今週の注目レース

CBC賞(GⅢ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

夏を彩るサマースプリントシリーズ第2戦

サマースプリントシリーズの第2戦となるCBC賞は、中京・芝1200メートルを舞台に争われているが、今年は開催日程の変更により、阪神競馬場の芝1200メートルで行われる。今回は過去10年のCBC賞の結果に加え、阪神・芝1200メートルのデータについても分析する。

優勝馬は4番人気以内

過去10年のCBC賞の単勝人気別成績を見ると、勝ち馬延べ10頭は全て4番人気以内だった。4番人気以内の各組は、3着内率でも40.0%から60.0%の高い数値をマークしている。また、7番人気から9番人気の馬は2着が計5回あり、3着内率も23.3%をマークしているうえ、過去4年に限れば〔0・3・2・7〕の成績で、3着内率は41.7%に上昇している。4番人気以内の上位人気馬を重視すべきだが、2着や3着に7番人気から9番人気の馬が食い込むケースも考えておきたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
5番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
6番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
7〜9番人気 0-5-2-23 0% 16.7% 23.3%
10番人気以下 0-1-2-67 0% 1.4% 4.3%

ハンデ55キログラム以上の馬が好成績

過去10年のCBC賞の負担重量別成績を調べると、該当馬は少ないものの「58キログラム以上」が3着内率で57.1%という高い数値をマークしている。阪神で開催された2011年に優勝したのも58.5キログラムのダッシャーゴーゴーだった。また3着内率では、ハンデの重いグループの数値が上位となっている。過去5年に絞っても、全出走馬延べ79頭のうちハンデ55キログラム以上だった馬は40頭と約半数ながら、3着以内馬の数では15頭中12頭と、8割を占めている。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
52kg以下 0-3-0-29 0% 9.4% 9.4%
53kg 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%
54kg 1-1-2-22 3.8% 7.7% 15.4%
55〜55.5kg 1-2-1-18 4.5% 13.6% 18.2%
56kg 4-1-4-21 13.3% 16.7% 30.0%
57〜57.5kg 1-3-1-12 5.9% 23.5% 29.4%
58kg以上 2-0-2-3 28.6% 28.6% 57.1%

前めの位置で競馬を進める馬が優勢

今年のCBC賞は阪神競馬場で行われる。また、過去10年のCBC賞はいずれも13頭以上で行われている。それらを踏まえ、2010年から2020年4月までの期間に、阪神の芝1200メートルで行われた、2歳・3歳限定戦を除く1勝クラス(旧500万下)から上のクラス、かつ13頭立て以上の計107レースにおいて、4コーナーの位置別成績を調べてみた。すると、「先頭」が3着内率45.8%、それに続く「2番手から5番手」が同31.6%と、「6番手から9番手」・「10番手以下」の2つを大きく上回っている。また、1着の数でも「先頭」と「2番手から5番手」が計75回で、「6番手から9番手」と「10番手以下」が計32回と大きな開きがある。阪神・芝1200メートルコースは、4コーナーを5番手以内で通過するような馬が好走しやすいレースと言えるだろう。〔表3〕

〔表3〕阪神・芝1200メートル戦の4コーナーの位置別成績(2010年から2020年4月)
4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 24-11-14-58 22.4% 32.7% 45.8%
2〜5番手 51-52-49-329 10.6% 21.4% 31.6%
6〜9番手 22-25-30-355 5.1% 10.9% 17.8%
10番手以下 10-19-15-568 1.6% 4.7% 7.2%
  • 注記:2歳・3歳限定戦を除く1勝クラス(旧500万下)から上の条件、かつ13頭立て以上で行われた計107レースを対象とした
  • 注記:3着同着が1回ある

過去2走の1400メートル以下戦での成績に注目

過去10年のCBC賞の優勝馬について、過去2走で出走していた1400メートル以下のレースでの着順と、勝ち馬とのタイム差をチェックすると、10頭全てが該当したレースで1着、もしくは勝ち馬とのタイム差が0秒4以内だった。近走の短距離戦で大敗を喫していない馬に注目してみたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去2走の1400メートル以下戦での着順と勝ち馬とのタイム差(過去10年)
年度 優勝馬 前走 前々走
2010年 ヘッドライナー 2着(0秒1) 7着(0秒3)
2011年 ダッシャーゴーゴー 11着(0秒3) 1着
2012年 マジンプロスパー 5着(0秒3) 1着
2013年 マジンプロスパー 6着(0秒4)
2014年 トーホウアマポーラ 10着(0秒4) 1着
2015年 ウリウリ 1着 3着(0秒1)
2016年 レッドファルクス 1着 4着(0秒4)
2017年 シャイニングレイ 1着
2018年 アレスバローズ 5着(0秒3) 4着(0秒3)
2019年 レッドアンシェル 1着 3着(0秒3)
  • 注記:2011年のダッシャーゴーゴーの前走は4位入線11着降着
  • 注記:()内は勝ち馬とのタイム差

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: