JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
宮崎育成牧場情報
宮崎育成牧場について
育成業務について
これまでの活躍馬たち
施設案内
イベント情報
JRA育成馬日誌
JRA育成馬ウェブサイト
宮崎育成牧場トップへ
育成業務について
 
 1歳市場でJRA育成馬として購買された馬たちは、8月中旬〜9月上旬、宮崎育成牧場に入厩します。入厩後、約1〜2ヶ月間、昼夜放牧を実施することで基礎体力を養成しながら馬体の成長を待ち、馴致準備の整った馬から順次ブレーキングを開始していきます。ブレーキングはJRAとして確立された管理指針どおりに、馬と人の信頼関係を築きながら実施します。もちろん、馬は一頭ずつ個性があるので、馬の理解度に応じて無理のないよう、確実にひとつずつ要求することができてから次のステップに進むことが重要です。また、競走馬として必要とされる教育・調教を個体ごとに実施し、取り扱いやすいマナーのよい馬を教育することも重要です。騎乗調教開始後は、500mおよび1600mトラックで十分な乗り込みを行いますが、温暖な宮崎では、早期からベーススピードの速いキャンターを行っていきます。したがって、馬体の成長を見極めながら、積極的に若馬を鍛えることが可能です。一方、草食動物としてナチュラルな生理状態を維持するために、調教後、放牧地でグラスピッキングを行ったり、短時間放牧したりすることで馬のリフレッシュも積極的にはかっています。宮崎という地の利を最大限生かし、心身ともに健全な馬を育てていくのが我々のポリシーです。
このページのトップへ