今週の注目レース

3歳重賞馬連 毎日杯(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ここをきっかけに飛躍を目指す、注目の3歳重賞

過去10年の勝ち馬の中で、同年のGⅠを制した馬が4頭いるが、4頭共にこのレースが重賞初制覇だった。3週後にはクラシック三冠初戦の皐月賞が開催されるとあって、この時期の重賞は注目度が高くなっている。そんな注目の一戦の傾向を探るべく、過去10年の結果を分析する。

デビュー戦1着馬が強い

過去10年の出走馬について、デビュー戦の着順別に成績をまとめると、デビュー戦で1着だった馬が3着以内馬30頭中24頭を占めている。また、3着以下だった馬で連対を果たしたのは、2010年2着のミッキードリームだけとなっており、2011年以降の連対馬は全てデビュー戦で2着以内に入っていた。デビュー戦の着順を調べてみるのも面白そうだ。〔表1〕

〔表1〕デビュー戦の着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 8-9-7-37 13.1% 27.9% 39.3%
2着 2-0-1-15 11.1% 11.1% 16.7%
3着 0-1-0-12 0% 7.7% 7.7%
4着 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
5着 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
6〜9着 0-0-0-12 0% 0% 0%
10着以下 0-0-0-3 0% 0% 0%

デビュー戦1番人気馬にも注目

過去10年の出走馬のデビュー戦での単勝人気別にも成績をまとめると、1番人気組が3着以内に17頭入っており、3着内率で45.9%という高い数値をマークしている。さらに、2011年以降は9年連続で1番人気組が2着となっている。まずは、デビュー戦で1番人気に支持されていた馬をチェックしたい。また、2番人気組と5番人気組が勝率で1番人気組を上回っている点にも注目しておきたい。〔表2〕

〔表2〕デビュー戦の単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-9-5-20 8.1% 32.4% 45.9%
2番人気 3-0-4-18 12.0% 12.0% 28.0%
3番人気 0-1-0-16 0% 5.9% 5.9%
4番人気 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
5番人気 2-0-0-5 28.6% 28.6% 28.6%
6〜9番人気 1-0-0-15 6.3% 6.3% 6.3%
10番人気以下 0-0-0-6 0% 0% 0%

2勝馬が優勢

過去10年の出走馬について、JRAでの勝利数別に成績を調べると、2勝組が1勝組を上回る成績を残している。2013年以降の優勝馬7頭中6頭は、2勝組だった。このレースではJRAのレースでの勝利数が多い馬を素直に評価すべきだろう。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕JRAでの勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2勝 7-5-6-36 13.0% 22.2% 33.3%
1勝 3-5-4-57 4.3% 11.6% 17.4%
0勝 0-0-0-2 0% 0% 0%
  • 注記:期間中にJRAで3勝以上挙げていた馬の出走はなし

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: