今週の注目レース

新潟大賞典(GⅢ)

新潟競馬場 2000メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

伏兵馬の台頭が目立つ一戦

昨年は単勝7番人気のメールドグラースが、短期免許での騎乗を開始して1週目(3日目)だったダミアン・レーン騎手を背に快勝。その昨年を含めて、このレースは過去10回のうち8回で、単勝6番人気以下の馬が2着以内に入っている。過去10年の結果から、レース傾向を見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績に特徴あり

過去10年の新潟大賞典において単勝1番人気馬の優勝はゼロ。1番人気馬の優勝は2006年のオースミグラスワンが最後となっている。2番人気馬と3番人気馬はそれぞれ2勝を挙げているが、3着がゼロというのが特徴的。また、4番人気馬は連対がないのだが、5番人気から7番人気の馬が計5勝を挙げている。また、単勝オッズ別の成績を見ると、3.9倍以下だった馬が全て3着以下に敗れている。それに対し、10倍台だった馬が5勝と好成績を残しており、そのうち4頭が5番人気から7番人気だった。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0-1-3-6 0% 10.0% 40.0%
2番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
3番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0%
4番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
5番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
6、7番人気 2-0-2-16 10.0% 10.0% 20.0%
8、9番人気 0-1-2-17 0% 5.0% 15.0%
10〜13番人気 1-4-1-34 2.5% 12.5% 15.0%
14番人気以下 0-0-0-28 0% 0% 0%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 0-0-3-3 0% 0% 50.0%
4.0〜6.9倍 4-4-0-13 19.0% 38.1% 38.1%
7.0〜9.9倍 1-1-3-10 6.7% 13.3% 33.3%
10.0〜19.9倍 5-0-3-26 14.7% 14.7% 23.5%
20.0〜29.9倍 0-1-0-15 0% 6.3% 6.3%
30.0〜49.9倍 0-3-1-19 0% 13.0% 17.4%
50倍以上 0-1-0-42 0% 2.3% 2.3%

負担重量別の成績もチェック

過去10年の負担重量別成績を調べると、56キログラムから57.5キログラムだった馬が好成績となっている。一方、53キログラム以下だった馬は全て5着以下に敗れている。極端な軽ハンデとなった馬は苦戦傾向にある。〔表3〕

〔表3〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
53kg以下 0-0-0-18 0% 0% 0%
54kg 1-1-0-20 4.5% 9.1% 9.1%
55kg 2-1-3-31 5.4% 8.1% 16.2%
56〜56.5kg 5-3-7-26 12.2% 19.5% 36.6%
57〜57.5kg 2-5-0-27 5.9% 20.6% 20.6%
58kg 0-0-0-6 0% 0% 0%

前走の着順別成績が特徴的

過去10年の優勝馬10頭のうち9頭は、前走で4着以内だった。2着馬は10頭中8頭が4着以下で、10着以下だった馬が5頭もいる。また、3着馬は10頭のうち8頭が2着以内で、残る2頭が10着以下と、偏った分布になっている。〔表4〕

〔表4〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-0-6-11 10.5% 10.5% 42.1%
2着 3-2-2-6 23.1% 38.5% 53.8%
3着 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
4着 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0%
5着 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
6〜9着 0-1-0-42 0% 2.3% 2.3%
10着以下 1-5-2-50 1.7% 10.3% 13.8%

2走前が1月だった馬に要注目!?

新潟大賞典では、過去10回のうち8回で「2走前が同年の1月のレースだった」という馬が連対している。今年もそういった戦歴を持つ馬が出走してきたら、チェックしてみるのも面白そうだ。〔表5〕

〔表5〕2走前が同年1月のレースだった新潟大賞典連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名

2走前

2010年 1着 ゴールデンダリア 1月24日 アメリカJCC 5着
2011年 1着 セイクリッドバレー 1月29日 白富士S 3着
2013年 2着 アドマイヤタイシ 1月5日 中山金杯 2着
2015年 2着 ナカヤマナイト 1月4日 中山金杯 9着

2016年

1着 パッションダンス 1月27日 川崎記念 10着
2着 フルーキー 1月5日 中山金杯 3着
2017年 2着 マイネルフロスト 1月5日 中山金杯 12着
2018年 1着 スズカデヴィアス 1月27日 白富士S 2着
2019年 1着 メールドグラース 1月6日 4歳以上1000万下 1着
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去2走の出走頭数に注目

新潟大賞典は3年連続で、「2走前までに10頭以下のレースで連対していた」という馬が優勝を飾っている。ちなみに昨年は該当馬が3頭出走して、1着、3着、5着という結果だった。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕過去3年の優勝馬が2走前までに連対していた10頭以下のレース(過去3年)
年度 優勝馬

該当レース

2017年 サンデーウィザード 2走前 関門橋S 10頭立て 1着
2018年 スズカデヴィアス 2走前 白富士S 10頭立て 2着
2019年 メールドグラース 前走 尼崎S 9頭立て 1着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: