JRAニュース

2016.10.15

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ダンスパートナー号が死亡

第56回優駿牝馬(GI)(1995年)、第21回エリザベス女王杯(GI)(1996年)を優勝し、現役引退後は社台ファーム(北海道千歳市)において繁殖牝馬として供用され、繁殖引退後も引き続き同牧場に繋養されていたダンスパートナー号(牝・24歳)は、10月14日(金)、蹄葉炎のため死亡したとの連絡がありましたので、お知らせいたします。

  • 社台ファーム場長 池田充氏のコメント

    オークス(GI)を勝ったことはもちろんですが、フランス遠征で敗れはしたもののヴェルメイユ賞(G1)で一番人気に推されたことが、驚きとともにとても嬉しかったことを覚えています。母としても重賞勝ち馬のフェデラリストを輩出するなど、20歳を超えるまでよく頑張ってくれました。この血統をこれからも大切に育てていきたいと思います。

ダンスパートナー号

ダンスパートナー号
生年月日: 1992年5月25日
毛色: 鹿毛
産地: 北海道千歳市
血統: 父  サンデーサイレンス
母  ダンシングキイ
母父 Nijinsky
母母 Key Partner
競走成績: 25戦4勝(うち海外3戦0勝)
主な勝鞍: 1995年 優駿牝馬(GI)
1996年 エリザベス女王杯(GI)
総獲得賞金: 605,274,000円(付加賞含む)
馬主: 吉田 勝己
調教師: 白井 寿昭
主な産駒: フェデラリスト(重賞2勝)
2012年 中山記念(GII)
日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
ページトップへ戻る
表示モード: