JRAニュース

2016.12.18

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事

第5回中山第6日(12月18日(日))

  • 出走取消
    2R

    1番 マスラオ号(勝浦 正樹騎手)
    感冒のため

  • 騎手変更
    11R

    11番 ライズトゥフェイム号
    吉田 隼人騎手(56.0kg)⇒石川 裕紀人騎手(56.0kg)

    負傷のため

中野 栄治調教師 JRA通算200勝達成!

12Rで、4番オートクレール号(黛 弘人騎手)が第1着となり、中野 栄治調教師(美浦)は現役107人目のJRA通算200勝を達成しました。

  • コメント

    達成するまでに時間が掛かってしまいました。厩舎に携わってくれている全ての方々に感謝します。


第5回阪神第6日(12月18日(日))

  • ディープインパクト産駒 JRA通算勝利数単独第8位

    8Rで、10番ナムラケイト号(内田 博幸騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1,273勝となりました。
    これは、産駒のJRA通算勝利数でパーソロン号の1,272勝を上回り、単独第8位となる記録です。

松山 弘平騎手 JRA通算400勝達成!

12Rで、13番コウエイエンブレム号に騎乗し第1着となった松山 弘平騎手(栗東:フリー)は、現役38人目のJRA通算400勝を達成しました。

  • コメント

    素直に嬉しいです。(JRA通算400勝に)2週間前にリーチをかけていたのに、先週、昨日と勝てなくて、今日も最終レースまで勝てなかったので少し意識していました。(地元の阪神競馬場で節目の勝利を達成して)小さい頃からこの場所で育ってきたので、ここで決めることができて嬉しいです。数もたくさん、良い馬にもたくさん乗せていただいているのに、自分の技術が足りなくて勝てていないレースもあります。今後は次の1勝を目指し、またGIなど大きなレースで結果を残していきたいです。これからも皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第68回朝日杯フューチュリティステークス(GI)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。
この賞は、世界主要GIレースのパドックにおいても行われている、“もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩務員”の努力を称え表彰する賞です。

受賞者

クリアザトラック号 米田 豊厩務員(角居 勝彦厩舎)

審査委員

松田 丈志氏(元競泳日本代表)

中尾 正氏(元JRA調教師)

  • 受賞者 米田 豊厩務員のコメント

    本日は馬とともに楽しみながらパドックを歩くことができました。普段から厩舎全体で取り組んでいる人馬の関係づくりの成果を評価していただけたものと思っています。


第4回中京第6日(12月18日(日))

  • 出走取消
    1R

    16番 キクノフェリックス号(石橋 脩騎手)
    右寛跛行のため

  • 騎手変更
    7R

    14番 トウカイクローネ号
    △義 英真騎手(55.0kg)⇒▲荻野 極騎手(54.0kg)

    8R

    7番 ヤマカツサファイヤ号
    △義 英真騎手(52.0kg)⇒☆鮫島 克駿騎手(53.0kg)

    10R

    7番 スナークスカイ号
    義 英真騎手(56.0kg)⇒荻野 極騎手(56.0kg)

    負傷のため

2016年中京競馬リーディングジョッキーは、福永 祐一騎手!

福永 祐一騎手(栗東:フリー)は、2016年中京競馬で21勝をあげ、2016年中京競馬リーディングジョッキーとなりました。

【2016年中京競馬リーディングジョッキー順位】
2016年中京競馬リーディングジョッキー順位
1位 福永 祐一騎手 (21勝、2着 6回、3着 8回)
2位 藤岡 康太騎手 (14勝、2着 26回、3着 18回)
3位 川田 将雅騎手 (13勝、2着 4回、3着 7回)
ページトップへ戻る
表示モード: