JRAニュース

2019年9月8日

  • レース・馬・騎手など

2019凱旋門賞(G1)他 フランス遠征馬の近況(9月7日(土曜))

10月6日(日曜)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントをお知らせいたします。

凱旋門賞(G1)(芝・2,400メートル)

キセキ号(牡5歳 栗東・角居 勝彦厩舎)

本日(現地時間9月7日(土曜))の調教状況

エーグル調教場(芝周回コース)

追い切り 約8ハロン(1,600メートル) 単走

C.スミヨン騎手 騎乗

  • C.スミヨン騎手のコメント

    何も言うことないです。今日はリラックスしてとてもバランスよく動けていました。この状態をキープしていければ良いと思います。

  • 清山 宏明調教助手のコメント

    思ったよりもリラックスできて環境に馴染むのが早かったです。今日はスミヨン騎手にどういう馬か把握してもらうために乗ってもらいました。馬の状態も良くて心配することなく順調にきていると思います。前向きな気持ちでレースに向かっていけると思います。

【キセキ号の登録状況】

フォワ賞(G2)
9月15日(日曜)パリロンシャン競馬場(フランス)2,400メートル(芝・右)

凱旋門賞(G1)
10月6日(日曜)パリロンシャン競馬場(フランス)2,400メートル(芝・右)

ページトップへ戻る
表示モード: