JRAニュース

2017年2月26日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(2月26日)

第2回中山第2日(2月26日(日))

田中 博康騎手 最終騎乗を終えてのコメント

田中 博康騎手(美浦:フリー)は、中山8R(13番ミラクルウィング号・4着)が最後の騎乗となりました。

  • コメント

    小さい頃にGIを見てこの世界に憧れて入ってきました。いい思いもしましたし、逆に苦しい思いをしたことで良かったと思えることもあり、本当に幸せな騎手生活でした。デビュー初勝利のタイキエンデバーや、GIを勝たせてもらったクィーンスプマンテなど、どの馬も思い出に残っています。ファンの時に競馬を見て震えるような感動を味わったので、そういった馬を育てていけるよう頑張りたいです。立場は変わりますが、お客様に競馬を楽しんでいただくために貢献していきたいと思っていますので、調教師になっても応援よろしくお願いします。

成島 英春調教師 引退

2月28日(火)をもって引退する成島 英春調教師(美浦)は、阪神4R(12番トーセンスラッガー号(小野寺 祐太騎手)・11着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    競馬ファンの皆様のご支援があって、卒業することができました。私がここまでこられたのは、妻の応援があったからだと思います。何度くじけそうになっても妻から『男なら最後までやったら』と言われたことや、また、オーナーの皆様らのおかげでここまでやってくることができました。これからも競馬をよろしくお願いします。

菅原 泰夫調教師 引退

2月28日(火)をもって引退する菅原 泰夫調教師(美浦)は、中山12R(9番ダンディーレイ号(田中 勝春騎手)・2着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    13歳からこの社会に入って、57年全うすることができました。ファンの皆様、馬主の皆様、厩舎関係者の温かいご支援があったから長くできたのだと思います。引退しますが、馬が大好きで、馬から離れることはできないので、近くで馬を見させてもらおうと思っています。競馬場にもたまには来ますので、これからもよろしくお願いします。


第1回阪神第2日(2月26日(日))

  • 出走取消
    6R

    1番 メイショウサチシオ号(武 幸四郎騎手)
    左後肢跛行のため

  • 競走中止
    4R

    9番 シャイニーサンダー号(浜野谷 憲尚騎手)
    3号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

    8番 トーセンペンタゴン号(五十嵐 雄祐騎手)
    疾病を発症したため、2周目2コーナーで競走を中止
    馬:右前肢跛行
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    12R

    1番 エイシンペペラッツ号(武 豊騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • 騎手変更
    4R

    6番 ゴールドバンカー号
    石神 深一騎手(60.0kg)⇒熊沢 重文騎手(60.0kg)

    落馬負傷のため

長浜 博之調教師 引退

2月28日(火)をもって引退する長浜 博之調教師(栗東)は、阪神9R(4番レイトブルーマー号(松若 風馬騎手)・4着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    馬主・牧場・騎手・調教師・厩舎スタッフ、そしてファンの皆さん、本当に多くの関係者の方々に支えていただけたおかげで調教師を約30年続けてこられたと思います。とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

坪 憲章調教師 勇退

2月28日(火)をもって勇退する坪 憲章調教師(栗東)は、阪神12R(2番アイファーサラオー号(国分 優作騎手)・8着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    最後のレースを無事終えられて、調教師生活も無事終えられたことで十分務めを果たすことが出来たと思います。ここまで頑張れたのも関係者の皆さんのおかげだと感謝しています。

和田 竜二騎手 JRA通算15,000回騎乗達成!

12Rで、4番アドマイヤムテキ号に騎乗した和田 竜二騎手(栗東:フリー)は、史上13人目・現役10人目のJRA通算15,000回騎乗を達成しました。

  • コメント

    多くの騎乗依頼をいただけているおかげですので、関係者の皆さんに感謝しています。これからも技術向上に努めていきますので、引き続き応援よろしくお願いします。

武 幸四郎騎手 引退式

武 幸四郎騎手(栗東:フリー)は、阪神12R(3番メイショウオオカゼ号・9着)が最後の騎乗となりました。

  • コメント

    たくさんのファンの皆さんに残っていただいて、最高の形で騎手人生を終えられました。印象に残るレースは1つに絞ることは出来ません。今日乗っていても馬から教えられたことがあり、その繰り返しの20年でした。とにかく今日までは全力で騎乗することに集中していたので、調教師になってからのことについて今は答えられません。20年間周りの皆さんに恵まれて、本当に感謝しています。次は調教師として馬を送り出す立場になりますが、これまでたくさんの馬に教えられたことを、これから出会う馬に活かしていきたいと思います。競馬場で引き続き応援よろしくお願いします。


第1回小倉第6日(2月26日(日))

  • 競走中疾病
    7R

    10番 スターペスカンタ号(☆岩崎 翼騎手)
    競走中に鼻出血を発症

ページトップへ戻る
表示モード: