競馬用語辞典

頭文字

「れ」からはじまる用語

用語

レコード

読み
れこーど

競馬に関しては特に走破タイムの新記録をさす場合が多い。これをレコードタイムといい、その競馬場でのレコードをコースレコード、中央競馬における全国の競馬場のコースレコードの中で一番速いものを中央競馬レコードという。あまり一般的ではないが、この他に「売得金レコード」「入場人員レコード」などの各種レコードもある。

用語

裂蹄

読み
れってい

蹄病の一種で、蹄壁が割れ亀裂が入ったものをいう。冬期の乾燥時に発症しやすいので常日頃から、蹄油をぬるなどの予防策がとられている。一旦発症すれば悪化防止のためそれぞれに合った装蹄療法を行ない、蹄質を高める塗布剤を塗り、また、内科療法を併せて施すこともある。重症の場合は、が伸びるまで休養を余儀なくされることも多い。(参考・は一ヶ月に8〜10ミリしか伸びない。)

用語

連勝単式

読み
れんしょうたんしき

連勝複式がウラ目も的中するのに対して、連勝単式着順どおり的中させるもの。JRAでは昭和44年の福島競馬を最後に姿を消したが、平成14年に再び導入された。この勝馬投票券は、馬番号で2頭を指定し、その2頭が1着、2着の着順通りとなれば的中となる。

用語

連勝複式

読み
れんしょうふくしき

枠連馬連では1着と2着に入着した馬を、ワイドでは1着と2着・1着と3着・2着と3着に入着した馬を、3連複では1着と2着と3着に入着した馬を、その入着順位にかかわらず1組としたものを勝ち馬とする投票法をいう。

用語

連闘

読み
れんとう

用語

レーシングプログラム

読み
れーしんぐぷろぐらむ

JRAが競馬場などの来場ファンの皆様に配布している公式の出馬表のこと。平成15年から、A4版に変わった。

用語

レース間隔

読み
れーすかんかく

出走してから次走までの時間的間隔のこと。普通「中1週」というふうに表わすが、これは1週間の間隔をとるという意味ではなく、実質は2週間の間隔をとることである。なお1週間の間隔をとること、つまり今週走って次週も走ることを「連闘」といい、逆に間隔が大きくあくと、「2ヶ月ぶり」などという言い方をする。

用語

レース・レーティング

読み
れーす・れーてぃんぐ

個々の競走における上位4頭のレーティングの平均値。4頭のクラシフィケーションの数値の平均を特にクラシフィケーションレーティングと呼び、海外では競走の格を上げ下げする際の基準として用いられている。

用語

レーティング

読み
れーてぃんぐ

競走馬の能力を指数評価する国際統一基準で、単位はポンド。日本では、重賞競走オープン競走に出走した全ての競走馬に付与される。通称「SMILE」(スマイル)と呼ばれる競走距離を示す記号とセットになっており、その距離区分の競走で獲得した数値であることを示す。

ページトップへ戻る
表示モード: