今週の注目レース

東京新聞杯(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ヴァンドギャルド

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スキア
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

フランスの重賞ウイナーである母スキアに、大種牡馬のディープインパクトを配した血統背景は一級品だ。昨秋は、1勝クラスから3連勝でオープンクラス入りを果たして本格化ムード。今年の飛躍が期待される素質馬で、ここでも目が離せない。

3歳時の昨年はきさらぎ賞で4着の後、毎日杯ではメンバー中最速タイとなる上がり3ハロン33秒9(推定)の末脚で勝ち馬から0秒2差の3着に入った。アーリントンCで9着に敗れた後は約5か月の休養を挟み、秋初戦となった1勝クラス(阪神・芝1600メートル)を勝ち上がると、前々走の2勝クラス・三年坂特別(京都・芝1600メートル)を2馬身1/2差で快勝した。前走の3勝クラス・ウェルカムS(東京・芝1800メートル)は、好位の5番手で折り合いに専念。瞬発力をそがれる重馬場でも、直線は力強く抜け出して3連勝を飾っている。今回は2か月半の休み明けになるが、調教では好調時と遜色のない動きを見せており、力の出せる態勢が整っていそうだ。

レッドヴェイロン

牡5歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:エリモピクシー
  • 母の父:ダンシングブレーヴ
ここに注目!

母エリモピクシーの産駒には、重賞6勝を挙げたクラレントを筆頭に活躍馬がズラリと並び、一昨年のNHKマイルCで3着に好走した本馬も、きょうだいに勝るとも劣らない素質を秘めている。左回りの芝1600メートルはベストの舞台で、重賞タイトル獲得を狙う。

一昨年11月の1600万下・修学院S(京都・芝1800メートル、2着)後に脚部不安での長期休養を余儀なくされたが、約1年ぶりの実戦となった前々走の3勝クラス・紅葉S(東京・芝1600メートル)では、脚をためて後方の7番手を追走。直線は馬場の中ほどから一完歩ごとに差を詰め、3頭による激しい追い比べを制して4勝目を挙げた。前走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル)は、勝ち馬ドーヴァーとは馬場(不良)の巧拙の差が出た印象だが、直線でしぶとく脚を伸ばして2着に好走。デビューから掲示板(5着以内)を外さない抜群の安定感を誇るが、中でも東京・1600メートルでは2勝を挙げ、NHKマイルCは僅差の3着と、この舞台はめっぽう強い。今回も上位争い必至だろう。

レイエンダ

牡5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ラドラーダ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

2017年日本ダービー、2018年天皇賞(秋)を制したレイデオロの全弟。本馬も昨年のエプソムCで重賞ウイナーの仲間入りを果たしており、能力の高さは折り紙つきだ。GⅠ初挑戦だった前走のマイルチャンピオンシップは15着に敗れたが、ここなら主役候補に挙げられる。

昨年6月のエプソムCは、好スタートを決めて2番手を追走。スローペースで展開が向いた面こそあったが、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン32秒7(以下推定)の末脚を駆使し、逃げ粘るサラキア(2着)をゴール寸前でかわして待望の重賞タイトルを獲得した。3か月弱の休養を挟み、1番人気に支持された新潟記念は、もまれる競馬がこたえて10着に敗れたが、続く富士Sは後方に控えてじっくりと脚を温存。直線で大外へ持ち出されると、上がり3ハロン33秒0の豪脚で猛然と追い上げ、勝ち馬から0秒1差の2着に好走した。前走のマイルチャンピオンシップは末脚不発の15着に敗れたが、大舞台での経験を糧に、今年はさらなる活躍が期待される。

サトノアーサー

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:キングスローズ
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

将来を嘱望された素質馬で、一昨年のエプソムCで待望の重賞タイトルを獲得。前走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル)は6着に敗れたが、不良馬場がこたえたもので、敗因は明らかだ。本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

2018年毎日王冠6着後に1年弱の長期休養を余儀なくされたが、復帰初戦となった前々走のポートアイランドS(リステッド。阪神・芝1600メートル)では、4コーナー9番手から直線は力強く脚を伸ばしてアタマ差の2着に惜敗。勝ち馬ロードマイウェイ(次走でチャレンジC優勝)とは3キログラムの斤量差があり、約1年ぶりの実戦だったことも踏まえれば、勝ちに等しいレース内容だった。2018年のエプソムCは重馬場で勝利を挙げているが、本質的に道悪は不得手で、不良馬場で6着に敗れた前走のキャピタルS(リステッド)は度外視できる結果だろう。この中間は栗東坂路で4ハロン51秒0の自己ベストを出して、仕上がりに抜かりはなく、大舞台に駒を進めるためにも、ここで久しぶりの勝利を挙げたい。

プリモシーン

牝5歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:モシーン
  • 母の父:Fastnet Rock
ここに注目!

3歳時にフェアリーS、関屋記念と重賞2勝を挙げ、昨春のヴィクトリアマイルではJRAレコード(当時)決着のクビ差2着に好走。昨秋の2戦はどちらも2桁着順に敗れたが、休養で立て直された今回は、本領発揮が期待される。

昨年はダービー卿チャレンジTから始動。ハイペースを離れた中団の8番手で進み、直線は一完歩ごとに差を詰めて2着に好走した。続くヴィクトリアマイルは、脚をためて中団やや後方を追走。勝ち馬ノームコアとは位置取りの差が出たが、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒0(推定)の末脚を繰り出し、4コーナー10番手からゴール前際どく迫って2着に惜敗した。7月の中京記念は、55.5キログラムのハンデを背負いながら、ラスト100メートルで1度先頭のシーンを作って見せ場十分の3着。秋初戦となった府中牝馬Sは、直線で伸びを欠いて15着、前走のマイルチャンピオンシップも11着だったが、これまでの実績から地力上位は明らかで、ここでも軽視はできない。

シャドウディーヴァ

牝4歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ダイヤモンドディーバ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

3歳時の昨年は、フローラSで2着に入り、秋華賞では4着に健闘している。成長力豊かなハーツクライ産駒らしく、調教では一段とパワーアップした姿を見せており、充実期を迎えた印象。初めてのマイル戦でどのような競馬をするのか、注目の一戦だ。

昨年4月のフローラSは、中団のインを追走し、直線は馬群に包まれて追い出しを待たされたが、ラスト200メートル付近で内ラチ沿いから1度先頭のシーンを作って、ハナ差2着に惜敗。GⅠ初挑戦のオークスは6着、約4か月の休み明けとなったローズSも9着に敗れたが、続く秋華賞では直線でしぶとく脚を伸ばして、勝ち馬から0秒6差の4着に健闘した。前々走のエリザベス女王杯はスローペースで末脚不発の15着と大敗したが、自己条件に戻した前走の3勝クラス・常総S(中山・芝1800メートル)では、好位の4番手を進み、直線で鮮やかに抜け出し快勝した。今回は初の芝1600メートルに少し不安はあるが、広い東京・芝コースはベストの舞台。今後を占う意味でも重要な一戦になりそうだ。

ケイデンスコール

牡4歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:インダクティ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

昨年のNHKマイルCで2着に入った、現4歳世代でトップクラスのマイラー。ここ2戦は2桁着順に敗れているが、共に本調子を欠いていたもので、度外視できる結果だろう。約2か月半の休み明けになる今回は、当日の気配がポイントになりそうだ。

一昨年の新潟2歳Sで重賞タイトルを獲得。3歳の昨年初戦となった毎日杯は、他馬より1キログラム重い57キログラムの斤量を背負って4着に入った。続くNHKマイルCは14番人気の低評価だったが、スッと後方に控えてじっくり脚をためると、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を繰り出し、勝ち馬から0秒1差の2着に好走した。前々走の関屋記念(14着)は、騎乗した石橋脩騎手がレース後に「この暑さの影響もあったようです」と肩を落としたように、夏負けで力を発揮できず大敗。前走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル、17着)は不良馬場がこたえた印象で、近2走の敗因は明白だ。ここも好メンバーがそろったが、素質は引けを取らない。

クリノガウディー

牡4歳

調教師:藤沢則雄(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:クリノビリオネア
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

一昨年の朝日杯フューチュリティSで2着に入り、素質の片りんをアピール。4歳時にジャパンカップを制した父スクリーンヒーローは、モーリス、ゴールドアクターなど産駒も晩成型が多く、本馬も古馬になって、もうひと皮むけても不思議はない。

3歳初戦のスプリングSは6着、続く皐月賞は先行策から直線で失速して16着に敗退。芝1600メートルに矛先を向けたNHKマイルCも14着と大敗を喫した。他世代との初対戦になった中京記念では、中団追走からしぶとく脚を伸ばして2着に入り、あらためて能力の高さをアピール。秋初戦となった京成杯オータムHは勝負どころでスムーズさを欠いて7着に敗れたが、前々走の富士Sでは、4コーナー15番手からしっかり脚を伸ばして4着に健闘した。前走のマイルチャンピオンシップは7着とはいえ、一線級のマイラーを相手に、好位追走からしぶとく食い下がって勝ち馬に0秒6差なら、内容は悪くなかった。展開に左右されない自在性があり、今回のメンバーなら遜色のない競馬ができそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: