競馬用語辞典

頭文字

「い」からはじまる用語

用語

息をいれる

読み
いきをいれる

主に逃げ馬に対して使われる言葉で、道中ペースを落としてラストスパートのためのスタミナを温存すること。逃げ切るためには重要な要素で、騎手の腕によるところが大きい。

関連用語

用語

育成牧場

読み
いくせいぼくじょう

競走馬のサイクルは、大きく生産、育成、競走のそれぞれのステージに分けられるが、さらに育成ステージは生まれてから離乳までの初期育成、騎乗馴致前までの中期育成、馴致から入厩までの後期育成の期間にそれぞれ分けられる。この中で施設を有し特に後期育成を専門に行う牧場を育成牧場という。  高度な競走能力を要求される競走馬にとって、特に後期育成期間は競走馬としての基礎体力、躾を形成する点で大切である。  これまでこの時期の管理技術については「強い馬づくり」を目指す中で日本の最も弱い部分とされてきたが、近年競馬欧米先進国を範にして、大きく進歩してきている。

用語

一完歩

読み
いちかんぽ

馬の歩幅のことで、レース時のそれは約7メートルから8メートルといわれている。1ハロン(200メートル)の歩数を数えると、個体差、またスピードによる差はあるがサラブレッド系は28〜30歩、アラブ系では30〜32歩を要するといわれている。

用語

逸走

読み
いっそう

文字どおり馬が走路から大きくはずれて走路外に疾走してしまうこと。競走を続行するためには、逸走し始めた地点に引き返してからにしなければならない。

用語

一点勝負

読み
いってんしょうぶ

勝馬投票券を1レースに1点しか買わないこと。

用語

一杯

読み
いっぱい

余力を出しきった結果、バテて失速すること。「4コーナー一杯になった」などという。

関連用語

用語

一般競走

読み
いっぱんきょうそう

特別競走以外のレース。平場戦ともいう。「サラ系3歳(4歳)以上○○万円以下」「新馬」「未勝利」など。

用語

一本かぶり

読み
いっぽんかぶり

ある馬の単勝、もしくはある組み合わせの式別の勝馬投票券が圧倒的な人気になること。

用語

焦れ込む

読み
いれこむ

レース前に極度に興奮し、落ち着かない様子。ひどい発汗をしたり口から泡を出したりする。その時点でかなり体力を消耗するのでレースでは能力を出しきれない場合が多い。

用語

岩陥

読み
いわおち

馬の特徴のひとつで、体表の一部が凹陥を呈すものをいう。

用語

インブリード

読み
いんぶりーど

血統表で5代前までに同一の祖先を持っているような配合のこと。近親交配ともいう。サラブレッドの場合、好んで近親配合を行なう場合が多い。表記する場合は○○(馬名)の3×4などと表わし、数字は世代数を示す。ナスルーラの3×4、といえば3代目と4代目にナスルーラが入っていること、5×5×5といえば、5代目に3回入っていることを示す。  共通祖先の望ましい形質を固定させることを目的としているが、逆に隠れていた不良形質が現れる危険性も高くなる。

関連用語
ページトップへ戻る
表示モード: