今週の注目レース

函館スプリントステークス(GⅢ)

函館競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

マイルやクラシック路線からの参戦も多く難解な一戦

サマースプリントシリーズの第1戦として行われる函館スプリントSには、前走が1400メートル以上のレースだった馬の参戦も多く見られるほか、これまで同世代としか戦っていなかった3歳馬が出走してくることで力関係の把握が難しくなりがちだ。過去10年で馬連万馬券が4回も出ている一戦を分析する。

近年は前走が芝1200メートル以外だった10番人気以下の馬が台頭

単勝人気別成績を見ていくと、過去10年では1番人気が〔1-2-2-5〕、2番人気は〔2-2-1-5〕で、ともに3着内率は50.0%。ただ、直近の5年に限ると、1番人気と2番人気は勝つまでに至っておらず、10番人気以下の馬が4頭も3着以内に入っている。その4頭と、7頭立ての5番人気で勝利を収めた2019年のカイザーメランジェは、全て前走で芝1200メートル以外のレースに出走していた。前走がこれに当てはまる下位人気馬には注目しておいて損はなさそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去5年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0-0-2-3 0% 0% 40.0%
2番人気 0-2-0-3 0% 40.0% 40.0%
3番人気 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
6〜9番人気 0-0-2-16 0% 0% 11.1%
10番人気以下 1-2-1-21 4.0% 12.0% 16.0%

前走が芝1200メートルだった馬は着順に注意

過去10年の出走馬について前走の距離を調べてみると、芝1400メートル以上だった馬が3着内率32.0%と好調だ。ここで注目したいのは、同組で3着以内に入った16頭中11頭はそのレースで6着以下に敗れていた点で、今回距離短縮となる馬は前走で大敗を喫していたとしても巻き返しが期待できるようだ。一方、前走が芝1200メートルだった馬の場合、6着以下に敗れていると3着内率が大幅に低下してしまう。そういった馬は評価を下げるべきだろう。〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1000m 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
芝1200m 3-6-3-51 4.8% 14.3% 19.0%
芝1400m以上 6-3-7-34 12.0% 18.0% 32.0%
ダート 0-0-0-11 0% 0% 0%
〔表3〕前走が芝のレースで6着以下だった馬の、そのレースの距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1000m 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
芝1200m 1-0-1-31 3.0% 3.0% 6.1%
芝1400m以上 4-3-4-26 10.8% 18.9% 29.7%

若い世代の牝馬が活躍

過去10年の出走馬を年齢と性別で分けてみると、4歳以下の牝馬が優秀な成績を収めていることがわかる。4歳以下の牡馬も連対率は遜色ないものの、勝率では大きな差がついている。なお、5歳以上は牡・せん馬が優勢で、牝馬は勝率と連対率が極端に低くなっていることも覚えておきたい。ちなみに3歳馬の成績は、3歳牡馬が〔0-3-1-9〕(3着内率30.8%)、3歳牝馬が〔2-0-1-5〕(同37.5%)と古馬相手に互角に渡り合っている。〔表4〕

〔表4〕性齢別成績(過去10年)
性齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳以下の牡馬 1-5-2-14 4.5% 27.3% 36.4%
4歳以下の牝馬 4-1-3-9 23.5% 29.4% 47.1%
5歳以上の牡・せん馬 5-3-2-57 7.5% 11.9% 14.9%
5歳以上の牝馬 0-1-3-26 0% 3.3% 13.3%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

芝1400メートルでの成績に注目

過去10年の勝ち馬を見ると、昨年のカイザーメランジェを除く9頭は芝1400メートルで2着以内に入った経験を有していた。また、そのうち8頭はオープンクラスの芝1400メートル戦で3着以内に入っていた。これに該当しない2018年のセイウンコウセイも1600万下(現3勝クラス)の1400メートル戦を勝っていた。スタミナを要するタフな洋芝コースということもあって、1200メートルを超える距離での実績に注目してみたい。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の芝1400メートルにおける成績(過去10年)
年度 優勝馬 芝1400mでの成績 主なオープンクラス・芝1400mでの好走歴(注1)
2010年 ワンカラット 1-2-0-2 フィリーズレビュー1着
2011年 カレンチャン 1-0-0-1 阪神牝馬S1着
2012年 ドリームバレンチノ 2-0-0-5 安土城S1着
2013年 パドトロワ 1-0-1-2 橘S3着
2014年 ガルボ 1-4-1-6 阪神C2着
2015年 ティーハーフ 0-1-2-1 橘S3着
2016年 ソルヴェイグ 2-0-1-1 フィリーズレビュー1着
2017年 ジューヌエコール 2-0-0-1 ききょうS1着
2018年 セイウンコウセイ 2-1-0-3 なし
2019年 カイザーメランジェ 0-0-0-3 なし
  • 注1:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: