JRAニュース

2016.11.27

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事

第5回東京第8日(11月27日(日))

  • ディープインパクト産駒 JRA通算勝利数単独第9位

    7Rで、8番サトノアレス号(R.ムーア騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1,259勝となりました。
    これは、産駒のJRA通算勝利数でヒンドスタン号の1,258勝を上回り、単独第9位となる記録です。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第36回ジャパンカップ(GI)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。
この賞は、世界主要GIレースのパドックにおいても行われている、“もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩務員”の努力を称え表彰する賞です。

受賞者

サウンズオブアース号 新妻 一男厩務員(藤岡 健一厩舎)

審査委員

サイモン・イプ氏(香港ジョッキークラブ会長)

松山 康久氏(元JRA調教師)

審査基準

『馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか。』

  • 受賞者 新妻 一男厩務員のコメント

    本日は、このような賞をいただき光栄です。普段の取組みが評価され、嬉しく思います。この賞を励みにさらに頑張っていきたいと思います。


第5回京都第8日(11月27日(日))

  • 出走取消
    10R

    8番 クリノコマチ号(松若 風馬騎手)
    蕁麻疹のため

  • 競走中止
    8R

    7番 ワースムーン号(☆加藤 祥太騎手)
    発走後まもなく疾病を発症したため競走を中止
    馬:左大腿骨々折 ※予後不良
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    12R

    5番 アンナミルト号(酒井 学騎手)
    競走中に鼻出血を発症

ページトップへ戻る
表示モード: