今週の注目レース

宝塚記念(GⅠ)

阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

サートゥルナーリア

牡4歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:シーザリオ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

この中間は気負うシーンもなく、スムーズな走りができているが、宝塚記念は気温が上昇する時季の一戦。急激に気温が上昇した昨年の日本ダービー(4着)では過度にイレ込み、発汗も目立った苦い経験がある。当日の気配に注目したい。

世代最強と言われる存在でありながら、昨年獲得したGⅠタイトルは皐月賞の1つだけ。もちろん、それでも十分な実績であり、豪華メンバーだった昨年末の有馬記念での2着も本馬の資質の高さを示すものであったが、期待値が非常に高かった分、この成績でも物足りなく見えてしまう。さらなるGⅠ勝利が今シーズンの使命であるならば、その初戦になる宝塚記念は落とせないレースと言えるだろう。以前からの課題だった左回りの克服をテーマに出走した前走の金鯱賞は、2着馬に2馬身差の完勝。左回りへの不安は払拭したが、その結果を受けても、陣営の“ベストは右回り”という見解は変わっていない。右回りの阪神へのコース替わりはプラス材料だ。

ラッキーライラック

牝5歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ライラックスアンドレース
  • 母の父:Flower Alley
ここに注目!

デビュー時との比較で40キログラムも馬体重が増加。パドックで見せる風格も以前とは明らかに違っている。前走(大阪杯1着)時は意識的に馬体を起こし、タメを利かせる調教が実戦にもつながった。単純な見た目だけでなく、走りそのものも進化している印象がある。

2017年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝った2歳女王。しかし、4月3日の遅生まれということもあり、完成された馬体のシルエットではなかった。センスのあるレースぶりから、“完成度の高い馬”という表現もされていながら3歳から4歳春に勝ち切れなかったのは、成長度合いが遅かったためだろう。GⅠ2勝目を飾った昨秋のエリザベス女王杯、牡馬相手のGⅠ制覇となった前走の大阪杯でのパフォーマンスを見れば、競走馬としてのピークを迎えたと考えてよさそうだ。本格化を果たした現在、本馬が直線で見せる末脚の爆発力は父オルフェーヴルの影響を強く感じるものであり、その父は2012年の宝塚記念を2馬身差で勝利。今回、産駒初の宝塚記念制覇となるか、注目だ。

クロノジェネシス

牝4歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:バゴ
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

昨秋以降の充実が顕著で、約3か月ぶりだった前々走の京都記念(1着)は特に進化がうかがえるレースだった。バゴ×クロフネの血統背景ももちろん、あれだけのパワーを感じさせる馬体なら、重馬場を克服して当然だろう。梅雨時期だけに、馬場コンディションを問わない点は心強い。

輸送の影響による馬体重減などが考慮され、調教で攻め切れなかった3歳春でも崩れずに走っていたが、馬体にたくましさを増した4歳を迎え、さらにパフォーマンスの安定感が増している印象だ。キャリア10戦で3着以内を外した唯一の1戦は昨秋のエリザベス女王杯での5着だが、勝ったラッキーライラックとのタイム差は0秒3。前走の大阪杯(2着)でもラッキーライラックに先着を許したが、エリザベス女王杯での0秒3差はクビ差にまで縮まり、牡馬のGⅠ級たちは退けた。その大阪杯よりもメンバーが強化されている今回の一戦で結果を残せるようなら、名牝へとステップアップすることになる。

ワグネリアン

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

競走馬として完成期を迎え、母の父キングカメハメハや祖母ブロードアピールの影響を強く感じさせる筋肉質な馬体へと変化してきた。以前は良馬場の瞬発力勝負でこそのイメージだったが、現在の本馬なら水分を含んだ馬場状態でも大丈夫だろう。

2018年に日本ダービーを制して世代の頂点に立ったが、最後の勝利は同年の神戸新聞杯で、約1年9か月もの長い期間で勝ち星をマークできていないキャリアに少し物足りなさを感じる。ただ、昨年は4走しかしておらず、今年も前走の大阪杯(5着)に出走したのみ。昨年以降の5戦中4戦がトップクラスの馬たちがそろうGⅠで、その全てで掲示板(5着以内)を確保した本馬の能力も現役トップクラスと考えるべきだろう。前走の大阪杯では、勝負どころで馬群が密集してポジションを下げるシーンがあったが、それでも勝ち馬ラッキーライラックから0秒4差の5着まで追い上げた。スムーズな立ち回りができれば、久しぶりの勝利を飾っても不思議はない。

ブラストワンピース

牡5歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ツルマルワンピース
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

宝塚記念の出走はもちろん、6月の出走も初めて。しかし、一昨年の新潟記念や昨年の札幌記念での勝利を見れば、暑さに弱いイメージはない。むしろ、500キログラムを優に超える馬だけに、汗をかく季節のほうが仕上げに手間取らない可能性もありそうだ。

3番人気だった前走の大阪杯は7着。一昨年のグランプリホースにとっては予想外の結果だったが、実は前年の大阪杯でも6着に敗れていた。昨年の札幌記念、今年のアメリカジョッキークラブC(共に1着)など、トリッキーなコースでも結果を出しているため、阪神・芝内回りコースもこなせそうなイメージだが、前走時の馬体重が542キログラムという大型馬で、それに比例してフットワークもかなり大きいタイプ。スムーズにレースを進めることが好走の前提となる本馬にとって、1コーナーまでの距離が短く、勝負どころで瞬時に加速する必要がある大阪杯の舞台は合っていないのかもしれない。4コーナーのポケットからのスタートになる阪神・芝2200メートルなら、違う結果が出てもいいはずだ。

グローリーヴェイズ

牡5歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:メジロツボネ
  • 母の父:スウェプトオーヴァーボード
ここに注目!

京都・芝の外回りコースが得意なイメージがあり、以前はそこを狙って出走していた。広いコースでスムーズに加速させる競馬がベターであるのなら、少しトリッキーな阪神・芝の内回りコースへの対応が1番のポイントになるのかもしれない。

手綱を取ったJ.モレイラ騎手の手腕も大きかったのだろうが、それを考慮しても圧倒的な強さを感じさせたのが前走の香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)。国内外を通じてのG1初勝利は、2着のラッキーライラックに3馬身1/2という決定的な差をつけるものだった。単に視覚的なインパクトが強かっただけでなく、メンバーレベルも非常に高い一戦。その後のラッキーライラックの活躍は周知の通りで、3着エグザルタントは年明けのレースを4戦3勝し、香港年度代表馬候補の筆頭と呼ばれるほど。4着はヨーロッパでの評価も高いディアドラだった。本馬もドバイ開催中止の影響を受けた1頭で、ここが今年初戦になるが、日本だけでなく、世界が注目する一戦と言えそうだ。

キセキ

牡6歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ブリッツフィナーレ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

ゲート再審査があった前走時と違い、今回は短期放牧でしっかりとリフレッシュし、好走していた時と同じパターンで立ち上げることができている。気性の難しさがあるタイプだけに、この違いは大きいはずだ。あとはスタートをしっかりと決められるかどうかだろう。

芝3000メートルの菊花賞を制しているが、当時は激しい雨が降る不良馬場。難しい気象条件で自分からハミを取って進んで行かなかった分、距離を克服できたと考えるべきなのかもしれない。前々走の阪神大賞典は、スタートで出遅れ、その状況からリカバリーさせたことで折り合いを欠いて7着。敗因はチグハグな競馬になったことであり、スタートを決めた天皇賞(春)では違う結果になると思われたが、ここでも正面スタンド前で折り合いを欠いていた(結果は6着)。祖母にスピード豊富なロンドンブリッジがいる血統で、自身の気性もかなり前向き。心肺能力がどれほど高くても、その性格は長距離に向かないようだ。芝2200メートルに距離を短縮する今回、巻き返しの可能性も十分にある。

スティッフェリオ

牡6歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:シリアスアティテュード
  • 母の父:Mtoto
ここに注目!

前走(天皇賞・春2着)後も在厩で調整。牡馬でも450キログラムに満たない馬体で迫力こそ感じられないが、動きはしっかりしており、また夏場が苦手なタイプでもない。先行するイメージが強いが、前々走の日経賞(3着)のように中団から脚をためる競馬も可能だ。

2017年菊花賞で14着と大敗し、一度は“長距離不向き”と言われた馬が、さらに距離の長い芝3200メートルの天皇賞・春(2着)で自身のストロングポイントを認識させるのだから、競走馬の成長は簡単に説明できないところがある。実際、これまでの好走歴は重賞3勝をマークする中距離戦に集中しており、ゆえに陣営も中距離メインのレース選択をしてきたが、持久力勝負に強いタイプで、距離よりも展開面が重要なのだろう。11番人気の低評価を覆し、勝ったフィエールマンとハナ差の好走を見せた前走は、この馬の本質が最も生きる条件だった。瞬発力よりもスタミナが問われる展開になれば、今回もチャンスがありそうだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: