今週の注目レース

アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

春の古馬中長距離路線のビッグレースを目指して

昨年の2着馬フィエールマンが次走で天皇賞(春)を制したように、このレースは春の中長距離GⅠに向けて注目度の高い一戦となっている。過去10年の結果を分析して、レースの傾向を探っていく。

人気薄でも軽視は禁物

過去10年の単勝人気別成績を見ると、3着内率で2番人気が60.0%、1番人気と3番人気が50.0%をマークしており、上位人気馬がまずまずの成績を残している。下位人気馬に目を向けると、6から9番人気の馬は2014年以降の6年連続で3着以内に入るなど、過去10年で8頭が3着以内に入っている。ただし、10番人気以下の馬は3着以内が1回だけ。人気薄の馬をピックアップする際は、6から9番人気の馬に注目するのがよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0%
2番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
4番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
6〜9番人気 2-3-3-32 5.0% 12.5% 20.0%
10番人気以下 0-1-0-44 0% 2.2% 2.2%

4、5歳馬が優勢

過去10年の年齢別成績では、4歳馬が連対率・3着内率でトップ、5歳馬が勝率でトップ、連対率と3着内率では2番手となっている。2017年以降の過去3年に限れば、4歳馬が1勝2着3回、5歳馬が1勝と、連対馬6頭中5頭を4歳と5歳の馬が占めている。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-4-2-12 5.3% 26.3% 36.8%
5歳 4-0-3-17 16.7% 16.7% 29.2%
6歳 3-1-2-27 9.1% 12.1% 18.2%
7歳 2-2-1-22 7.4% 14.8% 18.5%
8歳以上 0-3-2-27 0% 9.4% 15.6%

近走でGⅠに出走していた馬が強い

過去10年の出走馬について、過去2走でのGⅠへの出走回数別に成績をまとめると、優勝馬10頭のうち8頭は過去2走でGⅠに出走経験のある馬だった。過去2走でGⅠに出走経験があった馬は過去10年で延べ50頭が出走(出走経験のなかった馬は延べ85頭)と、該当馬の出走が少ないにも関わらず連対馬20頭中13頭を占めている。近走でGⅠに出走していた馬は、ノーマークにできないだろう。〔表3〕

〔表3〕過去2走でのGⅠへの出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率 連対率 3着内率
2回 4-0-0-9 30.8% 30.8% 30.8%
1回 4-5-4-24 10.8% 24.3% 35.1%
0回 2-5-6-72 2.4% 8.2% 15.3%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

GⅠを除く直近の中山芝重賞での成績に注目

過去6年の優勝馬は、GⅠを除く直近の中山芝重賞で1着となっているか、敗戦していても勝ち馬とのタイム差が0秒4以内だった。1着候補には中山芝重賞に実績のある馬をピックアップしたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬のGⅠを除く直近の中山芝重賞での成績(過去6年)
年度 優勝馬 成績
2014年 ヴェルデグリーン オールカマー1着
2015年 クリールカイザー ステイヤーズS3着(0秒4差)
2016年 ディサイファ アメリカJCC5着(0秒4差)
2017年 タンタアレグリア セントライト記念6着(0秒2差)
2018年 ダンビュライト 弥生賞3着(0秒3差)
2019年 シャケトラ 日経賞1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: