競馬用語辞典

カテゴリー

馬の癖

用語

あとびき

読み
あとびき

運動中あるいは馬をつなぐ時などに後退する癖。後退癖の俗称である。

カテゴリー

用語

グイッポ

読み
ぐいっぽ

馬の有害な癖の一つであるさく癖の俗称である。上歯を馬栓棒や壁板などにあて、それを支点にし、頸に力を入れ、空気を呑み込む癖をいう。退屈あるいは他馬のまねが原因であり、空気を呑み込むため風気疝になりやすい。軽度のうちは矯正できるが、習慣性となった場合は矯正は難しい。

カテゴリー

用語

膠着

読み
こうちゃく

馬がものをみたり、異常に緊張したりして、動かなくなってしまった状態をいう。馬場に出た後、騎手の指示にもかかわらず動かなくなったり、ゲートが開いても発進しないケースなどがある。

カテゴリー

用語

咬癖

読み
こうへき

人や他の馬をかむ癖。

カテゴリー

用語

習癖

読み
しゅうへき

馬の馬房内または運動時の忌むべき様々な癖の総称であり、略語で表されているものなど。調教や飼養管理面で矯正を行なう必要がある。

カテゴリー

用語

蹴癖

読み
しゅうへき

人や他の馬を蹴る癖である。蹴癖馬は人馬に危険を及ぼすため、厩舎では目印として尾に赤い布をつけ危険防止に努めている。

カテゴリー

用語

ふなゆすり

読み
ふなゆすり

熊癖〔ゆうへき〕の俗称である。馬房内で肢を踏みかえ身体を左右に間断なくゆする癖である。熊がオリの中で左右に身体を動かす様に似ていることから熊癖の名があり、また、舟をこぐ様にも似ていることからふなゆすりという俗称がある。下肢部の故障を起こすこともあるため嫌われる。

用語

身っ食い

読み
みっくい

馬が自分の体を噛む癖のこと。稀には馬体に傷が残る程激しいものもある。退屈、ストレスが原因である。

カテゴリー

用語

物を見る

読み
ものをみる

不意に些細な何かの物に驚いて騒いだり、止まってしまったり、また横に飛んだりする動作や癖をいう。レースのときにハロン棒の影や芝の切れ目に驚き、異常な動きをする馬も稀にある。

ページトップへ戻る
表示モード: