今週の注目レース

根岸ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

コパノキッキング

せん5歳

調教師:村山明(栗東)

  • 父:Spring At Last
  • 母:Celadon
  • 母の父:Gold Halo
ここに注目!

前走のカペラSでは58キログラムを背負っていたが、最後の直線では鋭い末脚を発揮し、見事に同レース連覇を飾った。前々走のJBCスプリント(JpnⅠ。浦和・ダート1400メートル)も好内容の2着で、ここへきての充実ぶりが目を引く存在だ。

「前走のカペラSは58キログラムを背負っての競馬でしたが、好位から力強く抜け出して勝ってくれました。その後は海外のレースも含めて色々な選択肢がありましたけれど、昨年も優勝している根岸Sに、その時と同じO.マーフィー騎手で出走することになりました。スピード豊かな馬ですが、差すレースもできるタイプです。今回は最後の直線が長いですから、その点を考慮して走らせたいです。この中間はひと息入れましたが、本レースを目標に調整は順調に進んでいます」と、陣営は根岸S連覇に向けて意欲的な姿勢を示している。ダート短距離界では屈指の実力を持つ一頭。ここでJRA重賞4勝目を飾って、あらためてビッグレース制覇に挑みたい。

ミッキーワイルド

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ワイルドラズベリー
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

前走のオープン特別・霜月S(東京・ダート1400メートル)はスタートでつまずくシーンがあって、必ずしもスムーズな競馬ではなかったが、終わってみれば着差(クビ)以上の内容で勝利を飾った。距離も最適の今回は、重賞初制覇のチャンスだ。

「休養明けで迎えた前走のオープン特別・霜月Sは、スタートしてすぐにつまずいて中団からのレースになりましたが、最後の直線では余裕を持って抜け出すことができました。2着の馬との差はわずかでしたが、内容は着差以上に強かったと思います。今回は重賞への参戦で、前走よりもメンバーはそろいますが、この馬も着実に成長を遂げています。とにかく東京のダートコースとは相性がいい馬なので、ここで重賞タイトルを獲得したいです」と、厩舎スタッフは本馬のパワーアップを感じている。昨年の夏にはプロキオンSで2着に好走。左回りのダート1400メートルは最適の条件だけに、優勝候補の1頭に挙げられるはずだ。

カフジテイク

牡8歳

調教師:湯窪幸雄(栗東)

  • 父:プリサイスエンド
  • 母:テイクザケイク
  • 母の父:スキャン
ここに注目!

本レースでは2017年に1着、2018年にも3着に入っており、舞台適性は十分備えている。今年で8歳を迎えただけに大きな上昇は望みづらいのかもしれないが、持続力のある末脚はまだまだ健在。思い出の重賞で、復活を告げたいところだ。

「今年で8歳になりましたが、まだ年齢的な衰えは感じられません。前走のオープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400メートル、7着)は最後の直線でひと伸びを欠きましたが、59キログラムを背負っていた影響もあったのかもしれません。東京・ダート1400メートルはこの馬に最適の舞台ですから、ここはあらためて期待したいです」と、陣営は巻き返しに向けて懸命にケアを行っている。2017年の本レースでは、最後の直線で豪快な末脚を披露して差し切り、見事に勝利を飾っている。脚部不安により長期休養を余儀なくされた時期もあったが、昨年秋に復帰。体調面も徐々に上向いてきた感があるだけに、久々の勝利が見られるかもしれない。

ワンダーリーデル

牡7歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:スタチューオブリバティ
  • 母:アストレアピース
  • 母の父:マヤノトップガン
ここに注目!

GⅠへ挑戦した前走のチャンピオンズCは11着に敗れたが、前々走の武蔵野Sでは自身初の重賞制覇を達成。東京・ダートコースでは3勝と、確かな実績を持つ存在だ。距離短縮も歓迎材料で、ここは巻き返しが期待される。

「前走のチャンピオンズC(11着)は、GⅠへの挑戦で相手も強力でした。さらに、ダート1800メートルの距離も初めてでしたから、厳しい条件だったようです。それでも着順ほど内容は悪くなかったので、今後につながる経験ができたと思います。今回は実績のある東京・ダートコースで、距離も1400メートルに短縮されますから、巻き返したいところです」と、陣営に悲観したムードは感じられない。ダート1600メートルの武蔵野Sで自身の重賞初制覇を飾っているが、最も多く勝ち鞍を挙げているのは今回のダート1400メートル。条件は好転したと判断していいだろう。自在性を増した点も好材料で、2度目の重賞制覇のシーンがあっても驚けない。

モズアスコット

牡6歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:India
  • 母の父:Hennessy
ここに注目!

芝のGⅠホースが初のダート戦出走。注目度という点ではこの馬が1番と言えるのかもしれない。道中で砂を被った際の反応など未知な面はあるが、スワーヴリチャードやアエロリットなどを差し切った脚力は魅力が大きい。

「昨年秋のマイルチャンピオンシップ(14着)の後は、ダートのレースに出走することを決めていました。デビュー20戦目にしての初挑戦になりますが、適性は備えていると思いますから、ここで新味を出してほしいです」と、陣営は芝のGⅠホースの新境地開拓に大きな期待を寄せている。16頭立ての9番人気で登場した2018年の安田記念で、見事に自身の重賞初制覇を達成。芝マイル路線の頂点に立った存在で、今回のダート進出には注目が集まりそうだ。ここは休養明け初戦のレースとなるだけに、仕上がりも鍵になるが、脚力は文句なく上位にランクされるはず。芝同様の末脚を発揮できるのか、注目だ。

ワイドファラオ

牡4歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:ワイドサファイア
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

3歳時の昨年はニュージーランドTとユニコーンSを優勝。芝とダートの両方で重賞レースを制している二刀流だ。前走のチャンピオンズC(14着)はスムーズさを欠いて大敗したが、今回はひと息入れて立て直されており、軽視はできない。

「前々走のみやこS(5着)は4コーナーで窮屈になるシーンがありましたし、前走のチャンピオンズC(14着)はスタートで脚を滑らせ、リズム良く走ることができませんでした。共に不完全燃焼でしたから、参考外のレースと判断していいでしょう。この中間はひと息入れて立て直しを図り、根岸Sを目標に1月中旬から乗り込みをスタートさせています。動きも馬体も上々ですから、出走態勢は整うと思います。東京のダートではユニコーンSを優勝している馬です。ここも前々でうまく流れに乗ることができれば、好勝負が可能でしょう」と、厩舎サイドは巻き返しに向けて懸命だ。英気を養って登場する今回は、好発進が期待される。

ダノンフェイス

牡7歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アイアムカミノマゴ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走のすばるS(リステッド。京都・ダート1400メートル)では、最後の直線で豪快な末脚を披露。約1年1か月ぶりの勝利を挙げ、力強く復活を宣言した。前々走の武蔵野Sで3着に好走したように、東京コースへの適性も十分。ここで初の重賞制覇に挑む。

「昨年夏場の放牧休養が功を奏して、秋頃から本来の状態に戻ってきました。今年初戦となった前走のすばるS(リステッド)では久しぶりの勝利を挙げることができたので、今後の活躍が楽しみです。この中間は馬体のケアをしながら、根岸Sを視野に入れて調整しています。今年で7歳を迎えていますが、長期の休養があった馬なので、まだ衰えた感じはありません」と、陣営は復活を遂げた本馬に期待を寄せている。これまでの6勝全てを今回と同じダート1400メートルでマーク。ここは初の重賞制覇に向けて条件が整った印象だ。力強さを取り戻したベテランホースから、目が離せない。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: