今週の注目レース

京王杯スプリングカップ(GⅡ)

東京競馬場 1400メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

単勝1番人気馬が苦戦している安田記念の前哨戦

グレード制が導入された1984年以降、1999年までの京王杯スプリングCは、計16回のうち8回で単勝1番人気馬が勝利を収めていた。しかし、2000年から2019年までの計20回では、単勝1番人気馬の成績は〔2・0・2・16〕(3着内率20.0%)となっており、優勝を果たしたのは2013年のダイワマッジョーレと2019年のタワーオブロンドンだけである。2012年に3連単179万4700円の高額配当が飛び出すなど、波乱の決着も少なくない。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

内外極端な枠に入った馬は不振

過去10年の枠番別成績を見ると、8枠の馬は3着内率8.0%と苦戦している。また1枠と2枠も、それぞれ3着以内に入った馬の数は2頭にとどまっている。内外極端な枠に入った馬は評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕枠番別成績(過去10年)
枠番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-0-2-15 0% 0% 11.8%
2枠 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%
3枠 2-1-2-14 10.5% 15.8% 26.3%
4枠 0-1-3-16 0% 5.0% 20.0%
5枠 3-1-0-16 15.0% 20.0% 20.0%
6枠 1-2-1-16 5.0% 15.0% 20.0%
7枠 4-2-1-16 17.4% 26.1% 30.4%
8枠 0-2-0-23 0% 8.0% 8.0%

東京コースでの実績に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“東京競馬場で行われた500万下(現1勝クラス)以上、かつ出走頭数が11頭以上のレース”において優勝経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率3.3%と苦戦している。今回と同じ東京コースで、前記した条件のレースを優勝した実績がある馬を重視したいところだ。〔表2〕

〔表2〕“東京競馬場で行われた500万下(現1勝クラス)以上、かつ出走頭数が11頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-10-74 9.8% 17.6% 27.5%
なし 0-2-0-58 0% 3.3% 3.3%

1マイル以上のレースにおける実績も重要

過去6年の3着以内馬延べ18頭中15頭は、“前年以降のJRAのオープンクラス、かつ1600メートル以上のレース”において5着以内となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率6.7%と苦戦している。今回よりも長い距離の重賞やオープン特別で好走したことがある馬は高く評価したい。〔表3〕

〔表3〕“前年以降のJRAのオープンクラス、かつ1600メートル以上のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(過去6年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 4-5-6-35 8.0% 18.0% 30.0%
なし 2-1-0-42 4.4% 6.7% 6.7%

近年は馬体重がある馬ほど堅実

過去6年の3着以内馬延べ18頭は、いずれも前走の馬体重が470キログラム以上だった。特に、前走の馬体重が500キログラム以上だった馬は3着内率31.7%と優秀な成績を収めている。近年の傾向を重視するならば、各馬の馬体重にも注目してみよう。〔表4〕

(伊吹 雅也)

〔表4〕前走の馬体重別成績(過去6年)
前走の馬体重 着度数 勝率 連対率 3着内率
470kg未満 0-0-0-21 0% 0% 0%
470kg以上500kg未満 2-3-0-28 6.1% 15.2% 15.2%
500kg以上 4-3-6-28 9.8% 17.1% 31.7%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: