今週の注目レース

CBC賞(GⅢ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

クリノガウディー

牡4歳

調教師:藤沢則雄(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:クリノビリオネア
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

母は現役時代にダート1000メートルとダート1200メートルで全3勝を挙げたように、豊富なスピードを誇った。父も名マイラーのモーリスを送り出している。これまでの戦績通り、本馬も父、母からしっかりとスピードを受け継いだと言える。

前走の高松宮記念は初めての芝1200メートル戦となったが、スタートからしっかりと好位を確保した。道中も流れに乗り、リズムのよい走りで直線を向くと、鋭い伸び脚で前を捕らえ、1位で入線。結果的に、直線で内に斜行したことにより4着降着とはなったが、スプリント戦でも通用するスピードとGⅠ級の能力を示すには十分な内容だったと言えるだろう。仕切り直しの一戦となる今回は、芝1200メートル戦を1度経験したことで、前半をよりスムーズに追走できるはずだ。一昨年の朝日杯フューチュリティSでは、のちに香港マイルを制すアドマイヤマーズの2着に好走している素質馬。待望の重賞初勝利を挙げたいところだ。

アウィルアウェイ

牝4歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

今回の阪神・芝1200メートルでは、2歳時に新馬勝ちをマーク。同舞台への出走はそれ以来となるが、好結果を期待したいところだ。牝馬ながら前走時で480キログラムの大柄な馬体でパワーがあり、直線に待ち構える急坂も苦にしないはずだ。

前走の高松宮記念は11着に敗れ、GⅠの壁に跳ね返された格好となった。ただ、前々のポジションで運んだ馬たちの好走が目立ったレースで、4コーナー11番手と後方からレースを進めた本馬には、流れが向かなかった点もあっただろう。GⅢへの出走ならば、巻き返しがあってもいいはずだ。実際に前々走のシルクロードSでは、後方待機から差し脚を伸ばし、クビ差とはいえ重賞で初めての白星をつかんだ。強い雨が降りしきるなか、不良馬場で行われた昨年のCBC賞は8着に敗れたように、稍重から不良馬場では〔1・0・0・3〕と苦戦しており、唯一の勝ち星も稍重馬場だった。今回も週末の天気は気になるところで、良馬場なら期待もより高まる。

レッドアンシェル

牡6歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:スタイルリスティック
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

昨年のCBC賞では、大雨の不良馬場で行われた激戦をクビ差で制して重賞初制覇を飾った。連覇を狙う今年は舞台を阪神に移すが、この競馬場でも距離こそ違うがアーリントンC2着など実績を残しており、問題ないだろう。

前走の京王杯スプリングCは、好スタートからスッと控えて5、6番手につけ、内ラチ沿いを通ってリズムよく運んだ。そして手応え十分に直線を向いたが、前が窮屈になる場面もあって追い出しのタイミングが合わず、伸び脚を発揮できないまま11着に敗れた。ただ、勝ち馬とは0秒8差だったことを考慮すれば、力負けとは言えないだろう。この中間は、6月25日に栗東坂路で4ハロン50秒4(ラスト1ハロン12秒2)の好時計をマーク。連覇に向けてしっかりと調整が進められており、出走態勢は整うと見てよさそうだ。1200メートルは3戦2勝とスプリント適性の高さは証明済みで、ここも上位争いに加わってくるだろう。

ミッキースピリット

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:フリーティングスピリット
  • 母の父:Invincible Spirit
ここに注目!

母はアイルランド産馬で、現役時代はイギリスのG1・ジュライCを制すなど重賞4勝の活躍を見せた。父の産駒は芝1600メートル以上での活躍が目立つが、本馬に関しては母の血が濃く出ていると言っていいだろう。芝1200メートルの重賞初挑戦でも侮れない存在だ。

前走の3勝クラス・朱雀S(京都・芝1200メートル)は、1枠2番を生かして楽に4番手インの好位置を確保。直線入り口では、逃げるバーニングぺスカ(2着)から3、4馬身ほど離されていたが、じりじりと差し脚を伸ばし、ゴール前できっちりとかわしてアタマ差で勝利を挙げた。また、このレースでは2、3着馬の間を割るように伸びており、勝負根性も披露した。管理する音無秀孝調教師は、「状態は変わりなくきています。3連勝中だけど、ここが正念場です。重賞でもこれまでのような上手な競馬ができるかどうかですね」と力を込めていた。3歳春のアーリントンC10着以来となる重賞挑戦だが、3連勝の勢いは出走メンバーでも上位と言えるだろう。

タイセイアベニール

牡5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ベーカバド
  • 母:ハロードリーム
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

母は現役時代に未勝利だったが、近親にダイワメジャーとダイワスカーレットのきょうだいや、ダートGⅠ・JpnⅠ9勝馬のヴァーミリアンなどの活躍馬がいるように、牝系が秘める底力は相当。本馬は芝1200メートルの重賞初挑戦とはいえ、いきなり通用しても不思議はない。

前走のオープン特別・鞍馬S(京都・芝1200メートル)は、逃げ馬2頭が前半600メートル通過タイム33秒5の快調なペースで飛ばすなか、中団やや後ろでじっくりと構えて末脚勝負にかけた。3コーナーからポジションを押し上げ、スピードに乗って直線に入るとグングンと加速。最後は先に抜け出したトゥラヴェスーラ(2着)を捕らえ、クビ差で勝利を飾った。マークした上がり3ハロンタイムは、メンバー中2位ながら32秒6(推定)と重賞でも十分に通用するもの。3歳時にはオープン特別・端午S(京都・ダート1400メートル)で2着とダート戦でも好走しているように、パワーも兼ね備えており、開催が進んだ阪神のタフな馬場コンディションでもこなせるはずだ。

ロケット

牝5歳

調教師:石橋守(栗東)

  • 父:ディープスカイ
  • 母:モケット
  • 母の父:Maria's Mon
ここに注目!

今回は初めての芝1200メートルをこなせるかどうかが鍵となるが、芝1400メートルでは2勝をマーク。これまで見せてきた先行力があれば、こなせるだけの下地はある。不良馬場で勝ち星をマークしているように、開催が進んだ阪神の馬場コンディションもプラスに働きそうだ。

前走の安土城S(リステッド。京都・芝1400メートル)は、1枠2番から好ダッシュでハナに立つが、すぐにその座をグランドロワ(2着)に譲り、2番手でレースを進めた。直線では1度先頭に迫るシーンもあったが、残り100メートル付近で後続に強襲されて7着でゴールイン。とはいえ、勝ち馬エントシャイデンとは0秒3しか離されておらず、ゴール前ではロードクエスト(5着)と接触する場面もあったので、展開や流れひとつで着順は変わっていたとも考えられる。ゴール前で失速したレースぶりから、距離短縮となる今回はもうひと踏ん張りが利きそうだ。休み明けを1度使われて力を発揮するタイプだけに、重賞制覇の期待がかかる。

ジョイフル

牡6歳

調教師:吉村圭司(栗東)

  • 父:キングズベスト
  • 母:ティアーオブジョイ
  • 母の父:Street Cry
ここに注目!

近3走は不振が続いているが、今回は現級で唯一の勝ち星を挙げた阪神・芝1200メートルが舞台。変わり身を見せる可能性は十分にありそうだ。末脚を生かす戦法を得意としているため、展開が向くかどうかも大きなポイント。先行争いが激化すれば、差し脚を伸ばしてくるだろう。

前走の米子S(リステッド。阪神・芝1600メートル)は、1枠1番から好スタートを決めたが、道中は中団待機策。終始内を進み、直線もインコースを狙ったが末脚不発で15着に敗れた。前々走の阪急杯も1枠1番から後方に控えて直線勝負にかけたが、弾けることなく14着でゴール。前走に関しては経験の少ないマイル戦だったことが敗因の一つと言え、前々走のレース内容も含めると1400メートル以上では末脚が鈍る印象があるので、今回の距離短縮は大幅なプラス材料となるだろう。末脚は重賞でも通用するだけの威力を秘めており、それが発揮されるかに注目だ。また、全6勝中4勝を二桁馬番で挙げており、枠順も好走の鍵を握りそうだ。

アンヴァル

牝5歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年の北九州記念で3着に好走したように、能力が重賞級であることは間違いない。不良馬場での勝利や重馬場でのオープン特別2着があるように、降雨があったとしても問題ないだろう。きっかけひとつで近走の不振から脱することも可能なはずだ。

前走の阪急杯は16着に敗れたものの、それまで1200メートルを中心に使われており、ベストからは200メートル長かった印象。また、8枠16番からのスタートで終始外々を回っていたことにも、情状酌量の余地があるだろう。今回と同舞台で行われた3走前のセントウルSも13着に敗れたが、このときは熱中症の症状が出ていたそうで、能力を十分に発揮できなかったと言える。今回は管理する藤岡健一調教師が、「状態はいいですよ。今年は暑さにやられないように対策をしています」と話すように、厩舎サイドは慎重にケアしながら調整中で、待望の重賞初勝利へ準備は万全と見ていいだろう。近走の敗因は明確なだけに、スムーズなレースさえできれば一変の走りがあっても不思議はない。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: