今週の注目レース

東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)

京都競馬場 1800メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

インティ

牡6歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:ケイムホーム
  • 母:キティ
  • 母の父:Northern Afleet
ここに注目!

破竹の7連勝で昨年のフェブラリーSを勝ち、GⅠ馬の頂にまで登り詰めた。東海Sは、その昨年に重賞初制覇を飾った思い出のレース。約11か月白星からは遠ざかっているが、今年の始動戦となるここを快勝して、フェブラリーS連覇に弾みをつけたい。

前走のチャンピオンズCは、好スタートを決め、スッとハナを奪うと、自らの逃げでペースを作った。2番手以降を1馬身半ほど離して先頭を進み、3、4コーナーで1度後続を引き付けると、直線でもうひと伸び。残り100メートル付近まで先頭を守ったが、上位2頭に差され、3着となった。ただ、前々走のみやこSで15着に敗れた不安を払しょくするには十分すぎる内容だった。そのみやこSも、勝負どころで進路が狭くなるシーンがあってのもので、まったくの力負けではなかった。今回のメンバーでは、実績、格ともに一枚上の存在。スピードの違いで自身のペースを刻むことができれば、大崩れすることはないだろう。

エアアルマス

牡5歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:Majestic Warrior
  • 母:Nokaze
  • 母の父:Empire Maker
ここに注目!

父は現役時代にアメリカのダートG1・ホープフルSを制し、種牡馬としても、ベストウォーリアがマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)を連覇するなど、日米でGⅠ馬を送り出している。本馬も父の代表産駒となるべく、まずはここで重賞初制覇を狙う。

前走の武蔵野Sは、スタートしてすぐに鞍上が気合をつけて、ハナを奪う勢いを見せた。結局は控えて5、6番手を追走すると、3コーナーの手前からポジションが下がり始め、4コーナーでは10番手の位置取り。直線でも追い上げを見せることができず、11着に敗れた。砂をかぶるのを嫌がる面を見せるなど、まだ粗削りな部分を抱えており、その不安があらためて露呈した格好だ。ただ、ダートでは初めての重賞挑戦だったことや、それ以前のパフォーマンスを考えれば、さらに上を目指せる器の持ち主であることも確かだろう。ダートでは4戦3勝と高い適性を示しており、試金石の一戦となる今回、一変の走りを期待したい。

スマハマ

牡5歳

調教師:高橋亮(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:サウンドザビーチ
  • 母の父:アフリート
ここに注目!

3走前の名鉄杯(リステッド。中京・ダート1800メートル)では、JRAレコードを約10年ぶりに更新する1分47秒6をマークして快勝。スピード能力の高さは今回のメンバー中でも上位と言えるだろう。ここもしっかりと能力を発揮できそうだ。

前走のベテルギウスS(リステッド。阪神・ダート1800メートル)は、先手を奪って自らペースを握り、淡々と運んだ。大きなフットワークで、道中の折り合いもばっちり。前半1000メートル通過タイム1分02秒9のゆったりとした流れを演出し、余力十分といった感じで直線を向いた。追い出しを開始されると、2番手を引き離したが、その直後にいたワイルドカードに差されて2着。ただ、あらためて力を証明する形とはなっただろう。前々走のみやこSは9着に敗れたが、前半1000メートル通過タイム59秒0という速いペースで逃げてのもので、先行勢が失速しているように度外視していいだろう。同型馬との兼ね合い一つで、重賞の今回でも上位争いが可能だ。

ヴェンジェンス

牡7歳

調教師:大根田裕之(栗東)

  • 父:カジノドライヴ
  • 母:スペシャルクイン
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

近い母系に活躍馬は多くないが、5代母には名馬トウショウボーイを産んだソシアルバターフライがおり、底力は十分に備えていると言えそうだ。さらなる大舞台での活躍のためにも、ここで結果を出して、羽ばたくきっかけにしたいところだろう。

前走のチャンピオンズCでは、前半はいつも通り後方からレースを進め、後半に勝負をかけた。後ろから3、4番手を進みながら、リズムのよい走り。3コーナー手前あたりから鞍上のアクションに応えて進出を開始し、直線でも差し脚を伸ばして追い上げた。ラストは内の各馬と同じ脚色になったが、7着という着順以上に見どころのあるレース内容だった。初めてのGⅠ挑戦でもあり、本馬にとって大きな経験となったはずだ。今回は前々走のみやこSを勝った時と同じコース。持ち前の末脚を存分に生かせる舞台であることは疑いようがなく、先行勢がそれなりにそろっていることもプラス材料と言えるだろう。

モズアトラクション

牡6歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:エーシンラクーリエ
  • 母の父:コロナドズクエスト
ここに注目!

昨年は、エルムSで初めての重賞制覇を達成するなど、飛躍の1年となった。明け6歳とはいえ、まだ能力の衰えは感じられず、むしろ高い成長力を示している印象。今回が今年初戦となるが、もうひと皮むけた姿を見せたい。

前走のチャンピオンズCは、最後方追走からメンバー中2位タイとなる上がり3ハロン35秒4(推定)をマーク。12着と着順は大きなものになったが、GⅠの大舞台でも自らの持ち味である末脚は発揮できていた。前々走のシリウスSは、ゲート内で立ち上がるようなところを見せ、スタートで後手を踏んだ。後方追走から3コーナー手前でスパートをかけたものの、直線ではいつもの末脚を見せることができず12着と大敗。騎乗した藤岡康太騎手はレース後に精神面の難しさを出したと話しており、力負けでないことは明らか。今回、スムーズなレースができれば、巻き返しの可能性は十分にありそうだ。

キングズガード

牡9歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:キングスベリー
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

近6戦連続でメンバー中2位以内の推定上がり3ハロンタイムをマーク。明け9歳となったが、むしろ末脚に磨きがかかっていると言ってもよさそうだ。百戦錬磨の経験も大きな武器で、今年の一層の活躍を予感させる走りを見せたい。

前走のチャンピオンズCは、道中で後方2番手を追走し、直線で猛追を見せた。5着までの追い上げとはいえ、馬群の間を縫うように末脚を伸ばしてのもの。並み居るダート界の強豪を相手に、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒0(推定)をマークしたことは大きな価値があるだろう。上位3頭全てが4コーナー4番手以内と、先行勢がそのまま残る展開だったことを考えても、13番人気という低評価を覆すような快走だった。前々走のみやこSでは、4コーナーでまくっていく競馬で2着と連対を確保。もともとは1400メートルを中心に使われていたが、現在ではスタミナ面での不安は感じられず、ここも展開次第で差し届くシーンがあってもよさそうだ。

アングライフェン

牡8歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:レッドスレッド
  • 母の父:パントレセレブル
ここに注目!

7戦連続で4着以内を確保しているように、抜群の安定感を誇る。先行しながらメンバー中上位の推定上がり3ハロンタイムをマークできるレースぶりは、ここでも魅力的に映る。昨年の本レースは6着に敗れたが、今年はさらに上の着順を狙う。

前走の名古屋グランプリ(JpnⅡ。名古屋・ダート2500メートル)では、スタートしてすぐに4番手付近につけ、2周目のスタンド前で先頭に並びかける強気の競馬を見せた。最後の直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切るかに思われたが、ゴール直前にデルマルーヴル(1着)に差し切られ、重賞初制覇とはならなかった。ただ、これが2度目の重賞2着。タイトルを手にするだけの力はすでに示しており、あとは展開や流れひとつだろう。前々走のみやこSでは、勝負どころで位置取りが激しく変わる難しい展開のなか、4着を確保。明け8歳馬とはいえ、レースを重ねるごとにパワーアップをしており、さらなる伸びしろも感じさせている。

コマビショウ

牡5歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:サウンドバイト
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

3歳時にオープン特別で3着に2度入るなど、早くから活躍を見せていた素質馬。昨秋にようやくオープンクラス復帰を果たし、本格化を感じさせた。明け5歳とダート馬としてはまだまだ若く、成長の余地を残しているだけに、強敵相手でも侮れない。

昇級初戦の前走・ベテルギウスS(リステッド。阪神・ダート1800メートル)は、11着と苦い敗戦になった。スタート後は控えて中団後方の競馬。直線で追い上げを図ったが、最後まで前との差は縮まらなかった。ただ、スローペースで先行勢が上位を占めた競馬だったことを考えれば、情状酌量の余地はあると見ていいだろう。前々走の3勝クラス・平城京S(京都・ダート1800メートル)は、2着馬とはクビ差も、3着馬とは2馬身差があったように強い内容で勝利。重賞でも通用するだけのパフォーマンスを見せており、クラス2戦目ならば変わり身があってもよさそうだ。前々走(重)のような脚抜きのいい馬場のほうがベターだろう。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: