JRAニュース

2017年12月28日

  • レース・馬・騎手など

2017年度「民放競馬記者クラブ賞」は武藤 雅騎手が受賞

2017年度「民放競馬記者クラブ賞」は、武藤 雅騎手(美浦・水野 貴広厩舎)に決定しましたのでお知らせいたします。
なお、授賞式は2018年1月6日(土曜)第1回中山競馬第1日のお昼休みに中山競馬場で行う予定です。

2017年度「民放競馬記者クラブ賞」

武藤 雅騎手(美浦・水野 貴広厩舎)

(選考理由)

今年デビューした武藤 雅騎手は24勝を挙げました。これは関東のみならず、東西を通じてトップの成績であり、8月27日(日曜)の新潟競馬では1日3勝をあげたこと、また、人気薄の馬でたびたび場内を沸かすなどファンに大きくアピールした点を高く評価しました。なお、武藤騎手は、1986年に10勝をあげ受賞した武藤 善則騎手(現・調教師)の長男で、史上初の親子受賞となります。

  • 武藤 雅騎手のコメント

    ありがとうございます。たくさんのいい馬に乗せていただきながら、なかなか結果を出すことができず、また、目標としていた50勝に届かず、悔しい気持ちでいっぱいです。水野先生はじめ、まわりの方々には本当に良くしていただき、恵まれた環境で、感謝の気持しかありません。来年は、毎週1勝以上を目標に、重賞やGⅠレースにも出場したいと思っています。これからも、応援よろしくお願いします。

  • 注記:民放競馬記者クラブ賞は、顕著な成績を残した関東の新人騎手に贈られています。
ページトップへ戻る
表示モード: