今週の注目レース

デイリー杯クイーンカップ(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ホウオウピースフル

牝3歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ツルマルワンピース
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

半兄に2018年の有馬記念の優勝馬ブラストワンピース(父ハービンジャー)がいる、厩舎期待の良血馬だ。前走の1勝クラス・百日草特別(東京・芝2000メートル)を快勝し、目下2連勝中。重賞でも主役を演じることが可能な素質の持ち主で、注目は大きい。

「半兄のブラストワンピースとはタイプこそ違いますが、期待の良血馬です。まだ気性面に課題を残しながらも、デビューから2連勝を飾ってくれたので、今後の活躍が楽しみです。前走の1勝クラス・百日草特別を勝った後は放牧へ出していましたが、クイーンCを目標に調整を積んでいますから、重賞でどんなレースができるのか、先々を占う意味でも大事な一戦になります」と、厩舎サイドは本馬の素質の高さを実感している。メイクデビュー札幌(芝1800メートル、1着)では小回りコースにうまく対応するセンスの良さを披露したが、前走では上がり3ハロン33秒6(推定)の瞬発力を発揮。将来が楽しみな存在と言え、ここを勝って大舞台に向かいたい。

マジックキャッスル

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソーマジック
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

デビューからここまで3戦して、オール連対を記録。前走のファンタジーSは2着に敗れたが、これは勝ったレシステンシア(次走で阪神ジュベナイルフィリーズを優勝)が強過ぎた印象。レベルの高いレースを経験した点は強みと言えるだろう。

「前走のファンタジーS(2着)は勝った馬が強過ぎた印象ですが、この馬も最後の直線ではよく伸びてくれました。関西圏への長距離輸送もこなせましたし、強い相手と戦ったことは今後へつながるでしょう。この中間はひと息入れましたが、クイーンCを目標に順調に乗り込みを重ねています。体型から短距離向きかと考えていましたが、芝1600メートルの1勝クラス・サフラン賞(中山、2着)でも好勝負を演じていますので、ここも問題ないでしょう」と、陣営は本馬のケアに懸命だ。母が2008年の桜花賞3着馬という良血馬。本馬も随所で高いパフォーマンスを示しており、デビュー4戦目の今回は重賞初制覇の期待が高まってきた。

ルナシオン

牝3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ピラミマ
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

昨年秋の東京でデビュー勝ち。雨の影響(稍重)で走破タイムこそ平凡だったが、エンジンが掛かってからの伸び脚は強烈だった。今回は休養明け初戦だけに仕上がりがポイントになるが、調整は順調の様子。期待の良血馬が、重賞Vを狙う。

「繊細な部分を持っている馬ですが、デビュー戦を非常に強い内容で勝ってくれたので、今後の活躍がとても楽しみになりました。その後はリフレッシュ目的の放牧へ出して英気を養い、1月中旬から美浦坂路で乗り込みを開始しました。ここまで順調に進んでいますから、出走態勢は整うでしょう。すでに東京・芝コースを経験している点は心強いです」と、陣営の評価が高い素質馬だ。今回はキャリア1戦での重賞エントリーになるが、半兄に昨年のジャパンカップを制したスワーヴリチャード(父ハーツクライ)がいる血統面は魅力。新馬、重賞の連勝を果たせば、春の牝馬クラシックロードが待ち遠しくなることだろう。

ミヤマザクラ

牝3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスパスカリ
  • 母の父:Mr. Greeley
ここに注目!

前走の京都2歳Sでは、牡馬の素質馬を相手に2着と好走。また、前々走の未勝利では札幌・芝2000メートルの2歳コースレコード(2分02秒1)を記録し、2着馬に5馬身差をつけるワンサイド勝ちを演じている。今回、牝馬限定の重賞なら勝機は十分にあるだろう。

「メイクデビュー札幌(芝1800メートル、4着)は、窮屈なポジションに入って不完全燃焼の競馬になりましたが、2戦目の未勝利は優秀なタイムで勝利を飾ってくれましたから、能力の高さを示すことができたと思います。前走の京都2歳Sは2着でしたが、牡馬相手に好勝負ができたことは今後へつながるでしょう。この中間はひと息入れて、1月中旬から乗り込みを開始しました。不安のない仕上がりで出走できそうです」と、厩舎スタッフは本馬の将来性を高く評価している。全兄にはマウントロブソン、ポポカテペトル、ボスジラといった活躍馬がいる良血馬。牝馬限定重賞なら、タイトル奪取も十分に可能だろう。

シャンドフルール

牝3歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:バイコースタル
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

前走の1勝クラス・千両賞(阪神・芝1600メートル)は8番人気での出走だったが、先手を奪うと最後の直線でも脚色は衰えず、見事な逃げ切り勝ちを収めた。牡馬を相手に後続を2馬身突き放した内容を考えれば、重賞でも見劣りしないはずだ。

「前々走の1勝クラス・紫菊賞(京都・芝2000メートル、6着)は、返し馬の段階から左へ行くそぶりを見せ、実戦でもスムーズなレースができませんでした。その点を踏まえながら調整して臨んだ前走の1勝クラス・千両賞は、リズム良く走ることができたと思います。好結果を出すことができたので、これからの活躍が楽しみになりました。今度は関東圏への長距離輸送など、克服しなければならない課題はありますが、重賞でも通用する能力を備えた馬ですから、期待を持って送り出せます」と、厩舎サイドは本馬の資質を高く買っている。牝馬としては雄大な馬格の持ち主で、前走勝利の勢いに乗って重賞初制覇に挑む。

アカノニジュウイチ

牝3歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:ブラックタイド
  • 母:データ
  • 母の父:Roy
ここに注目!

昨年秋のメイクデビュー東京(芝1400メートル)で鮮烈なデビュー勝ち。スタートこそひと息だったが、楽な手応えで最後の直線に向くと抜群の瞬発力を披露し、2着馬に3馬身1/2差をつけて悠々とゴールした。キャリアはこの1戦だけだが、大物感を漂わせている。

「昨年の夏場に1度入厩して調教を消化し、レースを使うプランもありましたが、少し球節がモヤモヤしたので、大事をとって秋の東京まで待ってデビューしました。レースはスタートこそひと息でしたが、最後の直線では切れ味鋭い末脚を発揮して勝利を飾ってくれたので、先々の活躍がとても楽しみになりました」と、陣営は初戦の内容を受けてトーンが上がってきた。今回は休養明け初戦で、しかも重賞へのエントリーと決して楽な条件ではないが、素質の高さは証明済み。前向きな気性から、休み明けでも力を出せるタイプだろう。前走のレースを見ると200メートルの距離延長も不安はなさそうで、2連勝での重賞Vも夢ではない。

アールクインダム

牝3歳

調教師:伊藤大士(美浦)

  • 父:ローズキングダム
  • 母:キャプテンガール
  • 母の父:キャプテンスティーヴ
ここに注目!

休養明けで迎えた前走の1勝クラス・菜の花賞(中山・芝1600メートル)は9番人気だったが、最後の直線で豪快な末脚を披露し、馬場の外を回る形で差し切り勝ち。放牧が功を奏して心身共に成長した印象があり、重賞でも軽視は禁物だろう。

「昨年8月の札幌2歳S(12着)では、掛かり気味に先行する形になって最後で失速したので、前走の1勝クラス・菜の花賞では折り合いを考えて調整して臨みました。鞍上のO.マーフィー騎手がうまく乗ってくれて、差す形で勝利を収めてくれましたから、収穫の大きな一戦だったと思います。今度は重賞への挑戦で相手が強くなりますし、コースも東京に替わりますので、試金石になるでしょう。ここでも内容の濃いレースができればいいですね」と、陣営は本馬の成長を感じている。デビュー戦では逃げ切り勝ちを決めており、まだキャリアは3戦ながら、早くも自在なレースぶりを示している。ここでも上位進出の可能性は十分にありそうだ。

アミークス

牝3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ヘアキティー
  • 母の父:Wildcat Heir
ここに注目!

昨夏のメイクデビュー新潟(芝1600メートル)は3着だったが、これは上位2頭(1着ウーマンズハート、2着マルターズディオサ)が強過ぎた印象。前走の未勝利(東京・芝1600メートル)を順当に勝ち上がっており、ここは不安よりも期待の方が大きな一戦だ。

「メイクデビュー新潟の時はメンバーがそろっていました。結果は3着でしたが、内容は良かったと思います。ひと息入れて臨んだ前走の未勝利では、1番人気に応えて勝利することができましたから、今後がとても楽しみです」と、厩舎サイドは本馬の将来に期待を寄せている。今回は重賞への挑戦で相手は強化されるが、素質は全く見劣りしない一頭。既に今回と同じ舞台を経験し、好結果を残している点もセールスポイントになるだろう。今回は4か月の休み明けだが、美浦トレーニング・センターに帰厩後の調教ではいい動きを見せており、ここでも目が離せない。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: