギャラリー
広告ギャラリー
Power Pays Futurity Stakes
パワーペイズフューチュリティステークス(G1)
2007/3/3 豪・コーフィールド競馬場 芝 1600m 3歳以上

2007年のアジア・マイル・チャレンジは、波瀾の幕開けとなった。3月3日に豪州のコーフィールドで行われた第1戦のG1フューチュリティSが、予想外の決着となったのだ。
ここで単勝1.6倍という圧倒的1番人気に推されていたのは、エルセグンド(せん6歳)だった。5歳春にコーフィールドのヤランバSを制して重賞初制覇をG1で飾ったエルセグンドは、6歳を迎えた今季になって更に充実。ここまで8戦して重賞ばかり4勝。2月10日にコーフィールドで行われた前走のオールS(G1・1400m)も楽勝しており、絶好調でここへ臨んでいた。しかもここまで制した5重賞のうち4重賞は舞台がコーフィールドで、フューチュリティSはエルセグンドのためのレースというのが、戦前の下馬評だったのだ。
そのエルセグンド、レース前半は後方に控え、直線に入って末脚を伸ばすのはいつもながらのレース振りだったが、この日は前に行った馬たちがしぶとく、追い込んだものの3着確保が精一杯で、ファンの期待を裏切ることになった。
苦しむ大本命馬を尻目に、スタートから先手を取り、そのまま逃げきったのが、エルセグンドと同世代の牝馬アクアダモーレだった。5歳春に2100mのG3エクリプスSを勝って重賞初制覇を果たしたアクアダモーレ。その後、1600mのG2ヴィリアーS,2400mのG3サマーCも制して重賞3連勝を果たし、一気にトップクラスに登りつめたが、その後は良い競馬をするものの勝ちきれないレースが続いており、2006年1月から前走まで15戦して勝ち星なしというのが最近の成績だった。惜しかった競馬の中には、昨年10月のG1コーフィールドCで、日本から遠征したデルタブルース(3着)に先着しての2着という成績もあったから、日本のファンに中にもその名をご記憶だった方も多いはずだ。
確かに地力のある牝馬だが、ここでのG1初制覇は、多分に展開に恵まれてのものと見て良さそうである。
(合田直弘)
着順 馬番 ゲート番 馬  名 性齢 重量 調教師 騎 手 タイム
・着差
1 6 6 アクアダモーレ
(AQUA D'AMORE)
牝6 56.5 G.ウォーターハウス S.バスター 1:35.71
2 7 7 シーチェンジ
(SEACHANGE)
牝5 56.5 R.マニング M.ロッド 1 1/4
3 1 4 エルセグンド
(EL SEGUNDO)
せん6 59 C.リトル D.オリヴァー 1 1/4
4 5 2 レッドダズラー
(RED DAZZLER)
牡5 59 M.プライス S.キング  
5 2 3 ラッドオブザマナー
(LAD OF THE MANOR)
せん7 59 R.ホイステッド C.ニューイット  
6 3 1 ニコネロ
(NICONERO)
せん6 59 D.ヘイズ B.ロウィラー  
7 4 8 メイビーベター
(MAYBE BETTER)
せん5 59 B.メイフィールドスミス S.アーノルド  
8 8 5 アナマート
(ANAMATO)
牝4 53.5 D.ヘイズ C.ウイリアムズ

2007年
香港カップ
香港マイル
香港ヴァーズ
香港スプリント
メルボルンカップ
ブリーダーズカップクラシック
ブリーダーズカップターフ
コックスプレート
カナディアンインターナショナル
凱旋門賞
セントレジャー
愛チャンピオンS
バーデン大賞
アーリントンミリオン
KジョージY&QエリザベスS
アメリカンオークス
キャッシュコールマイル
愛ダービー
ゴールデンジュビリーS
キングズスタンドS
ベルモントS
仏ダービー
英ダービー
シンガポール・エアラインズIC
プリークネスS
ケンタッキーダービー
2000ギニー
クイーン・エリザベスII世C
チャンピオンズマイル
ドバイ・ワールド・カップ
ドバイ・デューティ・フリー
ドバイ・シーマ・クラシック
ドバイ・ゴールデン・シャヒーン
UAEダービー
ゴドルフィン・マイル
フューチュリティS
オーストラリアS
ライトニングS

2012年
バックナンバー2011年
バックナンバー2010年
バックナンバー2009年
バックナンバー2008年
バックナンバー2006年