JRAニュース

2017年1月15日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事、明日・明後日の取消・変更等(1月15日)

今日の出来事

第1回中山第5日(1月15日(日))

モーリス号の引退式が行われました。
  • 馬主 吉田 和美氏のコメント

    本日はお寒い中、モーリス号の引退式においでいただきまして、ありがとうございます。堀先生のご提案で、『ファンの代表の方々と写真撮影をする』という今までにない形で引退式ができました。皆様とご一緒にこの引退式という空間を共有できますこと、大変嬉しく存じます。
    モーリスはとてもかしこい馬で、内面も表情も本当に面白い馬でした。昨年春までは、勝つとドヤ顔で帰ってきましたが、ラストランの香港では、目を横に引いて気取ってフッと笑う馬になっていました。ムーアジョッキーに教え込まれたのでしょうか?
    今後、モーリスは社台スタリオンステーションで種牡馬になります。理性も知性も兼ね備えたモーリスに似た走る仔を出してくれることを心待ちにしたいと思います。モーリスは、この後すぐに北海道に旅立ちます。皆様に最後まで見送っていただき、本当に幸せな馬でございます。
    今までモーリスを応援くださいましたこと、深く感謝申し上げます。

  • 堀 宣行調教師のコメント

    今日の引退式は、モーリスの最後の競走が香港であったことから、今まで応援していただいたファンの皆様に感謝の気持ちを表したいというオーナーの思いにより実現しました。
    現在、モーリスは種牡馬入りの準備のため、競走に出走させる時とは異なった体調管理を行っている関係上、従来までとは違う形での引退式となりました。そのため、協力してくださった方々の特別な配慮により、無事に開催できたことに感謝しております。モーリスが素晴らしい競走生活を送ることができたのは、モーリス自身が様々な状況を乗り越えて進化していったことが一番ですが、それをサポートしてくださったノーザンファームのスタッフ、競走で騎乗してくれた騎手の協力がとても大きかったと思っています。
    調教師としては、モーリスが競走馬として完成する前に引退することは、馬にも関係者にもファンにも申し訳ない気持ちで一杯ですが、モーリスの弟、妹やこれから生まれてくるであろう産駒にこの経験を生かし、モーリスを越えるような競走馬を育てていければと思います。今まで応援してくださったファンの皆様、ありがとうございました。

  • ライアン・ムーア騎手のコメント(ビデオメッセージ)

    モーリスの引退にあたり、メッセージを送りたいと思います。モーリスは、ずば抜けた馬体の持ち主でした。また非常に聡明で、いつもレースに勝ちたいという強い気持ちを持っていました。レースでは、こちらの意のままに走ってくれて、常に全力を出し切ってくれました。私は幸運にも、競走馬としての彼の卓越した能力を知る機会に恵まれましたが、彼の素晴らしい馬体や強いハート、そして聡明さから、第二の人生も必ず成功することと思います。モーリスの今後の活躍を祈っています。

  • 川田 将雅騎手のコメント(メッセージを司会者が代読)

    2歳の時、初めて乗せていただいた時から素晴らしい背中をしていて、将来出世するんだろうと思いました。久しぶりに乗せていただいた安田記念で、返し馬で走り出した瞬間に『絶対に負けない』と感じました。それほど素晴らしい背中をしていました。その後の世界を舞台にした圧倒的なパフォーマンス。最後のレースの後、『乗るごとに進化する』と言ったR.ムーア騎手のコメントを聞き、どんな背中を、どんな走りをしたのか興味は尽きませんが、これだけの馬の背中を味わえたことが僕にとって大きな財産です。ありがとうございました。そして無事に第二の馬生を歩めることを、心よりお喜び申し上げます。

  • ジョアン・モレイラ騎手のコメント(ビデオメッセージ)

    モーリスの引退にあたりお別れのメッセージを送りたいと思います。
    まず私にとって、彼はとても特別な存在です。また関係者の皆様が、彼のような能力に溢れた馬に騎乗する機会を私に与えてくれ、大変嬉しく思っております。彼はとにかく素晴らしく、素直で、レースでは常に持っている全ての力を出し切ってくれました。私は彼の優秀な遺伝子が次の世代に受け継がれていくと確信しています。彼に騎乗する機会を与えてくれた関係者の皆様に改めて感謝いたします。そして、モーリスの種牡馬としての第二の人生が成功することを願っています。繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。

  • 引退式の様子

  • 競走中止
    5R

    6番 ペイシャムーン号(▲野中 悠太郎騎手)
    向正面で右鐙を踏み外し、騎手がバランスをくずし落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

  • キングカメハメハ産駒 史上最速JRA通算1,500勝達成!

    7Rで、15番ハイブリッドダンス号(蛯名 正義騎手)が1着となり、キングカメハメハ産駒のJRA通算勝利数が1,500勝となりました。
    これは、JRA史上5頭目の記録となります。また、産駒初出走日から8年6ヶ月26日での1,500勝達成は、サンデーサイレンスの8年8ヶ月19日を更新するJRA史上最速記録となります。


今日の出来事

第1回京都第5日(1月15日(日))

明後日の取消・変更等

第1回京都第5日[代替競馬](1月17日(火))

  • 1月17日(火)に行われる第1回京都第5日[代替競馬]の出馬表は、1月16日(月)の10:40頃に確定します。 確定後に発生した出走取消、騎手変更は、「開催お知らせ」に掲載いたします。


今日の出来事

第1回中京第2日(1月15日(日))

明日の取消・変更等

第1回中京第2日[代替競馬](1月16日(月))

  • 出走取消
    9R

    4番 ミッキーデータ号(藤岡 佑介騎手)
    創傷性左角膜炎のため

ページトップへ戻る
表示モード: