競馬用語辞典

用語

固定障害

読み
こていしょうがい

競馬場の障害コースに、常時設けてある障害物。普通は土塁、生籬〔いけがき〕、竹柵の3種類で、このうち土塁と生籬を組み合わせたものもある。日本で最も高いのは中山の1メートル60センチのもので、この他に水濠や、バンケットという跳び上がって3、4歩走って跳び下りるものもある。飛越するものではないが、中山の上り下りの谷や、福島のバンケットなども障害とされている。

ページトップへ戻る
表示モード: