JRAニュース

2017年5月30日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ヴィクトリアマイル(GI)及び安田記念(GI)優勝馬等に対するジャックルマロワ賞(G1)への優先出走権付与について

この度、ヴィクトリアマイル(GI)〔5月14日(日曜)東京競馬場・芝1,600m〕及び安田記念(GI)〔6月4日(日曜)東京競馬場・芝1,600m〕が、フランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(G1)〔8月13日(日曜)・芝1,600m〕の優先出走権付与対象競走に指定されることとなりましたので、お知らせいたします。

ヴィクトリアマイル(GI)及び安田記念(GI)優勝馬、2着馬、3着馬に付与される特典

  1. 当該年のジャックルマロワ賞(G1)への優先出走権
  2. 当該年の同競走に関する登録料(合計4,540ユーロ)の免除

ジャックルマロワ賞(G1)の概要

1921年に創設されたジャックルマロワ賞は、現在3歳以上混合のマイルレースとなっており、2013年から2015年においては、平均レースレーティング121を獲得し、ヨーロッパのマイルレースとしては最高のレーティングを獲得しました。
2017年のジャックルマロワ賞は、8月13日(日曜)にドーヴィル競馬場で行われます。
2016年のジャックルマロワ賞には、優勝したリブチェスターの他、英2000ギニー馬ガリレオゴールド、(2015年)仏1000ギニー馬エルヴェディア、(2015年)ジャックルマロワ賞馬エゾテリックの3頭のGI馬に加え、後にムーランドロンシャン賞を制したヴァダモスが出走するなど、ムーランドロンシャン賞と並ぶフランスのマイル最高峰のレースの一つです。

実施日・競馬場
8月13日(日曜) ドーヴィル競馬場
競走条件
3歳以上牡・牝 芝1,600m
負担重量
3歳馬:56.5kg、4歳以上馬:59.5kg
賞金総額
700,000ユーロ(約8,400万円)※1ユーロ=120円
1着:399,980ユーロ
2着:160,020ユーロ
3着:80,010ユーロ
4着:39,970ユーロ
5着:20,020ユーロ
登録締切日(登録料)
登録 7月26日(水曜)(4,540ユーロ)
  • ※別途、追加登録制度あり。

関係者コメント

  • フランスギャロ(※)事務総長 オリヴィエ・デロワ氏

    JRAとフランスギャロの関係をさらに強化することができて、本当にうれしく思います。我々は毎年凱旋門賞に日本馬を迎えること、そして昨年エイシンヒカリがイスパーン賞を勝ったように、日本馬が凱旋門賞以外のレースに参戦して勝つことを大変光栄に思っています。かつて、日本調教馬のタイキシャトルがジャックルマロワ賞を制した時は一大センセーションを巻き起こしました。それから20年たった今もなおこのレースは依然として国際的なマイルレースの頂点に位置しています。歴代の優勝馬には、ミエスク、ゴルディコヴァ、ドバウィ、マクフィなどの偉大なチャンピオンが含まれています。また、ヨーロッパの全年齢の優れたマイル適性馬が集うレースでもあり、未来の種牡馬にとって非常重要なレースでもあります。今年は、1頭またはそれ以上の日本馬を迎え、このレースの国際的な地位をより強固なものとできることをうれしく思います。

  • ※フランスギャロは、フランスの平地・障害競走を代表する競馬統括団体で、オートゥイユ、シャンティイ、ドーヴィル、ロンシャン、メゾンラフィット、サンクルーの6つの競馬場を所有しています。
  • JRA理事長 後藤正幸

    春に行われる1,600mのGI競走であるヴィクトリアマイルと安田記念の1〜3着馬に対し、ジャックルマロワ賞の優先出走権が付与されることとなり、大変嬉しく光栄に存じます。ジャックルマロワ賞は直線のマイル競走として世界有数の高名な競走で、1986年にギャロップダイナがこの競走に日本調教馬として初めて挑戦し、1998年にタイキシャトルが勝利を収めたことは今も心に残っています。両馬ともに安田記念を制覇した後にジャックルマロワ賞に出走しており、今回の提携は非常に調和のとれたものだと思います。フランスと日本の強い絆に感謝するとともに今後この素晴らしい関係をより強固なものにしていきたいと考えております。

ページトップへ戻る
表示モード: