今週の注目レース

3歳重賞馬連 報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アヌラーダプラ

牝3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ポロンナルワ
  • 母の父:Rahy
ここに注目!

道中での折り合いがつけば、しっかりとした末脚を使える馬。デビュー2連勝は、共に出走馬中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしてのものだった。ゆえにポイントは、初めて経験する阪神コースになりそう。当日の落ち着き度合いはチェックしたいところだ。

前走のフェアリーSは1番人気の期待に応えられず、勝ち馬から0秒8差の6着。道中で少し行きたがるような面を見せたとはいえ、スムーズな進路取りをし、直線を向いた段階での手応えも悪くなかった。それでも伸び切れなかった結果を考えれば、ベストの距離は1400メートルなのだろう。実際、前々走の1勝クラス(東京・芝1400メートル)では、レースの上がり3ハロンタイムを1秒も上回る33秒3(推定)をマークし、前の馬が残る展開のなかであっさりと差し切り勝ちを決めた。叔母にオークス馬シンハライトがいる血統背景ではあるが、半姉ディーパワンサ(父ディープブリランテ)は年齢を重ねるにつれてスプリンターに変わっていった。今回、200メートルの距離短縮はプラス材料となるはずだ。

ヤマカツマーメイド

牝3歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ヤマカツマリリン
  • 母の父:グラスワンダー
ここに注目!

昨年は夏の中京デビューから北海道シリーズに参戦し、その後も休みなく走り続けた。今回は約3か月ぶりだが、ここまでレース間隔を空けて走るのは初めて。仮に馬体重が増えていたとしても、それは成長分と判断していいだろう。

金鯱賞連覇など重賞を5勝した半兄ヤマカツエースの父はキングカメハメハ。本馬の父はキングカメハメハ産駒のロードカナロアなので、血統構成は非常に似ている。牝馬でも470キログラムほどの馬体重があり、その走りもたくましいが、早めに抜け出すとソラを使う面があるため、仕掛けのタイミングが難しいタイプ。2勝目をマークした昨年10月の1勝クラス・りんどう賞(京都・芝1400メートル)のように、先行馬の後ろで我慢させ、ゴール前で抜け出してくる形が理想かもしれない。1枠1番の絶好枠を引き、ロスのない立ち回りをしながら、直線でじわじわとしか伸びなかった前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(5着)の結果から、芝1400メートルへの距離短縮はプラス材料になるだろう。

ケープコッド

牝3歳

調教師:高柳瑞樹(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ハーロンベイ
  • 母の父:Elusive Quality
ここに注目!

約2か月ぶりだった前々走のファンタジーS(6着)は、久々が影響したためか、勝負どころでの反応が少し鈍かった。今回も約3か月ぶりの休み明け。加えて、多頭数の競馬となりそうなだけに、スムーズに加速できるかどうかが重要になるだろう。

デビュー2戦目での勝利となった未勝利(函館・芝1200メートル)、それから約2か月ぶりのレースとなった3戦目のオープン特別・すずらん賞(札幌・芝1200メートル)は、共に豊富なスピードを生かした先行策で勝利。イルーシヴクオリティの産駒で典型的なスプリンターだった母ハーロンベイの影響の強さを感じさせた。しかし、R.ムーア騎手が騎乗した前走のオープン特別・クリスマスローズS(中山・芝1200メートル)は、中団追走から馬群を割って抜け出す内容で勝利。これまでの3勝はすべて芝1200メートルで、前々走のファンタジーSでは6着に敗れているが、前走のような競馬ができるのであれば、距離は克服できそうだ。

ヴァラークラウン

牝3歳

調教師:鮫島一歩(栗東)

  • 父:ダノンシャンティ
  • 母:ヴァレッタ
  • 母の父:Cape Cross
ここに注目!

勝ち上がりを決めたデビュー2戦目では、14キログラムの馬体重増。これが良かったのだろう。今回、3か月ぶりの実戦にしては中間の調教量が少ない気もするが、気性が前向きなので、本数はそこまでいらないのかもしれない。力を出し切れる状態と考えてよさそうだ。

デビュー2戦目の未勝利(京都・芝1200メートル)を2番手追走から3馬身差で楽勝すると、昇級初戦となった前走の1勝クラス・さざんか賞(阪神・芝1200メートル)では逃げ切り勝ち。前走は後続の競り込みがない展開の利こそあったが、それでも連勝を決めたことは評価に値するだろう。父がNHKマイルCを勝ったダノンシャンティで、母の父もマイラータイプのケープクロスと、マイルまでなら距離はこなせそうな血統構成だが、返し馬の雰囲気などを見ても前向きさを感じさせる気性の持ち主。レース間隔を空けているのもそのためだろう。芝1400メートルでも自分のリズムで走れるかどうか、これが重要になってくるはずだ。

カリオストロ

牝3歳

調教師:加用正(栗東)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:アルピナブルー
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

キャリア5戦で唯一の着外が、前々走の1勝クラス・りんどう賞(京都・芝1400メートル)での7着。ただ、この時は中1週でテンションが上がり、モタれるような仕草も見せていた。レース間隔を空けたほうがいいタイプと考えれば、約3か月半ぶりはプラス材料になるだろう。

2着馬に3馬身1/2差をつけた未勝利も強い内容だったが、前走の1勝クラス・万両賞(共に阪神・芝1400メートル)では1分20秒4の2歳コースレコードをマークし、2着馬に5馬身もの差をつけた。この日の阪神競馬場の芝は速い時計の出やすいコンディションではあったが、それが評価を下げる理由にはならないだろう。むしろ、速い時計での決着に強いというキャラクターがはっきりしたことで、狙うべきレースも明確になったと言えそうだ。もちろん、今回と同じ条件で2戦2勝、どちらも非常に強いパフォーマンスであったことも、忘れてはならない点。桜花賞への出走権がかかる一戦で、舞台適性の高さを生かして勝利を目指す。

マテンロウディーバ

牝3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ライトニングパール
  • 母の父:Marju
ここに注目!

前走時の馬体重が406キログラム。今回の登録馬の中でも小柄な部類で、ゆえに使い込むのはプラス材料にならないタイプだろう。今回はじっくりと間隔を空け、末脚を伸ばすことに重点を置いて調整されている。できれば、プラスの馬体重で出走したいところだ。

父は名馬にして大種牡馬のディープインパクト。母ライトニングパールはイギリスのG1チェヴァリーパークSを勝った活躍馬で、叔父には宝塚記念や香港ヴァーズ(G1・香港)を勝ったサトノクウランがいる。本馬は1番人気に支持されたメイクデビュー阪神(芝1400メートル)を勝ち、2戦目はオープンクラスへの格上挑戦となる紅梅S(リステッド。京都・芝1400メートル)に出走。その紅梅Sは3着に敗れたものの、勝ったヒルノマリブとのタイム差は0秒2。むしろ、スタートで後手を踏みながら直線で脚を伸ばしてきたレース内容は、前残りだった展開も含め、地力の高さを再確認できるものだった。さらにステップアップする重賞挑戦でも、見劣りしないはずだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: