今週の注目レース

エプソムカップ(GⅢ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

秋の大舞台へ飛躍を期す一戦

上半期の東京開催最後の芝重賞となるエプソムC。過去10年の勝ち馬のうち3頭が、同じ東京・芝1800メートルで行われる毎日王冠も制して、秋のGⅠ戦線を盛り上げる存在となった。なかでも2015年のエイシンヒカリは、同年の暮れに香港に遠征してG1・香港カップを優勝、翌春にはフランスのG1・イスパーン賞を制した。今年も秋のGⅠ戦線をにぎわす馬が飛び出すのか、過去10年のレース結果を分析する。

4歳馬が圧倒

過去10年の年齢別成績では、優勝馬10頭中8頭は4歳馬で、残る2頭は5歳馬だった。4歳馬は2着が6回、3着が2回あり、連対率46.7%、3着内率53.3%と、他の年齢を大きく上回る圧倒的な数値をマークしている。なお、7歳以上の馬は全出走馬の約3分の1に相当する延べ52頭が出走しながら連対がない。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
4歳 8-6-2-14 26.7% 46.7% 53.3%
5歳 2-2-2-39 4.4% 8.9% 13.3%
6歳 0-2-3-30 0% 5.7% 14.3%
7歳 0-0-3-29 0% 0% 9.4%
8歳以上 0-0-0-20 0% 0% 0%

前走の4コーナーの通過順に注目

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別に成績をまとめると、連対馬20頭中10頭は前走の4コーナーを7番手から10番手で通過しており、前走が海外のレースだった馬を除けば、同グループは好走率が最も高くなっている。1番手から6番手と11番手以下の2グループからも3着以内馬がそこそこ出ているが、率の上では7番手から10番手のグループが優勢だ。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの位置別成績(過去10年)
前走の4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜6番手 2-2-5-52 3.3% 6.6% 14.8%
7〜10番手 5-5-2-30 11.9% 23.8% 28.6%
11番手以下 3-2-3-49 5.3% 8.8% 14.0%
前走が海外のレース 0-1-0-0 0% 100% 100%
前走が障害、地方のレース 0-0-0-2 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の競馬場・条件・単勝人気に注目

過去4年の優勝馬は、いずれも前走が東京競馬場のオープンクラスのレースで5番人気以内に支持されていた。今年の出走馬でこれに該当する馬がいたら注目しておきたい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕優勝馬の前走の競馬場・条件・単勝人気(過去4年)
年度 優勝馬 前走の競馬場 前走の条件 前走の単勝人気
2016年 ルージュバック 東京 GⅠ 4番人気
2017年 ダッシングブレイズ 東京 GⅡ 5番人気
2018年 サトノアーサー 東京 オープン特別 2番人気
2019年 レイエンダ 東京 オープン特別 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: